地下鉄初のAIチャットボット「Bebot」東京メトロが実証実験をスタート

公開日:2019年12月02日

訪日外国人旅行者が移動に苦戦する方法の1つが、東京の複雑な鉄道網です。特に地下鉄は駅構内が非常に複雑で、乗り換えに苦労します。

そこで東京地下鉄株式会社はインバウンド対策として、スマートフォン用のAI(人工知能)チャットボットサービス「Bebot(ビーボット)」の実証実験を行うと発表しました。

関連記事

銀座エリア最大級「GINZA SIX」のインバウンド対策とは
【海外の反応】渋谷駅はまるでダンジョンのよう?
オリンピック開催中の交通機関の混雑緩和対策とは?



インバウンドは銀座線各駅の情報を簡単にゲット

東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)ならびに株式会社ビースポーク(以下、ビースポーク)は、11月29日、スマートフォン用のAI(人工知能)チャットボットサービス「Bebot(ビーボット)」の実証実験を、2019年12月1日から2020年2月29日まで、実施することを発表しました。

AIチャットボット「Bebot」実証実験

AIチャットボット「Bebot」実証実験

インバウンドのさらなる利便性向上に貢献

「Bebot」は、テキストで自動的に対話するプログラム。AIによってインバウンド向けにコンシェルジュ業務を行います。

今回の実証実験では、インバウンドの利用が多い銀座線の浅草から渋谷まで、全19の各駅に対応。乗車券案内、駅構内のバリアフリー情報や乗り換え案内、駅周辺の観光案内等の問い合わせに対し、英語を使ってリアルタイムに案内することが可能です。

なお、利用代金は無料で、利用方法は簡単。アプリ等のダウンロードは必要なく、自身のスマートフォンで、銀座線各駅の駅事務室や駅構内に掲出されている「Bebot」案内ポスターのQRコード(R)をスキャンするか、ポスター記載のURLにアクセスすることで、「Bebot」のチャットサービスがスタートします。

東京メトロは、今回の実証実験を通じ、インバウンド需要やAIの有効性などを検証。今後のインバウンド対策に生かしていく考えです。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

東京メトロ/ビースポーク プレスリリース
https://www.tokyometro.jp/

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。