2020東京オリンピックの観戦チケット | 購入方法・抽選結果の発表スケジュールと支払い方法・チケットの種類を解説

2020東京オリンピックの観戦チケット | 購入方法・抽選結果の発表スケジュールと支払い方法・チケットの種類を解説

先月末、2020年の東京オリンピック観戦チケットの抽選申込みが終了しました。

申込みはオンラインでのみ受け付けされ、締切当日である5月28日にはアクセスが殺到しまし、これを受けオリンピック委員会では申込み期間を1日延長し翌29日の23:59までとする措置をとりました。

申込み者を対象に行ったアンケートによれば、回答者の半数以上が開会式のチケットに申し込みをしています。次点の閉会式は20%弱であり、オリンピックの開閉会式に対する期待の高さがうかがえます。また、競技の観戦チケットでは、陸上競技、サッカー、水泳(競泳)、体操(体操競技)、野球やテニスに申込んだ人が多かったようです。

チケットの抽選申込みは5月9日から開始されました。本記事では、今後のチケットの購入方法と、IDの作成からチケットの抽選申込までの一連の流れをご紹介します。


2020東京オリンピックのチケット販売はいつから?

2020東京オリンピックのチケットは、2019年5月9日より抽選申込みの受付が開始されました。

抽選申込みは一次販売の分に対するものとなっています。この後2019年秋頃より今回販売されなかった分のチケット及び何らかの理由で発券に至らなかったチケットが先着順で販売されます。

その後2020年春以降は公式チケット販売サイト、チケット販売所、公式リセールサービスの3箇所で販売が行われる予定です。

5月9日からの抽選申込み(5月29日にて申込み受付は終了)、その後の流れは?

2020東京オリンピック公式チケット販売サイトでの抽選申込の受付期間は2019年5月9日(木)10:00から2019年5月28日(火)23:59までです。現在、抽選申込みの受付期間は過ぎており、新たに申し込むことはできなくなっています。

2019年6月20日(木)に抽選結果が発表され、同日に購入手続きの受付も開始されます。

購入手続きは2019年7月2日(火)までの13日間という比較的短い期間のみ受け付けられているので、チケットに当選した場合は期間中に必ず全てのチケット分の料金を支払い終わるよう注意が必要です。

▲[2020東京オリンピックチケット抽選申込スケジュール]:2020東京オリンピックHPより引用
▲[2020東京オリンピックチケット抽選申込スケジュール]:2020東京オリンピックHPより引用

2019年秋以降に先着販売も

今回販売されなかった分のチケット及び何らかの理由で発券に至らなかったチケットについては、2019年秋頃より先着順での販売が予定されています。

ただし、人気の競技については一次販売の時点で多くの申込があるため先着販売にて販売されるチケットの数には限りがあると予想されています。

また、2020年以降は公式チケット販売サイトだけではなく各チケット販売所や不要になったチケットを他人に譲ることができる公式リセールサービスでも販売が行われる予定です。

どうやってチケットを購入するの?

一次販売(現在すでに申込み期間は終了)にて販売されるチケットは、2020東京オリンピック公式チケット販売サイトを通したインターネット経由により抽選申込みを行います。

当選後は各種VISAカードによる決済またはコンビニ支払いの2種類の手段が用意されています。各種クレジットカード・デビットカード・プリペイドカードについてはVISAブランドのものに限り利用できます。

TOKYO 2020 IDの登録が必須

購入に際し、購入者情報を登録するため公式チケット販売サイトにおいてTOKYO 2020 IDを作成する必要があります。TOKYO 2020 IDへの登録の際に必要な情報は以下の通りです。

  • Eメールアドレス
  • 住所
  • 氏名
  • 生年月日
  • 電話番号(日本国内限定)
  • パスワード(任意の半角英数字)

以上の情報を入力するだけで登録は完了です。とても簡単に済ませられる手続きだと言ってもよいでしょう。

2019年5月9日から28日までの一次販売期間中は、このIDを用いてチケットの抽選申込を行います。

また、2019年6月20日(木)から7月2日(火)の13日間が当選したチケットの購入手続き期間です。購入代金はVISAカードまたはコンビニでの現金払いのどちらかで決済することが可能です。

他ブランドの各種クレジットカード等は決済に用いることができませんので、VISAカードを持っていない場合は先に準備しておくと、支払いの際便利でしょう。

▲[2020東京オリンピックチケット代金支払い方法]:2020東京オリンピックHPより引用
▲[2020東京オリンピックチケット代金支払い方法]:2020東京オリンピックHPより引用

ID取得でグッズのプレゼント、メールマガジンなどの特典も

TOKYO 2020 IDに登録を済ませることで、TOKYO 2020 PASSという会員証のようなものが画面上で発行されます。

大会中はこちらのパスをスタッフに提示することで、オリジナルグッズのプレゼントなどさまざまなサービスを受けることができます。

また登録の際に用いたメールアドレスにて大会情報・チケット情報・商品情報・最新イベントの案内などのお知らせが書かれたメールマガジンを受け取ることもできます。

2020東京オリンピックチケットの種類や価格は?

