ポケモンGO好き外国人がハマる「沼」限定ポケモンが地方創生の救世主になる理由

公開日:2019年12月24日

国内外で人気のポケモンGOは、スマホなどで利用できる仮想現実モバイルゲームです。

ポケモンGOには、地域限定ポケモンやプレイヤー同士の交流など、訪日外国人へのアップローチのきっかけとなる要素が多く含まれています。

この記事では、ポケモンGOの概要と、インバウンド需要との関連性についてご紹介します。

関連記事
ポケモンGOがただのスマホゲームで終わらない理由
【韓国】ポケモン人気にみる日韓関係
中国で人気のキャラクター紹介

ポケモンGOの概要

ポケモンGOは、ポケモンの世界観を現実世界とリンクさせて体験ができる仮想現実モバイルゲームです。

ポケモンの世界では、街中や草むらなどにポケモンが潜んでおり、彼らに対してモンスターボールと呼ばれる捕獲用のボールを投げつけることで、自分の仲間として加えることができます。

この世界観をスマホなどの端末を通して現実世界でも体験できるようにしたのがこのポケモンGOです。

街中で出現するポケモンに対してモンスターボールを投げることができ、アプリの中でポケモンを集めることができます。

端末の画面を通してみると、あたかも現実世界に実際にポケモンが出現したかのように感じられ、子どもだけでなく、幼少期にポケモンで遊んだ大人にも支持されるゲームです。

ポケモンは日本で生まれたゲームですが、その人気は日本のみにとどまらず、世界中にファンがいます。

海外でもポケモンが好きな大人が多く、SNSなどにはポケモンが出現するとされる場所に集まる人々の様子が投稿されています。

ポケモンGOの遊び方

ポケモンをゲットするためにはまず、所定の場所でモンスターボールを手に入れる必要があります。

つまりポケモンGOでは、ポケモンを捕まえるためには実際に外出する必要があります

自分のGPS情報から付近にいるポケモンを探すことができ、そのエリアまで行くことでポケモンを捕まえることができます。

ポケモンGOの中には図鑑があり、自分が捕まえたポケモンを図鑑で鑑賞することもできます。

すべてのポケモンを集めることも、このゲームの目標の一つと言えます。

捕まえたポケモンは、道具などを使うことで進化させられます。さらに、鍛えたポケモンでジムバトルに参加することも可能です。

期間限定でレイドボスと呼ばれるボスと戦うことができたり、それらのポケモンをゲットするチャンスがもらえたりすることもあります。

ポケモンGOの醍醐味の一つはイベントに期間限定のものが多く、レア度の高いポケモンをゲットするためには、タイミングよくゲームを利用しなければならない点にあります。

「ポケモンGO好き」が世界から日本に来る理由

限定になっているのは期間だけではなく、地域限定のポケモンも存在します。

「地域」の範囲は様々で、沖縄限定など都道府県ベースの限定のポケモンやアメリカ、オーストラリアや、東半球限定のポケモンなども存在しています。

例えば、サンゴをモチーフにした「サニーゴ」というポケモンは、沖縄、タイ、インドなど暖かいエリアで捕獲が確認されているなど、ポケモンの持つ特徴と現れる場所に関連性を持たせているようです。

地域限定ポケモンが訪日外国人を誘致

ポケモンは期間限定や地域限定の場合もあり、簡単に攻略できないことがユーザーを虜にしている一因と言えます。

さらにポケモンGOの攻略を難しくしているのが、同じ種類で対になっているポケモンの存在です。ペアとなっているポケモンの片方は南半球、もう片方は北半球などの出現エリアに設定されているケースもあります。

ポケモンGOの図鑑でコンプリートを目指している人や自分の国では出会えないポケモンをゲットしたいと考える外国人にとって、日本限定で獲得できるポケモンの存在は来日へのモチベーションとなるでしょう。

