【新型】Googleワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」のリアルタイム翻訳がすごい:インバウンド対策にも使用可

10月15日(現地時間)、Googleは新製品発表イベント「Made by Google ‘19」を開催しました。このイベントで新型スマートフォン「Pixel 4」や「Pixel 4 XL」、新型ノートパソコン「Pixelbook Go」と合わせて発表されたのが、今回紹介する新型ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」です。今回発表された新型Pixel Budsは2017年に発売された第1世代と異なり、完全なワイヤレスイヤホンとなりました。なお、日本での発売は未定です。

Pixel Budsにはさまざまな機能がありますが、その中でも最も気になるのは、Google翻訳を用いたリアルタイム翻訳機です。これは、Pixel Budsが搭載しているマイクで相手の話し声を聞き取り、Google翻訳を通して使用者の言語に変換したのち、音声で翻訳後の文章を出力するという機能です。今回はインバウンド業界でも需要のあるリアルタイム翻訳機能の解説を中心に、新型Pixel Budsについてお伝えします。


Google公式ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」が発表

Pixel Budsは、2017年11月に第1世代が発売されており、今回発表されたPixel Budsは第2世代となります。Pixel Budsの表面にはGoogleのロゴマークが刻印されており、全体的にシンプルな見た目で清潔感があります。連続5時間の駆動が可能で、充電の際には専用のケースを使います。ケースにもバッテリーが内蔵されており、こちらを合わせて使えば最大24時間駆動します。また、筐体のデザインは数千個の耳をスキャンして製作されており、多くの人の耳にフィットする形をしています。アメリカでは定価179米ドルで、2020年春頃の発売を予定しています。

第1世代との違いは?

2017年11月に登場したPixel Budsの第1世代は、アメリカにて159米ドルで発売されました。第2世代と同じくワイヤレスイヤホンではありますが、第1世代は両耳のパーツがケーブルで繋がっています。第2世代Pixel Budsは両耳がそれぞれ独立した別のパーツであるため、ケーブルを気にせず使ったり、周りの人と片耳ずつ分けて音楽を聴けるのが特徴です。

【通訳料、無料】Googleが40ヶ国語の同時通訳が出来るイヤホン「Pixel

Googleから10月4日に登場したワイヤレスイヤホンの 「Pixel Buds」 がIT業界を中心として大きな話題となっています。最も注目を集めているのが 40カ国語を翻訳する事が出来るという機能 で、この「Pixel Buds」装着していれば、まさに通訳が耳元にいるかのような体験が可能 です。インバウンド業界でも注目必須のGoogle「Pixel Buds」について詳しくご紹介しましょう。インバウンド対策の第一歩 多言語対応についてより詳しい資料のダウンロードはこちら「翻訳・多言語化」...


Pixel Budsの主な機能は?

最も注目すべき機能はリアルタイム翻訳機能ですが、他にも3部屋離れた先からも通信できる高感度Bluetoothや、音量を変えたり、音楽を再生・停止したり、Googleアシスタントを呼び出せるタッチセンサー、周囲の音を取り込む「アンビエント・ベント」など、いくつかの特徴的な機能を搭載しています。

Pixel Budsの目玉機能でもある、リアルタイム翻訳機能

Pixel Budsは、Google翻訳によるリアルタイム翻訳機を搭載しています。これは、相手の話す言葉をPixel Budsが聞き取り、Google翻訳エンジンを用いて日本語に変換した上で日本語の音声を出力する、というものです。この機能を使えば、外国人と話す際にもGoogle翻訳を通して円滑な会話ができます。

今までの翻訳とリアルタイム翻訳の違い

今までスマートフォンを用いて翻訳をする際には、まず相手に伝えたい内容をキーボードか音声入力で入力してもらい、画面の「翻訳」ボタンを押して返ってくる翻訳後の文章を読む必要がありました。しかし、Google翻訳では早くからリアルタイム翻訳技術を導入しており、画面に表示されたボタンを押して喋ると、その場で翻訳後の音声を出力する機能が搭載されていました。

今回、Pixel Budsに搭載されたリアルタイム翻訳はこの技術を移植したもので、Pixel Budsのタッチセンサーをタップしたまま話すと、翻訳後の音声がスマートフォンから出力されます。また、相手がスマートフォンのボタンをタップして話した文章も自分の言語に翻訳され、Pixel Budsを通して音声が出力されます。

Google翻訳のデータベースを利用した多言語翻訳が利用可能

Pixel Budsのリアルタイム翻訳にはGoogle翻訳のデータベースが活用されており、日本語や英語を始めとする合計40か国語を相互にリアルタイム翻訳できます。Google翻訳は2006年から続く無料の翻訳サービスで、現在では100か国語以上の言語を相互に翻訳できます。他の翻訳サービスとは異なる、ニューラルネットワークによる翻訳エンジンを用いており、文節ごとではなく文章全体を翻訳にかけることで精度の高い翻訳を実現しています。

進化する自動翻訳の活用方法とは:「事なきを得る」を「I get

ドラえもんの秘密道具の中に、食べるとどんな言葉でも(宇宙人とでも)話せるようになる 「翻訳こんにゃく」 という夢のような道具があります。まだまだ先の話だなと考えていました。2016年、GoogleがGoogle翻訳(Googleが提供するMT:機械翻訳・自動翻訳サービス)における飛躍的な品質の向上を発表しました。日本語への対応はヨーロッパ言語などに遅れてリリースされましたが、使ってみると明らかに従来のGoogle翻訳とは違っていました。「翻訳こんにゃく」の実現とまでは行きませんが、確実に近...


インバウンド業界でも導入が進むリアルタイム翻訳

さまざまな国籍の外国人が相手となるインバウンド業界では、リアルタイム翻訳の導入が少しずつ進んでいます。例えば、手のひらほどの大きさの端末で音声によるリアルタイム翻訳が行える「ポケトーク」は、交通機関やサービス業など500社以上の企業が導入しており、外国人とのコミュニケーションツールとして一定の地位を獲得しています。

Pixel Budsは、スマートフォンとペアリングしたイヤホンを耳につけるだけでリアルタイム翻訳が利用できるため、インバウンド業界にとっても魅力的なツールになりうると予想されます。

ポケトークやiliなど、数あるリアルタイム翻訳機

現在、インバウンド業界で利用されているリアルタイム翻訳機には、ポケトークiliなどいくつかの種類があります。これらの翻訳機は、リアルタイム翻訳という機能は一緒ですが、インターネット接続により高精度な翻訳を提供するタイプや、オフラインでも使えるタイプなど、いくつかの違いがあります。

Pixel Budsはスマートフォンとペアリングして使うため、インターネット接続が必須となります。しかし、スマートフォンと接続すれば場所を選ばずにGoogle翻訳の高精度な翻訳エンジンが使えるため、インバウンド業界にとっても魅力のある商品となるでしょう。

笑えるけど笑えない誤訳「堺筋線=サカイマッスル」インバウンド対応の機械翻訳活用には要注意

今年の3月18日、大阪メトロの公式サイトの外国語ページで複数の誤訳が見つかったという理由で、外国語ページが全面非公開に追い込まれたことは記憶に新しいでしょう。増え続けるインバウンド旅行客の利便性を向上させるつもりが、全く伝わらないどころか、笑いのタネにすらされてしまいました。今回は、そもそも機械翻訳ソフトはどのような仕組みで訳文を作り出しているのか、「機械翻訳ソフト」が「苦手なこと」は何か、インバウンドで成功するためにはどのように「多言語翻訳」に向き合えばよいのかを解説していきます。目次大...

自動翻訳機ili PRO(イリープロ)とポケトークの違い

インバウンド市場の拡大にともない、企業や店舗における音声翻訳機の導入事例が増加しています。中でもポケトークやiliなどの機種は業界トップのシェアを誇る人気機種で、海外旅行だけでなく接客の現場に役立つ機能が搭載されています。この記事では、接客向けに特化した新型オフライン翻訳機のili PROについて説明し、その後通常版のili(イリー)とポケトークそれぞれの特徴、機能、導入プランを比較します。企業や店舗においてどちらを導入すべきかについても解説します。目次ili PROとは?通常のiliと何...


リアルタイム翻訳で外国人との会話も簡単に

交通機関、サービス業、飲食店など、外国人と関わる機会の多い職業では、外国語への対応が重要な課題となります。しかし、従業員全員の語学力を向上させるには多大な時間資金が必要です。また、通訳や外国語の話せる従業員を雇う場合はある程度の賃金を上乗せすることが多く、人件費がかさみます。

Pixel Budsなどのリアルタイム翻訳を搭載したデバイスを導入すれば、本体費用通信費を払うだけで精度の高い翻訳が利用でき、より多くの訪日外国人とコミュニケーションが取れます。本体費用はPixel Budsの場合179米ドル、現在日本国内にて購入できる他の翻訳機でも2万円〜3万円程度と、安価インバウンド対策ができます。

最新の多言語接客支援ツール5選!外国人との会話・接客にお困りの飲食店・小売店の方を支援する心強いツールまとめ

今年2019年はいよいよラグビーW杯が開催され、また来年の2020東京オリンピック・パラリンピックに向けてインバウンドが急加速する年になります。そのため、日本各地で急ピッチで多言語化が進んでいます。その理由は、訪日外国人の障壁となりうる問題だからです。実際に、平成28年度に観光庁が実施した訪日外国人観光客に対するアンケート調査を見てみると、日本に来る外国人観光客が旅行中に困っていることの上位にいつも挙げられるのは、コミュニケーションの問題(第1位:32.9%)と多言語表示の問題(第3位:2...


外国人との円滑なコミュニケーションに、リアルタイム翻訳を活用

リアルタイム翻訳を搭載したデバイスは多く販売されており、中でもGoogle翻訳を利用できるPixel Budsはその精度が期待されています。外国語対応というインバウンド対策の中でも比較的大きな課題を乗り越えるために、リアルタイム翻訳という選択肢があることを知っておくと良いでしょう。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!