日韓ビザ免除停止で韓国入国にビザが必要に/韓国の意見や経済への影響は?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス(COVID-19)は韓国でも感染拡大を引き起こしました。韓国では3月10日0時時点で、感染者が7513人に達し、死者は54人であると発表しています。

日本は3月9日より韓国に対するビザ免除を停止し、また発給済みのビザを無効とする措置を開始しました。これに対し韓国政府も対抗措置として、日本人に対するビザ免除を停止する措置を開始することを表明しており、日韓の対立が深まっています。

この措置により、日本国籍保持者が韓国へ、あるいは韓国国籍の保持者が日本へ来る場合にはパスポートだけでは入国できず、ビザの発給を受けなければならなくなりました。

駐日本国大韓民国大使館の「領事部からのお知らせ」によれば、韓国では4月以降、入国するすべての韓国人と外国人を対象に14日間の隔離を義務付けています。

入国の際には健康状態質問書と特別検疫申告書を作成することを義務付け、入国時の検疫や滞在先の申請に加え、スマートフォンへのアプリのインストールを求める措置をとっています。アプリには14日間毎日記録を入力します。

2020年3月の日韓ビザ停止の詳細と、ビザ停止による影響についてお伝えします。

2020年9月18日追記:
韓国外交部は4月9日、短期査証効力停止及び査証免除協定・無査証入国について、暫定停止する旨を報道発表しています。
また5月下旬に日本政府により、韓国人に対するビザなし入国制度の効力停止について延長することが発表されました。 

関連記事
韓国版「マスクマップ」登場!
アメリカ、フランスのディズニーも続々閉鎖!
【速報】WHO「新型コロナウイルスはパンデミック」

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

日韓でビザ免除停止と発給済ビザ無効へ

日本政府が水際対策として打ち出した中国・韓国・イランからの入国審査の厳格化に対し、韓国は強く反発を示しています。

韓国人約1万7,000人に影響、実質入国不可能に

日本政府は3月6日の閣議で、水際対策強化として、感染者の多い中国と韓国について発給済みのビザを無効とする措置を決定しました。

3月9日午前0時から開始され、停止されるビザは中国で約280万人、韓国で約1万7,000人にのぼるとみられています。

また、これまで韓国と香港、マカオについて、90日間以内の日本滞在の場合にはビザが免除されていましたが、これも3月9日午前0時から措置が停止されています。

日本にすでに入国している人については、日本から出国した時点でビザが無効となります。

一連の対応により、中国と韓国から日本に入国する外国人は、新規のビザを取得しない限り、日本に入国することができなくなりました。しかし現在、日本政府は新規のビザ申請に慎重な審査を行っており、中国と韓国から日本へ入国するためのビザの取得はかなり難しい状況です。

日本政府は、中国と韓国からの入国した人に対し、医療施設などで2週間待機するよう要請しています。

ウイルス対策が政治論争化:韓国からの対抗措置

韓国政府は、3月9日から日本人のビザ免除の停止、及び発行済みビザを無効とする措置を開始しました。

また同日、韓国外務省は日本への渡航に関する警報について、4段階で下から2番目となる「旅行自粛」に引き上げ、「感染の恐れが一層懸念される状況」として警告しています。

これらの韓国の対応は、一連の日本の対応に対する、対抗措置とみられています。

韓国は3月6日、日本への対抗措置を検討するNSC(国家安全保障会議)の常任委員会の会議後、大統領府が

相互主義にのっとった措置を含む必要な対応策を検討する

と発表し、日本に対して

事前の協議なく不当な措置を取ったことは納得しがたい

と強い反発を示していました。

3月8日、大統領府の報道官は、

日本の過度で不合理な措置に、韓国は節度あるやり方で相応の措置をとった

とのコメントを出しました。

国際社会では政治的論争を批判する声も

日韓両国の入国制限措置をめぐって、世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するマイク・ライアン氏は、3月6日の記者会見で、

渡航制限は証拠に基づいて慎重に検討され、短期的であるべきだ

と指摘しました。両国の感染対策は評価したうえで、

双方ともウイルス対策を強化し、人命を救っている。渡航制限を巡る政治的な論争ではなく、そのことに集中すべきだ

と述べ、政治的論争を批判する姿勢を見せています。

ビザの免除協定・無査証入国の暫定停止の影響は?

