上限は150万円!「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」を観光庁が実施

上限は150万円!「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」を観光庁が実施

インバウンドにとって宿泊施設をストレスフリーな空間に

観光庁は、5月10日、インバウンドがストレスを感じることなく快適に宿泊できる環境を整備する取り組み「宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業」を、今年度も実施することを発表しました。

宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業

宿泊施設基本的ストレスフリー環境整備事業

インバウンドの宿泊における快適さを追求

この事業は、全国各地の観光地において、旅館・ホテル等の宿泊施設が実施する、基本的なインバウンド受け入れ環境整備の取り組みを、補助金交付によってサポートするものです。

これまで、観光庁では、「共用部」における「Wi-Fi環境の整備」「トイレの洋式化」「多言語対応を図るための整備(国際放送設備の整備、タブレット端末の整備等)」「決済端末の整備」「自社サイトの多言語化」「ムスリム受け入れマニュアルの作成」など、7つの基本的なインバウンド受け入れ環境整備を支援してきました。

しかし、今年度は、「Wi-Fi環境の整備」「トイレの洋式化」「多言語対応を図るための整備」を完備する「客室」の整備を行う場合は、「客室」における整備もサポート。補助率は1/3で、1宿泊事業者当たりの上限はこれまで100万円でしたが、今年度は150万円となりました。

なお、補助対象事業者は、旅館業法の営業許可を得た旅館・ホテル等の宿泊事業者。今年度から、一定の要件を満たす場合は、1者のみでも申請可能です。

観光庁は、公募の時期等に関し、2019年5月中旬を予定。詳細が決まり次第、観光庁ホームページにて知らせることにしています。

(画像は写真ACより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁 プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/kankocho/topics06_000209.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部がセレクトした、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。