専門家会議「完璧な感染防止は不可能」、新型コロナウイルス感染拡大は止められないのか?

公開日:2020年02月25日

政府の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が2月24日に開催され、新型コロナウイルスの国内流行に関する見解を公表しました。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解は「1人1人の感染を完全に防止することは不可能」「これから1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際」としています。

関連記事
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!
【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」
コロナショックの今こそ明るい話をしよう

専門家会議「1人1人の感染を完全に防止することは不可能」

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議とは、新型コロナウイルス感染症の対策について医学的な見地から助言等を行うことを目的に開催されます。

2月24日に行われた新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、さらなる国内感染の拡大を防止するために

1~2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際となります。

と公表しました。もしもさらなる感染拡大が進めば、患者数が急増、医療従事者への感染リスク増大、医療提供体制の破綻を招き深刻な混乱が起こることが予想されます。

そのため新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、感染の拡大のスピードを抑制し可能な限り重症者の発生と死亡数を減らすことが重要だとしています。

今後の予防対策は?

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議が発表した主な感染経路と体調が悪くなった場合の対処法についてご紹介します。

感染経路

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染経路は咳(せき)やくしゃみなどの飛沫感染と接触感染が主体としており、空気感染は起こってないとの従来の見解を示しました。

  • 不特定多数の人が集まる
  • お互いに手の届く範囲で対面での会話が一定以上続く

上記のような環境で1人から多数の人へ感染が広がる、様々な場所で続けて感染が起こることがもっとも懸念されるとしています。

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の副座長、尾身茂・地域医療機能推進機構理事長は24日夜に開かれた記者会見で

何でも自粛をということではないが、手の届く範囲で飲食する立食パーティーや飲み会などはなるべく避けてほしい

と話しました。既に自粛傾向にあった大規模な国内イベントだけでなく、飲み会などの小規模は集まりにも影響が及ぶと考えられます。

また業務に関してもリモートワーク、オンライン会議などのできうる限りの工夫を求めています。

体調が悪い場合どうすべきか

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議では、風邪や発熱などの軽い症状が出た場合、外出をせず自宅療養するように示されています。

ただし、下記の場合は各都道府県に設置されている「帰国者・接触者相談センター」に相談を促しました。

  • 風邪の症状や37.5°C以上の発熱が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならないときを含む)
  • 倦怠感(強いだるさ)や息苦しさ(呼吸困難)がある
  • 高齢者や基礎疾患等のある人で、上の状態が2日程度続く場合

また心配だからとすぐに医療機関を受診することは、感染拡大をの恐れがあるため控える方が良いでしょう。

政府の基本方針が25日に発表予定

新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の内容を踏まえ、安倍首相は政府の基本方針を25日に公表すると決めた。

その政府の対応に「遅すぎる」との批判が多く寄せられています。

新型コロナウイルス対策専門家会議に関するTwitter投稿
▲Twitter投稿:編集部スクリーンショット

Twitter:新型コロナウイルス対策専門家会議に関する投稿(https://twitter.com/nogutiya/status/1231853204058472448)


新型コロナウイルス対策専門家会議に関するTwitter投稿
▲Twitter投稿:編集部スクリーンショット

Twitter:新型コロナウイルス対策専門家会議に関する投稿(https://twitter.com/Dgoutokuji/status/1229246961594691584)



関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!