2020東京オリンピックのチケットは、内側の席から外側の席まで全5種類に分けられた一般チケット、車いすユーザーチケット・同伴者チケット、そしてグループで割安価格での観戦ができる東京2020みんなで応援チケットの3種類があります。

種類対象者価格
一般チケット一般観客(個人)チケット価格一覧はこちら
車いすユーザーチケット・同伴者チケット車いすユーザー及びその同伴者チケット価格一覧はこちら
東京2020みんなで応援チケット12歳以下の子ども・60歳以上のシニア・障がいのある方を1名以上含む家族やグループ2,020円(税込) / 枚

一般チケットはA~E席の5種類

一般チケットは観戦しやすい内側の席から離れた場所から観戦する外側の席までA席からE席の5種類に分かれており、それぞれ価格も異なっています。一例を挙げると以下の通りです。

競技

A席価格

B席価格C席価格D席価格E席価格
開会式300,000円242,000円107,000円45,000円12,000円
サッカー決勝45,000円24,500円12,500円7,500円販売なし
水泳競泳決勝108,000円72,000円36,500円11,800円販売なし

これらの価格は競技が開催される会場や同じ競技でも予選と決勝などにより変化します。予選の方が決勝と比べて安い場合が多いです。

オリンピック開催式のチケット代いくらか知っていますか?2020に向け必ず知るべき数字10選

今年2019年はいよいよラグビーW杯が開催されます。今年2019年1-2月の欧米豪の訪日外国人客数を調べてみると、去年より10%以上増加しています。既にラグビーW杯の影響が出てきているようです。このラグビーW杯の影響により、2020東京オリンピック・パラリンピックは、さらなるインバウンド需要をもたらすのではないかと期待が高まっています。そのため、今回は【2020年東京オリンピック関連】と題して、2020年東京オリンピックに向けて押さえておきたい数字を10つピックアップしました。新年度を迎え...

東京オリンピックの開会式はいつ?スローガン・野村萬斎の演出・1964年との比較・チケットの取り方も分かりやすく解説

2019年5月末で、2020年夏に開催される東京オリンピックまで残り420日となります。各種競技や開閉会式を観覧するための抽選エントリーが開始され、いくつかは落選することを見込み数十万円分のチケットを申し込む姿がSNSにもアップされています。チケットは抽選販売を予定しており、一次抽選の申込期限は本日5/28日(火)23:59です。本日は最終日のため、チケット購入のためのアクセス増加も予想されています。販売完了後も引き続き、どこで、誰と、開会式やどの競技を観戦するかといったトピックで、人々の...

家族やグループで観戦したければ「東京2020みんなで応援チケット」もおすすめ

2020東京オリンピックの「車いすユーザーチケット」は車いすユーザーで車いすエリアでの観戦をされる方、同伴者チケットは車いすユーザーの同伴者の方が対象です。

また東京2020みんなで応援チケットは、12歳以下のこども・60歳以上のシニア・障がい(車いすユーザーを含む)のある方を1名以上含む家族やグループが対象となっています。こちらのチケットは観戦場所が各競技会場の最下位席種となる代わりに価格が一律で一枚2,020円(税込)と格安に設定されています。

旅行会社経由でツアーの利用はじめ、チケット購入のチャンスは今後も

ここまで紹介した一次販売の他にも、KNT-CTホールディングス、株式会社JTB、東部トップツアーズ株式会社などを通して2020東京オリンピック公式観戦ツアーのパッケージ販売も行われる予定です。

株式会社JTBは「大会期間中、毎日オリンピック競技観戦をお楽しみいただきながら、シティホテルに滞在いただく『東京2020オリンピック競技大会満喫ツアー』をはじめとして、クルーズ船を利用したホテルシップツアーや、3日~7日間滞在ツアーなど、多彩なツアーをご用意」することを発表しています。

このように、一般チケット・車いすチケット及び同伴者チケット・東京2020みんなで応援チケットの一次販売の他にも、秋からの先着販売や来年春からの公式チケット販売サイト、一般のチケット販売所、公式リセールサービスでの販売や旅行会社各社のツアーパッケージなど、2020東京オリンピックのチケットはさまざまなルートで購入することができます。

東京オリンピック日程いつから?

2019年3月、東京オリンピック開催まで500日を切りました。また4月にはパラリンピックまで500日の節目の日となっています。2020年の東京オリンピック・パラリンピック大会では、史上最多の33競技・339種目が42もの競技会場で開催されます。4月には東京オリンピックの競技日程が発表されました。今月5月9日には競技観戦のチケットの抽選申込の受付が開始されましたが、12日までの4日間で636万以上のアクセスがあったそうです。この際、アクセスが集中し申込手続完了までに長時間の待ち時間が発生する...

TOKYO 2020 IDを取得し、今後のチケット販売情報を受け取る

5月9日からの一次販売は先着順ではなく、抽選申込期間終了後の抽選にて当落が確定します。

この抽選に参加しなかった場合でも、秋からの先着販売や今後の公式チケット販売開始といった機会を利用してチケットを入手することが可能です。

今後のチケット販売に関する情報はメールマガジンでも案内されると考えられますので、少しでもチケットの購入を検討している場合は、まず公式サイトにてTOKYO 2020のIDを取得すると良いでしょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!