宿泊者数前年比5.4%増の5,700万人!JLL「JPPD2019年第1四半期」発表!

宿泊者数前年比5.4%増の5,700万人!JLL「JPPD2019年第1四半期」発表!

JLLの不動産調査レポート

総合不動産サービスのジョーンズ ラング ラサール株式会社(JLL)は6月5日、「ジャパン プロパティ ダイジェスト(JPPD)2019年第1四半期」を発表。商業用の不動産動向をまとめた調査レポートです。

ジャパン プロパティ ダイジェスト2019年第1四半期

ジャパン プロパティ ダイジェスト2019年第1四半期

都内ホテルの供給は2019年後半から

JPPDでは日本のオフィス、店舗、物流、ホテル市場などの空き室状況や価格動向、また12ヶ月の予測などをセクター別に調査。その中で東京のホテル市場をピックアップしています。

2018年の都内延べ宿泊者数は前年比5.4%増の5,700万人。日本人宿泊者数は前年比1.4%、外国人宿泊者数は12.9%増加し、外国人の割合は全体の37.0%を占めています。

2019年の供給は、9月に「The Okura Tokyo」2棟、2020年に「フォーシーズンズホテル大手町」、「エディションホテル」2棟、2022年に「ブルガリホテル東京」の開業が予定されています。

5ツ星ホテルの運営パフォーマンス

東京の5ツ星ホテルでは、1日当たり販売可能客室数当たり宿泊売り上げが、2019年2月までの累計で前年同期比3.6%の増加。客室稼働率は前年同期比0.5%のマイナスですが、客室単価が前年同期比4.3%の増加となりました。

2019年第1四半期はパフォーマンス成長ペースが伸び悩みましたが、今後はスポーツイベントや観光の需要などで回復が見込まれると予測しています。

(画像は写真ACより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ジョーンズ ラング ラサールのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

ジョーンズ ラング ラサールの公式HP
https://www.joneslanglasalle.co.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。