65台での実証実験!タクシー用音声通訳機能の実証試験開始

7月29日より京都市内で

JapanTaxi株式会社とソースネクスト株式会社は7月29日、両社が開発した音声通訳機能『JapanTaxi Translator by POCKETALK(R)』の実証実験を京都市内で開始しました。

実証実験は、東京・日本交通株式会社 京都営業所のタクシー65台で行われます。

『JapanTaxi Translator by POCKETALK(R)』

『JapanTaxi Translator by POCKETALK(R)』

『JapanTaxiタブレット』を強化

現在、全国のタクシー約1万台に『JapanTaxiタブレット』が搭載されています。これは日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語の多言語表示に対応し、さらに『Alipay』『WeChat Pay』にも対応しています。

『JapanTaxi Translator by POCKETALK(R)』とは、『POCKETALK(R)』の翻訳機能をSDK化して『JapanTaxiタブレット』に搭載したものなのです。

利用方法

外国人乗客がタブレットから『JapanTaxi Translator by POCKETALK(R)』を起動します。そして言語を選択し、付属のマイクに向かって話しかけます。

すると乗務員側のタブレットに日本語の翻訳文が表示され、日本語で読み上げます。これを受けて、乗務員はマイクに向かって日本語で返答します。乗客側のタブレットには選択した言語で翻訳文が表示され、その言語で読み上げます。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JapanTaxi株式会社 プレスリリース
https://japantaxi.co.jp/news/cat-pr/2019/07/29/pr.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。