日韓のビザ停止に伴い、観光業に大きな打撃となることはわかりますが、その他へどのような影響があるのか簡単にまとめました。

出張や就職活動に影響

両国の入国制限を受け、ビジネスでの往来は激減し、韓国在住の日本人や日本国内で働く韓国人には混乱が広がっています。日本国内で事業を行っているある韓国人の会社は、急遽社員の韓国出張をすべてキャンセルしました。

出張が困難となることで対面での商談ができず、書面や電話での対応に限られることで、ビジネスへの影響が懸念されます。

影響は就職活動にも及んでいます。韓国で大学を卒業し、学生ビザから就職活動ビザへの更新を予定していた日本人学生は、韓国でビザを更新できなければ帰国を余儀なくされると困惑しています。

3月9日からの入国制限措置前に出国しようと、両国の主な空港は出国する人々で混雑しました。

韓流スターの日本公演に影響

韓国からの入国制限措置に伴い、日本で根強い人気を誇るK-POPの公演にも影響が出ています。

3月6日、人気グループ「SUPER JUNIOR(スーパージュニア)」は、3月25~26日にさいたまスーパーアリーナで予定していた公演の開催を見送ることを発表しました。

4月3~5日に千葉・幕張メッセで予定されていた大型韓流フェスティバル「KCON 2020 JAPAN」についても、3月6日に開催延期が発表されています。

影響は韓国人アイドルだけではなく、日本人アイドルにも波及すると予想されます。

韓国・文大統領の支持率は上昇

一方で、韓国の文在寅大統領への支持率は上昇しています。韓国・ギャロップが3月3~5日に実施した調査によれば、文大統領の国政支持率は前週よりも2ポイント上昇し、44%となったと報じました。

支持する理由として「新型コロナウイルスへの対応」が37%とトップを占めており、直近の韓国政府の対応に一定の評価が集まっていることがうかがえます。

日韓関係に影響を与えた新型コロナウイルス

すでに両国の入国規制は始まっており、この状態が続けば両国ともに良い結果にならないことは明白です。

文在寅大統領への支持率は上昇しているものの、入国規制強化による影響が韓国社会にどのような影響をおよぼすのかはまだ見えない部分もあります。

社会や経済への影響の大きさや規制長期化の可能性を考えれば、今後支持率にも影響することが懸念されます。

国際社会では感染対策の域を超え、政治的論争に発展することを懸念する声も聞かれており、両国の冷静な対応が求められているといえるでしょう。

<参照>

駐日本国大韓民国大使館:領事部からのお知らせ

日本経済新聞:韓国政府、対抗措置を検討 「不当な措置」と反発

NHK NEWS WEB:韓国 日本人のビザ免除と発行済みビザの効力 停止措置を開始

NHK NEWS WEB:新型コロナウイルス 中韓発給済みビザ効力停止 閣議

WoW!Korea:韓国、感染者131人増え計7513人=死者54人に

時事通信:韓国、ビザ免除停止で対抗=日本との人的交流制限―新型コロナ

読売新聞:日韓相互の入国制限、WHOは「政治的論争にするな」

産経新聞:出張や就職活動にも影響…韓国の入国規制

朝鮮日報:今日から韓日とも入国制限・・・新しいビザなければ相手国に入れず

WoW!Korea:[韓流]韓流スターの日本公演も困難に 「入国者隔離」措置で

SUPER JUNIORオフィシャルサイト:【重要】『SUPER JUNIOR WORLD TOUR ''SUPER SHOW 8:INFINITE TIME'' in JAPAN』開催見送りに関するご案内

KCON 2020 JAPANオフィシャルサイト:「KCON 2020 JAPAN 開催延期のご案内」

Record China :MERSで支持率暴落した朴前大統領に対し、文大統領は新型コロナで支持率上昇?

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに