23ヶ月連続90%超!レジデンスホテル博多・スマートホテル博多など4月・6月の客室稼働率

23ヶ月連続90%超!レジデンスホテル博多・スマートホテル博多など4月・6月の客室稼働率

2施設が23ヶ月連続で9割超え

株式会社SHIは7月10日、運営するホテルの稼働率6月分を発表。「レジデンスホテル博多」「スマートホテル博多」などが、23ヶ月連続で90%を超えていると報告しています。

株式会社SHI・ホテルの稼働率6月分

株式会社SHI・ホテルの稼働率6月分

2施設の6月・4月の公表データと全国比較

同社の運営するマンション型ホテル「レジデンスホテル博多」の、2019年6月の客室稼働率は92.01%、延宿泊者数は26,190人となりました。

また全国、福岡、「レジデンスホテル博多」「スマートホテル博多」の4月のデータを公表しています。同社の2施設は、4月の客室稼働率が90.02%、延宿泊者数が23,613人です。

全国の客室稼働率は64.7%。うちビジネスホテルが78.9%、シティホテルは82.8%、旅館39.4%、リゾートホテル57.5%、簡易宿所が32.8%となっています。

4月の福岡はGWの繁盛期で増加

福岡の客室稼働率は74.3%。うちビジネスホテルが81.0%、シティホテルが80.7%、旅館33.9%、リゾートホテル48.4%、簡易宿所が49.3%となっています。

福岡の延宿泊者数は1,471,250人となり、前年同月比4.5%の増加で全国10位。そのうち外国人は、334,760人、前年同月比2.8%の増加で全国7位となっています。国籍別では、1位韓国、2位台湾、3位香港、4位中国、5位はタイとなりました。

4月はGWの突入で繁盛期を迎え、福岡はコンサート開催もあったことから多数の集客があったと報告しています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社SHIのプレスリリース(PRTIMES)
https://prtimes.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。