WHOがついに命名「COVID-19」:新型コロナウイルス正式名称は差別に対する配慮がにじむ

公開日:2020年02月13日

世界保健機関(WHO)は2月11日、ついに「COVID-19」と命名したことを発表しました。2019年12月に感染が確認されてから、暫定的に「2019-nCOV」と呼ばれていました。日本では「新型コロナウイルス」「新型肺炎」と呼ばれています。

正式に「COVID-19」となった新型コロナウイルス(COVID-19)は世界へと拡散し、感染者は25か国、43,103人にまで拡大しています。

日本国内では、2月12日に武漢市からのチャーター機で帰国した日本人2名が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることが確認されました。さらに2月3日から横浜港に寄港しているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」から、延べ492名の検査中174名が陽性となりました。

感染拡大が広がり続ける中、なぜ新型コロナウイルスは「COVID-19」と命名されたのか、2月11日にスイス・ジュネーブ開かれた記者会見からご紹介します。

関連記事
新型コロナウイルスで天皇誕生日の一般参賀まで中止に!
【コロナウイルス】ついに死亡例が確認、中国渡航歴なし患者も
日本政府のコロナウイルス対策に不安と不満が爆発
韓国がついに日本を「渡航自粛」対象に

正式名称は「COVID-19」

WHOのテドロス・アダムス事務局長は2月11日、スイスのジュネーブで記者会見を開き、新型コロナウイルスが引き起こす症状について「COVID(コヴィッド)-19」と命名したことを発表しました。

武漢への配慮から地名避ける

武漢で発生した新型コロナウイルスはこれまで正式名称がなく、「2019年に発生したコロナウイルス」と「新しい」という意味の「novel」の頭文字から、暫定的に「2019-nCOV」と呼ばれてきました。

しかし欧米などの一部メディアでは、感染の拡大が最も深刻な武漢にちなんで「Wuhan Virus(武漢ウイルス)」などと呼ばれることもありました。正式名称がないことで「中国ウイルス」や「武漢ウイルス」などの一般呼称が広がると、将来的に差別につながる恐れがあります。

WHOによる命名は、風評被害を避けるため、動物や特定の集団などと関連付けず発音しやすい名前を検討した結果、決定されました。Coronavirusから「COVI」、Disease(疾病)から「D」を取り、発生年である2019年の「19」を付けた形です。

テドロス事務局長は会見で、

地名や動物とは関係ない名称にする必要があった。これ以外の呼ばれ方によって、負のらく印が押されることを防ぐことは重要だ

と述べ、武漢への配慮をにじませました。

ワクチンの開発には18か月

さらにテドロス事務局長は、新型コロナウイルスのワクチンの開発に18か月かかるとの見通しを示したうえで、「今できる全ての対策をとる必要がある」と述べました。

新型コロナウイルスの治療法や、ワクチンの開発などを協議する専門家の会合が、2月11日からジュネーブで始まっています。世界各地の研究者や中国で治療に携わる医療関係者など、約400人が2月12日までの2日間、電話やインターネットも活用して協議し、有効な治療法の確立やワクチン開発に向けた計画を作成することとなっています。

<参照>

・NHK NEWS WEB:新型ウイルスの病状「COVIDー19」と命名 WHO

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!