JNTOが中東地域最大規模の商談会に出展し、訪日プロモーション活動を本格化

中東地域で訪日プロモーション活動を本格的に展開へ

日本政府観光局(以下、JNTO)が、中東地域最大規模の商談会に出展し、中東地域における訪日プロモーション活動を本格的に始めたと、5月15日に発表しました。

JNTOは、海外から日本へ観光客を呼び込むため、国内外で様々な活動をしている日本の政府機関です。今回、4月28日から5月1日にかけ、アラブ首長国連邦のドバイで開催された「Arabian Travel Market 2019 Dubai(ATM)」に出展。ジャパンブースでは、現地の旅行業界関係者に、日本の魅力が伝えられるなど、4日間でおよそ1400件のBtoB商談が行われました。

「Arabian Travel Market 2019 Dubai(ATM)」

「Arabian Travel Market 2019 Dubai(ATM)」

2020年までにドバイにおいて新事務所開設を目指す

JNTOは富裕層旅行市場として中東地域に着目し、ドバイを「準重点市場」に選定。訪日旅行者の増加なども見込まれることから、2020年までに新事務所の開設をします。

また、現地での情報収集・分析も行い、日本のセールス活動を行うレップを設置。現地の旅行業界関係者に訪日関連商品などのセールス活動を行っていく予定です。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。