欧州最大・日本の「オタクカルチャー」の祭典『Japan Expo 2019』に出展した京都ブースの戦略とは

公開日:2019年12月02日

2019年7月4日〜7日の4日間に渡り、欧州最大の日本カルチャー発信イベント「第20回 Japan Expoフランスのパリで開催されました。

2018年は24万人以上を動員した本イベントでは、2019年も日本文化の多様性を発信するとともに、観光エリアでは自治体が出展し地域の魅力を発信しています。

今回は、京都ブースにおける取り組みについて、京都市観光協会のレポートを参考に、フランス市場のインバウンド需要の最新動向を見ていきましょう。


「Japan Expo 2019」は来場者層に変化が

フランスでは、日本のマンガやアニメ、ゲームといったポップカルチャーが非常に人気で、Japan Expoでも毎年さまざまなマンガやアニメのキャラクターのコスプレをした来場者が見受けられます。

日本のポップカルチャーは、日本文化や訪日旅行への興味を持つきっかけになるケースも多く、若い世代もいつか日本を旅行したいといった気持ちが強まり、インバウンド誘客促進への可能性が見込まれます。

これまでの来場者層は、10代や20代のミレニアル世代が中心でしたが、第20回目の開催となった今年は、家族連れの増加が顕著となりました。

背景としては、第1回開催から参加していたミレニアル世代が親世代になり、家族で参加するイベントへと変化したことが考えられます。

ベビーカーを押しながら参加する家族や、親子でコスプレをする参加者も多く、日本ファンが次の世代にも広がってきている現状やさらなる可能性を感じる機会となりました。

年間220億円の売上げも!サブカル&中古時計がインバウンドを呼び寄せる「中野ブロードウェイ」「まんだらけ」はなぜ強い?

日本のアニメやゲーム、漫画は、いまや海外でも大人気となっており、近年では聖地巡礼を楽しむ「アニメツーリズム」がブームです。アニメやゲームといえば秋葉原が人気ですが、実は近年中野ブロードウェイにも世界中からコアなファンが集まってきています。今回は、インバウンド客も多く訪れる中野ブロードウェイの実態やインバウンドの受け入れ態勢について解説していきます。関連記事知らなきゃマズイ日本のアニメ"88の聖地"とは?目次「サブカルの聖地」中野ブロードウェイとは?「まんだらけ」を中心にコアなファンが海外か...

日本のポップカルチャーを世界に発信するTokyo Otaku Mode、ニッセイ・キャピタルから資金調達を実施

[Tokyo Otaku Mode Inc. 日本支店]アニメ、マンガ、ゲーム、音楽、ファッションなど日本のポップカルチャーを世界に発信するTokyo Otaku Mode Inc.(米国デラウェア州 代表 亀井智英、CEO 小高奈皇光、以下「TOM」)はこの度、ニッセイ・キャピタル株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有馬 英二、以下「ニッセイ・キャピタル」)を引受先とする第三者割当増資を実施し、資金調達をおこないました。TOMは、各種ソーシャルメディアを通じて日本のポップカル...

京都の「本物」の魅力を発信

京都市観光協会は京都市とともに、3年ぶりにJapan Expoに出展しました。

京都は文化上の全面的移転を控え、クリエイティブに関する企業の移転や京都拠点のオープンが相次ぎ、本物の日本・京都の伝統文化や産業などについて、世界からの注目がより一層高まっている状況です。

多くの日本ファンが訪れるJapan Expoでは、京都のコンテンツ企業の紹介・PRをはじめ、殺陣や忍者・扇子作り・和菓子作り・マンガ制作といったさまざまなコンテンツの実演など、京都の"本物"にこだわり魅力を発信しました。

各種実演や体験ブースでは、本物の日本文化を実際に見たり体験できる点が好評で、非常に盛り上がったとのことです。京都のコンテンツ企業は、ゲーム・AR/VR体験、京都国際マンガミュージアムや学校関係者によるマンガ制作の実演、学生による似顔絵制作などを実施しました。

過去に京都ブースを訪れたことがある来場者からは、3年ぶりの出展を歓迎する声も寄せられています。

友人からの口コミなどで初めて京都ブースを訪れた来場者もおり、新たな京都ファンの獲得にも繋がりました。

【最新ランキング】日本の人気観光地は?外国人の支持1位はなんと6年連続「京都伏見稲荷大社」

近年高まるインバウンド需要の影響もあり、日本国内の観光地に多くの観光客が足を運んでいます。例えば京都は日本人にも外国人にも人気の観光地ですが、日本人に人気の観光地が外国人にも人気かというと必ずしもそうではないため注意が必要です。反対に、特定の国の観光客に人気となっている地域もあります。例えば佐賀県はロケツーリズムの関係でタイ人が多く訪れており、イスラエル人は歴史上ゆかりの深い杉原千畝の記念館を訪ねるため岐阜県に足を運んでいるといいます。最近では中華圏の人気歌手がMV(ミュージックビデオ)を...

フランス人に人気のマンガで京都の魅力を紹介

京都ブースにはインフォメーションデスクを設置し、京都国際マンガ・アニメフェア2019やラグビーワールドカップ2019のPR、葵祭・祇園祭・旅館に関するマンガ等を配布し、来場者に馴染み深いマンガを用いた京都の魅力PRを実施しました。

フランスにおけるマンガ人気は非常に高く、日本レストランが立ち並ぶオペラ地区には、ブックオフや日本のマンガを取り扱うお店もあります。

基本的に日本のトレンドをいち早くキャッチし、日本人と同じように旬のマンガを楽しもうとする傾向にあるほど、フランスのマンガ熱は顕著です。

来場者からも、マンガで楽しく学べてわかりやすいといった声が挙がり、プロモーションは好評だったとのことです。

ブース内のメインモニターでは、京都の知られざる名所を含む京都のプロモーション動画をはじめ、旅館や温泉のPR映像も上映し、京都観光全体のプロモーションを展開しており、京都の地方都市へのインバウンド誘客促進が期待されます。

京都市の市バスが抱える問題とは

日本各地で訪日観光客が増えています。その中でも圧倒的なインバウンド勝者と言えるのが京都です。観光都市として非常に人気で、観光客が押し寄せ、こうした事態を乗り切るために他の地域に先駆けて様々な観光政策を打ち出してきました。しかしながら、インバウンド需要が市民生活に豊かさをもたらしたかと言われれば、複雑な問題を抱えているのも確かです。特に、交通機関の混雑は代表的な「観光公害」の一つです。京都市を走るバスは乗客の需要があるにもかかわらず、近年は運転手の確保に苦労しているそうです。免許取得のための...

まとめ:本物の日本の魅力を発信し、インバウンドのフランス市場の活性化へ

フランスでは、2018年に日仏友好160周年を記念した文化交流イベント「Japonismes」の開催により、日本文化への関心拡大が顕著です。

日本の伝統文化やポップカルチャーをきっかけに、訪日旅行の認知や関心拡大も今後大いに見込めるでしょう。

インバウンドのフランス市場の活性化に向けて、マンガやゲーム、コスプレ、伝統工芸など、あらゆる角度から本物の日本の魅力を発信していくことが期待されます。


<参照>

・京都市観光協会:フランスで開催されたJapan Expo 2019に出展しました!

・PR TIMES:Japan Expo 合同会社

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!