またポケモンGOでは、事前にプレイヤー同士でコンタクトを取ることも可能です。ゲームを通じて知り合った外国人の友達が、日本で実際に会うことも楽しみの一つとなり得るでしょう。

地域限定ポケモンとその出現場所

地域限定ポケモンの出現場所の例としては、下記の通りです。

カモネギ 
日本・韓国限定のポケモンです。

日本では強風の際などに大量発生することもあるそうですが、この二つの国以外では入手できない仕様となっています。

バルビート 
日本、ヨーロッパ全域、アジア全域(ロシア含む)、オーストラリア・ニュージーランド限定のポケモンです。

対の存在である「イルミーゼ」というポケモンは、南北アメリカ、アフリカ大陸に出現します。

ルナトーン
日本、ヨーロッパ全域、アジア全域(ロシア含む)、オーストラリア・ニュージーランド限定のポケモンです。

対の存在である太陽の形をしたポケモン「ソルロック」は、南北アメリカ、アフリカ大陸に出現します。

カラナクシ(ひがしのうみ)
日本、オーストラリア・ニュージーランド、アジア全域(ロシア含む)、経度0度から東側のヨーロッパ・アフリカ限定のポケモンです。

カラナクシは、食べ物や水の環境によって姿が変わるので、同じポケモンでも西と東で見た目が異なります。

カラナクシ(ひがしのうみ)が水色の身体をしているのに対し、対となるカラナクシ(にしのうみ)はピンク色の身体をしています。

カラナクシ(にしのうみ)はアメリカ南北大陸・アフリカ大陸を中心に経度0(ゼロ)度の西側に出現します。

外国人とフレンドになるメリット

ポケモンGOのゲームの中では、ユーザー同士の交流も可能であり、国内だけでなく海外のプレイヤーとも友達になることができます。

またプレイヤー間でのポケモンの交換もできるので、その友達の持っている地域限定ポケモンなど希少なポケモンを入手できる可能性もあります。

フレンドになる方法

フレンドを見つける方法は様々ですが、「ポケモンGOフレンド募集掲示板」を利用したり、Twitterで「#PokemonGOfriend」というタグをつけて発信したりすることで、同じようにフレンドを探している世界中のプレイヤーとつながることができます。

海外のポケモンGO公式アカウントの投稿に、タグをつけてリプライをするのが最も効率よく海外のフレンドを見つける方法と言えるでしょう。

国によって使用言語は異なりますが、まずは英語で投稿してみるというのが一般的なようです。

ポケモンGOにはそれぞれのアカウントごとにトレーナーコードが決められているので、それを相手に教えることで、ゲーム内でのつながりを持つことができます。

海外のフレンド募集掲示板

海外のフレンド掲示板でも、同様に世界中にポケモンGO友達を欲しいと思っている人々が書き込みを行っています。

プレイヤー同士はポケモン本体を交換するだけでなく、贈り物を交換することもできます。

またポケモンの移動距離が長いほどポイントが貯まる制度もあるので、遠くの国の友達がいることは様々なメリットがあります。

Twitterでフレンドを募集する際の例


Twitterでの発信は、一気に世界中に広めることができます。特に、公式アカウントへのリプライは、同様に海外のポケモンGO友達を探している外国人も見ている可能性が高いです。さらに、「#PokemonGOfriend」というタグは、多くの人が見る可能性があるので、まずはこの方法で友達を探すのが一般的なようです。

ポケモンGOを地域活性化に活かす

ポケモンGOは期間限定や地域限定を利用し、ゲーム自体の難易度が高くなっているため子どもだけでなく、大人も熱中するスマホゲームとなっています。

同ゲームのファンは、国境を越えてゲームを進めたいと考えるほど、キャラクターに対する思い入れが強い場合も少なくありません。地域限定ポケモンは、外国人にとっては日本を訪れるための理由の一つにもなり得ます

これらのプレイヤー間の交流などの機会を創造し、地域のブランディングに取り組めば、地域の活性化や観光客の増加につなげられる可能性も小さくはないでしょう。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!