なぜ京都の伏見稲荷大社は訪日外国人に人気?3つの理由とインバウンド対策を紹介

親しみを込めて「お稲荷さん」と呼ばれる稲荷神社は、全国に3万社もあると言われ日本人にとって最も身近な神社です。

その総本宮が京都にある伏見稲荷大社です。近年では訪日外国人観光客にも非常に人気があり、トリップアドバイザーでも人気ランキングの1位に選ばれています。

この記事では、伏見稲荷大社の人気の秘密やインバウンド対策についてご紹介します。(口コミの翻訳は全て訪日ラボ編集部によるもの)

京都・伏見稲荷大社はなぜ人気?どんな神社?

京都の伏見稲荷大社は、大手旅行予約サイトであるトリップアドバイザーの「旅好きが選ぶ!外国人に人気の日本の観光スポット ランキング 2018」で1位に選ばれています。

伏見稲荷大社はこのランキングで、過去6年間連続1位という快挙を成し遂げています。

どのような神社なのでしょうか。

伏見稲荷大社とは?その特徴は?

キツネの石像がある神社は「お稲荷さん」として日本人にお馴染みですが、そのお稲荷さんの総本宮が京都にある伏見稲荷大社です。千本鳥居がとても有名な神社と言えばピンと来る方も多いかもしれません。五穀豊穣を司る稲荷神が祀られており、商売繁盛・家内安全・諸願成就の神としても信仰されています。

奈良時代の和銅4年(711)2月初午の日に稲荷大神様が東山三十六峰の最南端にある稲荷山に御鎮座されたとされ、稲荷信仰の原点となっています。

その幅広いご利益にあやかろうと、年間約1,000万もの人が参拝に訪れます。初詣には三ヶ日で約250万人が参詣しますが、これは関西でも最多の人数で、日本全国でも五本の指に入ります。

今では日本人だけでなく訪日外国人からも人気を集め、日本屈指の観光地となりました。本殿は稲荷山の麓にあり、稲荷山全体が神域です。2月の初午の日にはお山めぐりをする参拝客で賑わいます。

境内にある本殿は神社建築と寺院の建築様式が混在した建築様式で「稲荷造り」と呼ばれます。重要文化財にも指定されています。

京都で外国人に人気の観光地

日本屈指の観光地である京都は、古い寺社が多く歴史的な町並みを見られることから、訪日外国人にも人気の観光地です。しかし年間740万人もの外国人観光客が訪れる京都では、近年オーバーツーリズムといわれる観光公害が問題となっています。訪日外国人の満足度97%を誇る京都で今何が起こっているのでしょうか?この記事では、訪日外国人に人気の京都観光スポットランキングと、観光公害について解説します。<過去の調査結果>目次京都を訪れた外国人観光客の満足度は97%残念だったこと1位「時間が足りなかった」京都で外...


欧米豪観光客にとって「赤い鳥居」はまさに彼らが思い描く日本の姿:ジャパンガイドでみる 欧米豪圏観光客に人気の観光スポットランキング

1996年に設立され、欧米豪圏を中心に月間約180万人のユーザー*が閲覧している「ジャパンガイド」の中には、現在 約97万人の会員 が存在します。ジャパンガイドへ会員登録を行うと、自らが訪れた観光地をチェックできる機能があり、観光地に対する満足度を下記のように評価することができます。 評価★not reccomended★★    nothing special★★★   mildly interesting★★★★  recommended★★★★★ highly recommended...

伏見稲荷大社が訪日外国人に人気である3つの理由

伏見稲荷大社は、トリップアドバイザー訪日外国人に人気の観光地6年連続1位に選ばれています。評価は4.5と高く、23,000件を超える口コミが投稿されていますが、そのうち英語の口コミが12,640件と日本語の3,417件を大きく上回ります。

他にはスペイン語・イタリア語・中国語なども多く、訪日外国人からの人気の高さがうかがえます。

伏見稲荷大社のどのようなところが訪日外国人の人気を集めているのか、3つの理由を紹介します。

1. 訪日外国人が思い描く日本の姿そのものであるから

千本鳥居の「赤い鳥居」はまさに訪日外国人が思い描く日本の姿です。トリップアドバイザーの口コミでも、千本鳥居に関するものが多くみられます。

Mandatory visit once in Kyoto. The best tip I had was not to worry about taking pictures of the red gates in the beginning of the journey - just keeping going up and up... they are almost infinite :) - and the more you walk the less people you will see and the more you can admire this impressive site. Oh, and your pictures will get way better too ;)

(口コミ日本語訳)

京都で一度は訪れたい場所です。ひとつアドバイスできることは、着いてすぐに赤い門の写真を撮らなきゃと心配せずに上に登って行くことです。鳥居は無限と言って良いほど続きます。歩いていけばいくほど人は少なくなり、この素晴らしい景観を堪能できます。写真もより良いものが撮れるでしょう。(アメリカ・シアトルから)

2. 同時に自然も楽しめる

観光庁の2018年消費動向調査によると、訪日外国人の半数近い46.5%が「訪日前に期待していること」として「自然・景勝地観光」を挙げています。

伏見稲荷大社は鳥居をくぐりながら山歩きができる環境であり、こうした訪日外国人のニーズに応えることに成功しています。

We went in the rain so it wasn't as crowded as I thought it would be. If you go though go early in the morning or later. It gets very crowded. It is just a beautiful place to walk. You can walk all the way to the top but it is quite a hike. You can also take several side trails. There are so many different things to see there. Our son who loves frogs found a shrine to frogs. It was also just amazing to see all of the arches one right after another. Just so beautiful. Take a lot of water. It was quite humid and hot.

(口コミ日本語訳)

雨が降っていたので、思ったほど混雑していませんでした。ただし、とても混雑するので早朝か遅くに行った方がいいです。歩くのに良いとても美しい場所です。頂上まで歩きますが、かなりのハイキングです。また、いくつかの小道を歩くこともでき、見るべきものがたくさんあります。カエルが大好きな息子は、カエルの神社を見つけました。また、次々と続く鳥居もすばらしかったです。 とても美しかったです。かなり湿度が高くて暑かったので、十分な水分補給をおすすめします。(アメリカ・アリゾナ州から)

3. アクセスがよい

伏見稲荷大社へのアクセスは、JR奈良線の稲荷駅を下車してすぐ、または京阪本線の伏見稲荷駅から徒歩5分です。

市バスではバス停から徒歩5分と、電車でもバスでも行きやすい場所に位置します。

I went there by train from Kyoto and it's easy to reach from the station. The climb up to the top of the shrine takes around one hour. There are rows and rows of orange tori gates all along the climb up the hill. It's best to go early in the morning and have sufficient time to climb to the top.

(口コミ日本語訳)

電車で行きましたが、京都駅からは簡単に行けます。神社まで登る道のりは約一時間で、丘を登る途中にはオレンジの鳥居がいくつもいくつも続きます。頂上まで登るには、朝早く行って十分な時間を取るのが良いでしょう。(インド・ニューデリーから)

伏見稲荷大社のインバウンド対策・対応は?

トリップアドバイザーでのクチコミでも外国人観光客からの人気の高さがうかがえる伏見稲荷大社ですが、どのようなインバウンド対策をしているのでしょうか。

ここでは、伏見稲荷大社の具体的なインバウンド対策についてご紹介します。

ホームページの多言語化

伏見稲荷神社の公式サイトは多言語対応をしています。「日本語」「英語」「韓国語」「簡体字」「繁体字」の5か国語で情報を配信し、訪日外国人の利便性を高めています

提供している情報は伏見稲荷大社の歴史やアクセス方法、訪れる上での基礎知識などです。

公式サイトの多言語化インバウンド対策に必須であり、海外向けに情報を配信することにより多くの外国人観光客に伏見稲荷大社について知ってもらえます。

▲伏見稲荷大社の公式サイト

季節ごとのイベントの開催

伏見稲荷大社の公式サイトでは、月ごとに開催されるイベントの情報も多言語で配信しています。1月の歳旦祭、4月の献花祭、7月の本宮祭などを、インバウンド向けにわかりやすく、写真や具体的な日付なども記載して告知しています。

訪日外国人が旅行プランを立てる際に公式サイトを確認していることを考えれば、日付や写真があればイメージしやすく予定に組み込まれやすくなることも想像に難くありません。

イベントを目当てに訪れる訪日外国人も多くなっています。こうした付加価値を付けられるイベントについての情報発信は、集客において必須の手法でしょう。

商店街一体のインバウンド受け入れ環境づくり

伏見稲荷大社インバウンド対策は、伏見稲荷大社だけでなく周辺地域も一体となった取り組みである点が特徴です。

伏見稲荷大社の付近にある60余年の歴史を持つ老舗商店街の店舗により構成される稲荷繁栄会は、2012年ごろから外国人との文化・慣習の違いに関して理解を深めるために外部講師を招いたり、英会話教室を開催するなどのインバウンド対策を始めました。

訪日外国人向けの観光案内所の設置や、日本語・英語・中国語の3か国語対応の商店街マップ作成もしています。

また、外国人観光客の「訪日旅行中に困ったこと」として常に上位にランクインする「無料Wi-Fiの不足」の解消のために、商店街内に無料Wi-Fiの設備を整えました。海外の観光地では無料Wi-Fiが利用できる場所は多い一方で、日本での普及はまだまだ追いついていないのが現状です。

国際ローミングやインバウンド向けのプリペイドSIMを利用する人も存在しますが、そうでない訪日外国人にとって、無料Wi-Fiは情報収集やその先のアクション(商品の購入やSNSへの投稿等)につながる大きな要因と言えるでしょう。

インバウンド人気観光地ランキング1位「伏見稲荷大社」の人気の理由・インバウンド対策とは

伏見稲荷大社は、京都府京都市伏見区深草藪之内町68に位置する神社です。朱色の鳥居が連なる伏見稲荷大社は、その幻想的な雰囲気から訪日外国人にとって人気の観光スポットとなっています。

 

伏見稲荷大社のインバウンド対策を参考に訪日外国人の誘客を

伏見稲荷大社は、外国人がイメージする日本を体験できる場所として、トリップアドバイザーでは人気ナンバーワンの観光地に選出されています。

こうした結果は、公式サイトの多言語化や、イベントの詳細情報の発信、周辺の商店街も一体となった訪日外国人の受け入れ環境の整備などがもたらしたと言えるでしょう。

伏見稲荷大社の取り組みは、現在訪日外国人の誘客に努める地方の観光地にとっても、参考にすべき点が多くあるはずです。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!