コロナウイルス感染予防対策「基本的な衛生管理」が有効:新型肺炎の拡大を防ぐ、ホテル・小売店スタッフ必須の心がけ&関連最新情報

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス(COVID-19)について、連日ニュースで報道されています。ここ数日で学術誌に新型コロナウイルス感染症に関する論文が続々と掲載されるなど、ウィルスの詳細についても次第に明らかになってきました。

インバウンド事業者は最新の情報を把握したうえで、迅速な感染予防対策を取ることが求められます。特にホテルや小売店スタッフなど、お客さまと接する機会の多い人は、より対応を徹底する必要があるでしょう。

今回は、新型コロナウイルス(COVID-19)の新情報と、感染予防対策についてまとめました。

関連記事
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!
【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」
新型コロナマップまとめ

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

新型コロナウィルスの主な症状とは?

次第に明らかになってきた、新型コロナウイルス(COVID-19)の特徴。その症状とはどのようなものなのでしょうか。

風邪に似た症状だが、発熱を伴わないことも

WHO(世界保健機関)によれば、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染して発症した場合、主に発熱や咳、息苦しさ、呼吸困難といった呼吸器の症状が出るとされています。風邪に症状が似ていますが、発熱などの症状を示さない感染者も確認されています。

重症化した場合には肺炎を引き起こしたり、腎臓の機能低下によって死亡することもあるということです。これまでに死亡した人のほとんどは、高血圧や糖尿病、心臓や血管の病気といった、免疫を低下させる持病があったといいます。

26日に行われた中国衛生当局の会見では、感染してから症状が出るまでの潜伏期間は平均で10日前後、最短で1日、最長で14日と発表されています。

致死率は3~4%程度とみられていますが、感染が拡大しており正確な致死率や、どのくらい重症化しやすいかは分かっていません。引き続き続報に注目する必要があるでしょう。

発熱だけではない!さまざまな初期症状に注意

武漢大学付属病院は、新型コロナウイルス(COVID-19)の症状について新たな発見をしたことを明らかにしました。それによれば、風邪やインフルエンザに似た兆候が現れるのは肺炎の後期で、初期症状のパターンは決まっているわけではないということです。

新型コロナウイルス(COVID-19)の初期症状としては、下痢や吐き気、その他消化器系の異常や頭痛などがあり、動悸や胸部圧迫感がみられるケースもあるということです。

高熱などの典型的な初期症状がないからといって対策を十分に行わないと、感染が拡大してしまうリスクがあるので注意が必要です。

新型コロナウイルス感染予防対策

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しないためには、どのような予防対策をするべきなのでしょうか。

コロナウイルスに限らず、感染予防のためには個人個人が体調管理を徹底しつつ、基本的な衛生管理を欠かさない心がけが必要となります。

手洗い、うがいなど基本的な衛生管理を欠かさない

まず、こまめに石けんで手洗いをしてアルコール消毒をする、うがいをするなどの基本的な衛生管理は欠かせません。

ドアノブなど人が頻繁に触れる場所に対するアルコール消毒も予防に有効と考えられます。寒い時期は窓を閉めっぱなしで過ごすことになりがちですが、定期的に換気を行うことも良いでしょう。

マスクを着用し、こまめにマスクを交換するようにしましょう。もしマスクがない場合も、咳やくしゃみが出るときには口や鼻を肘やティッシュで覆うようにします。手で顔の周りをむやみに触らないことも大切です。

動物性の食べ物に注意。しっかり休息をとることも大切

基本的な衛生管理以外にも気を付けたいことがあります。

まず、生ものや火が完全に通っていない動物性の食べ物は食べないようにしましょう。さらに熱がある人や咳をしている人との近距離・長時間の接触も避けるべきでしょう。

免疫力が低下していると感染のリスクが高まるため、睡眠や休息、食事をしっかり取るなどして自己免疫を高めることも効果的です。

<参照>

NHK NEWS WEB:新型肺炎 今回のコロナウイルスの症状は

Yahoo!ニュース:最新論文から明らかになってきた新型コロナウイルス感染症の特徴

Yahoo!ニュース:新型コロナウイルス感染症の「感染力」はどれくらい強いのか?

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに