【鎌倉】外国人観光客の「迷惑行為」で苦情、マナー条例施行へ…"スラダン"聖地巡礼で大混雑

2019年4月、鎌倉市は混雑する観光地での食べ歩きや、危険な場所での撮影などを「迷惑行為」とし、観光客のマナー向上を狙いとする新たな条例を定めました。中国人や台湾人に人気の漫画の聖地で写真撮影の自粛要請が出たことで、現地メディアでも大きく取り上げられています。

年間2,000万人以上の観光客が訪れる鎌倉で、訪日客が急増した背景と観光地の現状、そして訪日客のマナー対策について、今回の条例施行を参考に見ていきましょう。


観光客の「迷惑行為」近隣住民から相次ぐ苦情

迷惑行為に関する条例は、約5年前に、ハイキングコースにおけるタイムレースや団体走行の禁止を求める陳情が出され採択されたことが元々のきっかけです。

加えて、以前から多くの観光客で賑わう小町通りで、食べ歩き中に食べ物が衣類につくトラブルや、国内外で人気の漫画「スラムダンク」のアニメの聖地として多くのファンが訪れる、鎌倉高校前駅付近の踏切で危険な写真撮影なども発生していました。

度重なる迷惑行為に対し、鎌倉市に近隣住民からの苦情が多く寄せられるようになり、結果として今回の条例が施行されることとなりました。

条例では上記のような行為を「迷惑行為」として明確に定め、今後は自粛するよう呼びかけています。鎌倉市はこの条例の制定を通じ「誰もが気持ちよく過ごせる観光都市」を目指すとしています。

聖地巡礼ブームに湧くアジア人観光客が鎌倉に殺到

危険な場所に立ち止まり撮影をするといった行為増加の背景として、アニメの聖地巡礼のブーム到来が挙げられます。

中国や台湾でも爆発的人気となった漫画「スラムダンク」のアニメのシーンで、鎌倉高校前の踏切が使用されたことから、5年ほど前より中国・台湾からの訪日外国人観光客の増加が顕著となりました。

駅付近に同作品を紹介するポスターなどがあるわけはありませんが、中国ではすでに人気の観光地となっており、主人公のユニフォームを着て撮影するといった熱狂的なファンも多数見られています。

作品中のワンシーンと同様の構図を求めて、電車が通るタイミングめがけて、踏切付近で立ち止まって撮影に没頭する観光客も一人や二人ではありません。踏切に入ってしまう観光客もいたということから撮影者の安全も懸念されます。条例で撮影の自粛を促すこととなりました。

外国人観光客に人気のアニメ聖地5選/鎌倉の踏切に訪日外国人が殺到するワケ

日本が世界に誇る文化のひとつといえば、「アニメ」です。人気アニメや漫画に登場する街や場所はファンの間で「聖地」と呼ばれており、実際に「聖地」を訪れることを「聖地巡礼」といいます。日本のアニメや漫画は世界から高い評価を受けており、最近では多くの旅行代理店で訪日外国人観光客向けの「聖地巡礼ツアー」をおこなっています。世界でも名の知れた日本の漫画やアニメを活用した地方のインバウンド誘致は、全国で旋風を巻き起こしています。そこで今回は、訪日外国人に人気の聖地巡礼スポット5か所を紹介しましょう。地方...


中国メディアでも鎌倉の条例施行を報道

中国メディアの中国日報は、4月12日にスラムダンクの聖地として鎌倉を紹介する記事を掲載しました。特に人気の観光スポットとして鎌倉高校前の踏切を紹介した上で、鎌倉市が写真撮影に関する迷惑行為を自粛するよう求めていることもあわせて報じています。

本文中では実際に撮影をしようと詰めかけている大勢の観光客が写る写真を掲載した上で、夢中になるあまり踏切内に立ち入るといった危険行為にまで発展しているケースもあることから、条例の施行にいたったことを説明しました。

2019年中国の国慶節|スケジュール・休日日数、やるべきインバウンド対策とは

訪日外国人を集客したい小売り企業や飲食店などにとって、中国の国慶節は大きなビジネスチャンスとなります。この記事では、2019年の国慶節の休暇について休暇期間の中国人の旅行動訪日中国人観光客の満足度をアップさせるため行うべきインバウンド対策について詳しく解説します。国慶節とは?中国の祝日である「国慶節」の中国人にとっての意義、具体的な日取りについてまとめます。国慶節は中国の建国記念日国慶節は、中国(中華人民共和国)の建国を祝福する記念日です。毎年10月1日と定められています。1949年の10...


訪日客のマナー改善へ強行策の検討も

急増する訪日客のマナー悪化もふまえ、条例施行に踏み切った鎌倉市ですが、条例は禁止や規制を促したり罰則を課すといったことはしません事実、条例施行後も、踏切前で撮影に没頭する訪日客やドローンを飛ばす人まで見受けられていることから、今後は多言語で条例を周知していくことはもちろん、場合によってはより強行な対策も必要になるでしょう。

多言語の看板によるマナー周知も、京都のように景観破壊を引き起こすことが懸念されるため、看板に頼り過ぎないマナー改善の取り組みが期待されます。


<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!