インバウンドが富士山で「郵便局」を目指す理由

インバウンドが富士山で「郵便局」を目指す理由

日本のシンボルとも言える富士山は2013年に世界遺産に登録されて以降、訪日外国人の登山客が増加しています。

2018年の山梨県における観光客も、約半数が富士山エリアに集中している状況です。今後さらなる観光客の増加が見込まれる富士山ですが、2019年7月10日の山開きに合わせて、インバウンドの利便性向上に向けた受け入れ体制の準備静岡側で行われました。

トイレやキャッシュレス決済といったインフラ面の整備をはじめ、2019年の富士山におけるインバウンド対策について見ていきましょう。


5合目トイレを大幅改修、男女ともに洋式化

富士宮口五合目の民間レストハウスのトイレ改修が終了し、男女ともに洋式化するとともに、床や壁、配管なども修繕されました。市の観光課などによると、富士宮口五合目の民間レストハウスのトイレは1981年に設置されています。

その後年間約20万人の観光客が訪れる中で老朽化が進んでいき、悪臭をはじめ衛生面の課題が表面化していました。訪日外国人観光客の増加も顕著となり、改修を望む声が多かったことから、今年トイレの改修工事に踏み切ることとなりました。

市も公共性が高いと判断した結果、2019年度当初予算に費用を盛り込み、事業費は約1,130万円のうち市の補助金は500万円とし、5月中旬から6月末にかけて工事を実施しています。国も訪日外国人観光客の受け入れ環境整備を目的に約330万円を補助し、残りを事業者が負担するかたちとなりました。

富士山の表口のおもてなしの準備が整い、インバウンド客の利便性ならびに満足度の向上が期待できるでしょう。

山小屋にKDDIなどスマホ決済の新サービス導入へ

KDDIと御殿場市、小山町が連携して実施する「富士山スマートサービス」が7月10日から9月10日まで導入されます。本サービスでは、静岡側の富士山登山道の気象状況発信やキャッシュレス決済の導入による、国内外の登山客の利便性向上が見込まれます。

昨年の開山期間中もKDDIなどが、登山道の気温や湿度を伝える「ミエルフジトザン」というサイトを運用しており、今年は新たに風速や降雨状況も追加されました。静岡側3ルートの5合目と8合目、山頂の天候をリアルタイムで確認できるほか、3時間ごと6時間後の予測も見られるようになっています。

同サイトでは、御殿場口新五合目の駐車場の混雑状況も今年から配信を開始するなど、より登山計画が立てやすくなりました。訪日外国人の登山客への対応も強化しており、御殿場口の山小屋「赤岩八合館」と「砂走館」にて、スマホ決済が可能な「au PAY」などのキャッシュレスサービスの導入を開始しています。

さらに御殿場市内を走るタクシー6台に英語・中国語・韓国語を始め10ヶ国語対応の翻訳機能を搭載したタブレットを設置したことから、富士山の周辺観光地への周遊観光促進も期待できるでしょう。

山開きに合わせて「富士山頂郵便局」を開局

富士山にはもう一つ、インバウンドと関係の深いスポットがあります。7月10日から8月18日までの40日間、季節局として開局する「富士山頂郵便局」です。

営業時間は6時から14時とし、要望に応じて富士山や局舎をかたどった記念印の押印や、オリジナル商品の「オリジナルフレーム切手」「登山証明書&富士山登頂記録セット」なども販売します。外国宛の普通郵便も取り扱っているため、インバウンドの登山客にも人気のスポットです。記念の地から家族や友人に手紙を出す喜びは、国籍問わず旅行者が味わいたいと考えるものです。

2017年に浅間大社奥宮の全面改修工事を終えて、5年ぶりに大社内に戻って以降、インバウンドブームに伴い、富士山頂郵便局でも訪日外国人の登山客の利用が増加しています。山頂周辺は、登頂を果たした登山客の撮影スポットとして例年賑わいを見せており、今年もさらなるインバウンド客の利用が見込まれるでしょう。

まとめ:受け入れ態勢の強化が富士山のインバウンド誘客を加速

2019年もインバウンドのさらなる受け入れ態勢の整備がされた富士山ですが、中国の百度検索サービスによる2018年の訪日中国人の検索動向ランキングでは、2016年から2年連続トップだった富士山がランク圏外となりました。

一方で、富士五湖の1つである河口湖が3位にランクインするなど、富士山周辺の観光への注目は高まっていると言えるでしょう。

今後も、富士山におけるインバウンドの受け入れ態勢の強化をPRすることで、中国人をはじめインバウンド集客にさらなる勢いがつくことが期待されます。


<参照>

・静岡新聞:富士山富士宮口5合目トイレ 改修工事完了

・日本経済新聞:富士山の山小屋でスマホ決済、KDDI

・静岡新聞:富士山頂郵便局、限定切手が人気 登頂の証し、送る?飾る?

・山梨県:山梨県観光入込客統計調査結果

・PR TIMES:中国人は日本の何が好き??Baidu Japan、2018年訪日中国人の検索動向ランキング発表

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!