【WHO】新型コロナウイルスマップ公開:感染者数・死亡者数・感染確認国・感染者の累積数まで確認可能

公開日:2020年03月02日

3月1日午後4時時点で、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数は87,161人、60か国で確認されています。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染の不安からかデマ情報が流れるなど、世界各地で混乱が起こっています。

WHO(世界保健機関)は冷静な対応を求めると共に、世界の感染状況を正確に発信するためコロナマップを公開しています。

関連記事
新型コロナウイルス3月まとめ
IOC委員「オリンピック延期」発言、開催は2021年?
【アメリカ】新型コロナで3月失業数が史上最悪予想
台湾版「マスクマップ」で混乱を鎮静化

Novel Coronavirus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)

WHOは新型コロナウイルス(COVID-19)の感染状況を発信するため、「Novel Coronavirus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)」を公開しています。

▲[Novel Coronavirus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)]:WHO(世界保健機関)
▲[Novel Coronavirus(COVID-19)Situation(新型コロナウイルスの感染状況マップ)]:WHO(世界保健機関)

このマップでは、新型コロナウイルス感染者数・死亡者数・感染確認国などが確認できます。

さらに地図左側には新型コロナウイルス(COVID-19)感染者数の日別と全体の累積数も表示されています。

リアルタイムではありませんが、正確な感染状況を把握できます。

【世界マップまとめ】新型コロナウイルス感染感染者・死亡者・累積症例数など丸わかり6選

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、様々な情報が錯綜する中、最新の情報を一目で確認できる「コロナマップ」が注目されています。この記事では、世界地図で感染状況がわかるコロナマップ4つと日本人向けのコロナマップ2つをご紹介します。関連記事【速報】聖火リレー中止、チケットや選手たちはどうなる?IOC委員「オリンピック延期」発言、開催は2021年?【速報】アメリカついに「海外渡航中止」「帰国」勧告ジェットスターが定期国際便を一時停止目次おさえておきたい世界の新型コロナマップ4選...

WHO Health Emergency Dashboard(健康危機ダッシュボード)

WHOは、国際保健規制(IHR 2005)で義務付けられている公式チャンネルを通じて報告された緊急事態情報の発信を地図でも行っています。

IHR(International Health Regulations: 国際保健規則)とは、WHO 憲章第21条に基づく国際規則で、国際交通に与える影響を最小限に抑えつつ、疾病の国際的伝播を最大限防止することを目的としています。

1951年に国際衛生規則(ISR)として制定後、1961年国際保健規則と改名されました。

さらに世界情勢の変化から、国際的な公衆衛生上の緊急事態が発生する可能性がある全ての事象を報告するように定めた国際保健規制(IHR 2005)が2007年6月に発効されています。

▲[WHO Health Emergency Dashboard(健康危機ダッシュボード)]:WHO(世界保健機関)
▲[WHO Health Emergency Dashboard(健康危機ダッシュボード)]:WHO(世界保健機関)

WHO Health Emergency Dashboard(健康危機ダッシュボード)は、WHOが確認している世界中の病気の発現、または病気の可能性を生み出す出来事と緊急事態(健康、生命、財産、環境リスク)を確認できるマップです。

マップの情報は15分ごとに更新され、円グラフのサイズは特定の国または地域のイベントの数に対応しています。

地図に表示されている円をクリックすると、どんな緊急事態が発生しているのか確認できます。

緊急事態とされる事象は、下記の11つに分類されています。

  • Animal
  • Chemical
  • Food Safety
  • Infectious
  • Disaster
  • Nutritional deficiency
  • Product
  • Radionuclear
  • Undetermined
  • Zoonosis
  • Societal

新型コロナウイルス(COVID-19)が流行している日本は、「Infectious」に分類されています。

新型コロナウイルス(COVID-19)に限らず、紛争など様々な緊急事態が確認できるため、世界情勢の把握や渡航先の参考に役立ちます。

韓国版「コロナマップ」600万ビュー突破!コロナウイルス感染者の移動ルート可視化:NAVERが学生を無料支援

2月3日から横浜港に到着していたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客から10人の新型コロナウイルス検査の陽性が確認されました。新型コロナウイルス検査の陽性が確認された10人は、2月5日午前8時ごろに神奈川県内の医療機関へ搬送されました。また残念なことに、在ミクロネシア日本大使館はホームページ上で、ミクロネシア政府が2月3日から日本が新型コロナウイルスの感染地域・国であると指定したと公表しています。それに伴い日本からミクロネシアに入国する際には、非感染地域であるグアムやホノルルなど...

【速報】コロナウイルス「感染・死亡・回復」データを可視化 中国の速報サイトが話題、6億ビューに

本日28日に開かれたコロナウイルス対策推進本部会議で加藤厚生労働大臣が、武漢からのツアー客を乗せたバスを運転していた60代男性(奈良在住)が、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したと発表しました。日本国内在住者で武漢渡航歴のない人の感染は初めてで、人から人へ感染した可能性があるとのことです。このほかに2人の感染者が確認されており、国内で確認された感染者は合計7人となりました。コロナウイルスに関して、日々変化する状況をいち早く把握するために、中国では杭州・医療系ユニコーン企業「丁香...

<参照>

WHO:Novel Coronavirus(COVID-19)Situation

WHO:WHO Health Emergency Dashboard

厚生労働省:国際保健規則(IHR2005)について

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!