【鎌倉】ついに入場制限へ…4万3,000人の沿線住民の利用を優先する「オーバーツーリズム対策」江ノ電駅は改札までインバウンドが長蛇の列

【鎌倉】ついに入場制限へ…4万3,000人の沿線住民の利用を優先する「オーバーツーリズム対策」江ノ電駅は改札までインバウンドが長蛇の列

インバウンド聖地巡礼ブームに伴い、オーバーツーリズムが問題となっている鎌倉市では、近隣住民の生活と観光地としての質を保つため、オーバーツーリズム対策に取り組んでいます。

ゴールデンウィークは日本人も多く訪れることから、江ノ電鎌倉駅では、今年で3年目となる江ノ電沿線住民の優先入場が実施されました。

アジア人観光客を中心とした迷惑行為に対する条例制定など、直近の対策に触れた上で、日本のオーバーツーリズムの現状と対策の一例として見ていきましょう。


大混雑の江ノ電鎌倉駅!沿線住民の優先入場実施へ

鎌倉市は5月3日から5日までの3日間、「江ノ電沿線住民等の移動円滑化に係る社会実験」を実施しました。江ノ電鎌倉駅の混雑時に、事前に市から発行された証明書を持つ沿線住民を、優先的に入場させるといった取り組みです。

これまでゴールデンウィーク期間中は、鎌倉駅に沿線住民と国内外からの観光客で、駅の外まで長蛇の列ができました。市は住民の生活の質を保つため、2017年から本社会実験の実施に踏み切っています。

過去2年の実施期間中は天候の影響から行列発生日が少なく、実際に優先入場を実施したのは2018年5月4日のみでした。最大100メートルにもなった列に対し、85名の沿線住民が証明書を使用し駅構内に入場した結果、最大約20分の待ち時間短縮を実現しています。

利用者のアンケートによると、約8割が「とても有意義」「有意義」と回答し、約9割が今後の実施を希望したこともあり、2019年の継続実施が決定されました。

観光客の9割が住民の優先入場に理解

今年は前年比約2倍の2,811枚の証明書が発行されたうち、計136人が優先入場を利用しました。対象者は、これまでの長谷〜腰越駅間に加え、和田塚と由比ヶ浜駅沿線の住民と通勤通学で利用する人も含め、約4万3,000人です。

実施時間は10時から16時までとしていましたが、3日は17時まで延長するなど、連日駅前には最大100メートルの長蛇の列ができる大混雑でした。行列ができた際は、証明書を持つ住民の後ろに一般の観光客等が並ぶといった対応をしています。

5月3日に列に並び乗車待ちをしていた132名にアンケートを実施したところ、約9割が沿線住民らの優先入場に対し「理解できる」「おおむね理解できる」と回答しました。昨年に引き続き、観光客らの沿線住民に対する理解は非常に高い結果となっています。

訪日客の聖地巡礼に湧く鎌倉、マナー条例を制定

2019年4月に鎌倉市は、混雑している観光地での食べ歩きや危険な場所での撮影などを「迷惑行為」とし、自粛を促すマナー条例を新たに制定しています。

以前から、混雑した小町通りで食べ歩き中に食べ物が衣服につくトラブルや、漫画「スラムダンク」のアニメの聖地として人気の鎌倉高校前駅付近の踏切で、多くの訪日客が危険な撮影をするといった迷惑行為が相次いでいました。

近隣住民からの苦情が殺到したことから、「迷惑行為」を明確に定め、自粛を促す条例制定に至りました。

特に台湾や中国からの訪日外国人観光客にとって、鎌倉はスラムダンクの聖地として非常に人気で、熱狂的なファンが連日詰め掛けています。

一方撮影に夢中になるあまり、踏切に立ち入る人ドローンを飛ばす人まで見受けられ、安全性ならびに近隣住民の通行の妨げになるといった問題が指摘されてきました。条例制定については、中国メディアでも報道されており、市が鎌倉高校前駅付近の踏切における撮影を自粛するよう呼びかけていることを説明しています。

【鎌倉】外国人観光客の「迷惑行為」で苦情、マナー条例施行へ…"スラダン"聖地巡礼で大混雑

2019年4月、鎌倉市は混雑する観光地での食べ歩きや、危険な場所での撮影などを「迷惑行為」とし、観光客のマナー向上を狙いとする新たな条例を定めました。中国人や台湾人に人気の漫画の聖地で写真撮影の自粛要請が出たことで、現地メディアでも大きく取り上げられています。年間2,000万人以上の観光客が訪れる鎌倉で、訪日客が急増した背景と観光地の現状、そして訪日客のマナー対策について、今回の条例施行を参考に見ていきましょう。観光客の「迷惑行為」近隣住民から相次ぐ苦情迷惑行為に関する条例は、約5年前に、...


インバウンドのオーバーツーリズム対策強化で観光地の質低下を防止

鎌倉市では、ゴールデンウィーク期間の日本人観光客の増加ならびに、近年の訪日外国人観光客の急増にも対応するため、江ノ電鎌倉駅での社会実験やマナー条例の制定等に取り組んでいます。

持続可能な観光地づくりを目指す上で、まずは近隣住民の生活の質を保つことを重視し、地域の受け入れ態勢を整備するといったオーバーツーリズム対策の強化が重要と言えるでしょう。

オーバーツーリズムは、日本では京都で顕著となっているほか、ベネチアやバルセロナなど世界規模で対応が急務となっている問題です。訪日外国人観光客が急増する日本の主要観光地では、海外の先行例も参考にした上で、インバウンドの地方誘客促進や観光地の質低下を防止するための条例制定などの、オーバーツーリズム対策の実施と効果に注目が集まります。



<参考>

・鎌倉市:江ノ電沿線住民等の移動円滑化に係る社会実験の結果について

・カナロコ:GW、混雑したら「住民優先」江ノ電・鎌倉駅で社会実験

・カナロコ:「連休は住民優先」観光客9割が理解 江ノ電鎌倉駅の実験

・カナロコ:鎌倉市がマナー条例案 混雑時食べ歩き、迷惑撮影を自粛へ

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!