Google、Huaweiへのサポートを停止:YouTubeもGoogle Playも一切使えなくなるが意外にも中国人ユーザーの反応が薄いワケ

「米GoogleがHuawei(ファーウェイ)との取引を停止する」と報じられています。これにより、今後Huaweiでは、モバイルOSであるAndroidに関するGoogleからのサポートが受けられなくなるだけでなく、同社端末からのGoogle PlayやYouTube、GmailといったGoogleサービスが利用できなくなる見込みです。

一方で、Huaweiの本拠地中国では、ガジェット・IT好きの消費者しか本件について反応を指定ない様子です。というのも、もともと中国国内では政府方針によりGoogleなどの海外サービスが利用できないため、そこまで日常生活に支障をきたさないからです。


Huaweiが「Google帝国」から強制退場に

20日のロイターの報道によれば、GoogleがHuaweiへのサポートを終了する措置を取り始めたといいます。

モバイルOSであるAndroidはそもそもオープンソースではあるものの、スマホメーカー各社はAndroidをカスタマイズして自社ブランド端末に搭載しています。

そのため、Googleからのサポートが無くなることによって現バージョンのOS以降のアップデート提供を受けられなくなることで、今後の拡張性やセキュリティー的に大きな問題が生じることが考えられます。

各種Googleサービスも利用できなくなる

さらにGoogleからのサポート終了の影響はAndroidアップデートができなくなるだけにとどまりません。今後HuaweiがAndroidをOSとして使い続ける場合、オープンソースプロジェクト版のAndroidしか使うことができません。

このオープンソース版のAndroidは、Google製のアプリやサービスと切り離されたものになるため、YouTubeやGoogle Maps、Gmailのみならず、アプリプラットフォームのGoogle Play Storeさえも使えなくなります。つまり、世にリリースされているアプリを一切ダウンロードできない、使い所がないスマホになってしまうのです。

背景にはトランプ政権のHuawei制裁が

Googleが今回の措置に切り出したのも、今月15日、ドナルド・トランプ米大統領がかねて検討していた「情報通信技術とサービスのサプライチェーンの保護に係る大統領令」に署名したことがあります。

アメリカでは中国のテクノロジー企業に対する規制が強まってきています。特にHuawei社は安全保障上のリスクをもたらすとしており「中国政府がHuaweiなどの中国企業の製品を利用し、アメリカ内のネットワークをスパイしている」と主張。そのリスクに対する緊張感は、FBIやCIAが「Huawei製スマホはスパイ活動を行う能力を有している」として、利用をやめるように国民へ警告したことをみれば、相応のものであると考えられます。

中国国内では意外と反応は薄い

今回のGoogleの措置に関しては、政治的側面はさておき、中国人の消費者目線からの反応は薄い模様です。というのも中国国内では、政府によりGoogle製品は「金盾」と呼ばれる グレートファイアーウォールでブロックされており、一般ユーザーはそもそも利用することができないのです。

また、Google検索が使えなくても「百度(Baidu/バイドゥ)」でインターネット検索はできますし、Google Mapsのかわりに「百度地図」があります。YouTubeに代替する動画サービスもたくさんあるので、一般ユーザーとしては現状そこまで困らない、というのが実情のようです。

中国の8大動画サイト・アプリ完全まとめ!プロモーションやPRにつなげる方法とは

日本で生活する私たちが普段利用している FacebookやTwitter、YouTubeといった SNS は、実は中国国内では利用ができません。その代わりに中国国内では様々な動画配信サービスや、動画をアップロードしたりユーザーのアップロードした動画を楽しむ動画共有サービスが存在します。中国のインターネットユーザーは人口の約60%、2018年末時点で約8.3億人で、そのうち98%にあたるが8.17億人がスマートフォンなどのモバイル通信機器経由でインターネットにアクセスしています。そのため、中...

とはいえ気になる今後のHuawei

日本人Huaweiユーザーも数多くいることから気になる今回のニュースですが、今後のHuaweiスマホはどうなるのでしょうか。

オープンソース版のAndroidを活用し続けるという手はあるものの、前述の通りGoogle製サービスが一切つかえず、アプリさえダウンロードできないスマホに需要はないでしょう。

となると、中国お得意の独自OSの開発の線が濃厚となります。しかし、中国製OSとなれば、なおさらアメリカ市場で展開することは不可能に近くなり、実質的には中国ガラパゴススマホ化していく可能性があります。

そうなった場合、ガラパゴス化したHuaweiが中国スマホシェアを伸ばした場合、ただでさえ特殊な中国スマホ事情がより特殊になり、WEB上での多言語対応やアプリ・SNSを活用したインバウンドプロモーションはより難易度を増す可能性があります。今後の動きに注目です。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!