スマホのWi-Fi信号から国を判定し言語表示する「インフォメーショントイレ」

8月1日より「TOTO宮島おもてなしトイレ」にて実証実験開始

株式会社ゼンリンデータコムは、8月1日より「TOTO宮島おもてなしトイレ」にて、「インフォーメーショントイレ」の実証実験を開始します。

「インフォーメーショントイレ」とは、トイレ空間に設置されたセンサーによって、利用者のスマートフォンのWi-Fi信号から国や地域を判定し、タブレットに適切な言語表示を行うサービスです。例えばアメリカ人が同サービスを使えば英語で、韓国人が使えば韓国語で表示されます。

タブレットに表示される内容はトイレの使用方法や地域の観光情報などで、対応言語は英語・簡体字中国語・韓国語・日本語です。

「インフォーメーショントイレ」

「インフォーメーショントイレ」

ウォークインサイトの技術を活用

株式会社ウォークインサイトは、トラベルインサイトというサービスを提供しています。

このサービスでは、ウォークインサイト独自のセンサーで、顧客が持つスマートフォンのWi-Fi信号から国や地域を判定しています。

つまり、このサービスで使われている技術が「インフォーメーショントイレ」にも組み込まれているわけです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

株式会社ゼンリンデータコム プレスリリース
https://www.zenrin-datacom.net/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。