新型コロナウイルスの犠牲者をしのび、中国の主要サイトが4月4日「モノクロ」に:清明節とは?

著者:山谷剛史
公開日:2020年04月07日

4月4日に中国のECサイトやニュースサイトや検索サイトなど、著名サイトやアプリがモノクロになりました。

中国のサイトを巡回している人にとってはいつものサイトやアプリ画面がモノクロになるので、初めて見た人は驚いたことでしょう。

これは中国政府(国務院)が4月3日に、「4月4日の清明節に中国全土で新型コロナウイルスによる犠牲者に深い哀悼をささげる活動をする」と発表したことによるものです。


主要ネットサービスがモノクロに:新型コロナウイルスの犠牲者をしのぶ

4月4日、国務院の表明を受けて、中国の主要ネットサービスのウェブサイトはモノクロになりました。

各所で掲揚される国旗も、新型コロナウイルスの犠牲者をしのび、半旗となりました。さらには、中国のオンラインゲームも遊べなくなりました。

▲[ECサイト淘宝網が白黒に]:筆者キャプチャ
▲[ECサイト淘宝網が白黒に]:筆者キャプチャ

サイトがモノクロになるのはこれが初めてではありません。モノクロになったのは、2008年5月12日に発生した四川大地震での被害者を追悼したことに始まります。

当時、地震発生から1週間後の19日から21日までの間は、全国哀悼日として、多くのポータルサイトのトップページがモノクロとなりました。

2008年当時、中国で普及していたゲームはパソコンによるオンラインゲームが主流でしたが、四川での震災を理由に、中国全土でゲームができなくなりました。

四川大地震後も、青海省大地震(2010年)や、多くの中国人が搭乗したマレーシア航空墜落事故(2014年)でも、各社のサイトがモノクロになっています。

日本アニメ業界、志村けんさんへの哀悼の意も

近年では国家規模の哀悼日でなくても、サイト運営者側で特定ページをモノクロにして追悼することはあります。

例えば、京アニ放火事件の後では、関連ページがモノクロになり喪に服したほか、志村けんさんが亡くなった3月末から現在に至るまで、オンライン百科事典「百度百科」の志村さんのページもモノクロになっています。

▲[オンライン百科事典「百度百科」の志村さんのページ]:筆者キャプチャ
▲[オンライン百科事典「百度百科」の志村さんのページ]:筆者キャプチャ

ECの商品ページは?

ニュースなどテキストメインのページはモノクロであっても大きな問題にはならなそうです。ECサイトの商品画像や動画サイトの動画がモノクロでは使い物にならないと思うでしょうが、そこは問題ありません。

トップページはモノクロでも、商品ページや各動画ページでは、通常通りカラーで表示されていました。

オンラインゲームも禁止

スマートフォンが普及する今、パソコン用のオンラインゲームだけでなく、アプリや、WeChatのミニプログラム(微信小程序)上のゲームが広くユーザーを獲得しています。

4月4日には、こうしたゲームのタイトル画面に「本日は哀悼日」という画面が出て、遊べない状況となります。

インターネット接続不要で遊べるゲーム機が普及する日本とは異なる、中国ならではの現代式礼儀作法ともいえます。

▲[アプリ、ミニプログラムともゲームは遊べず]:筆者キャプチャ
▲[アプリ、ミニプログラムともゲームは遊べず]:筆者キャプチャ

テレビもラジオもモニター広告も哀悼日を報じ、著名サイトや企業サイトが揃って白黒になり、ゲームも遊べなくなります。

スマートフォンが普及する中国で、多くの中国人が特別な日であることを意識し、一致団結して新型コロナウイルスの犠牲者に哀悼をささげることになったことでしょう。

中国版のお盆「清明節」とは

今回の哀悼の意を示すタイミングとなった、今年4月4日の「清明節」にはどのような風習があるのでしょうか。

この日は、中国において先祖を敬い平和を祈る祝日で、日本におけるお盆のような日です。旧暦にもとづくイベントであるため、毎年日取りが変わります。今年は4月4日がそれにあたり、6日まで3連休となりました。

親族一同が集まってお墓参りをするため、この日は都市部郊外にある集団墓地や農村の先祖代々が眠る墓地に一斉に人々が向かい、大渋滞が発生しますし、広い共同墓地が人と車で埋め尽くされます。

中国のお墓はデザインが個性的

中国のお墓には故人の写真が貼ってあり、故人の名前と命日と、それに(生きている人を含む)家族の名前が刻まれていることが多いです。家族親族が故人をしのぶ墓をデザインするのでしばしば個性的で、筆者が見たものでも、パソコン好きの人が若くして亡くなったのか、Windowsのロゴを石にしたお墓もありました。

清明節では、お墓を掃除したうえで、この墓の前で、墓参りで集まった家族親族全員がひとりずつ中国式の礼拝である叩頭でひざまづいて礼をし、故人をしのびます。 

お金や、故人の好きなアイテムを用意:スマホ・車・旅行券・雀卓…

お墓で礼をすることだけが中国式のお墓参りではありません。お墓で礼をした後は、お金やモノが描かれた紙を共同の焼却炉で焼きます。

これは故人があの世の暮らしでお金やモノに困らないためにそれを現世から送るというものです。

お金やモノが描かれた紙は、都市であれば郊外共同墓地の売店で、農村部であれば集落の商店でこの時期売られています。

最近ではあの世の暮らしもよくなったのか、紙で作られた家や車やスマートフォンが売られるようになりました。またよりよい生活をしてもらおうと、あの世で使える1千万元札や十億元札といった札束が売られています。

まれにあの世で使える米ドルや日本円も売られています。あの世のアメリカや日本で爆買いしてほしいという家族からのニーズがあるのでしょう。 

▲[あの世に送るための紙の麻雀セットやバイクも]:筆者キャプチャ
▲[あの世に送るための紙の麻雀セットやバイクも]:筆者キャプチャ

たまに親族一同が集まるイベントでもあることから、お墓参りの後は食事をすることもよくありますし、お墓参りの後で郊外でのんびりと遊ぶということもあります。

中国では新型コロナウイルスとの戦いが峠を越えた雰囲気のなか、微博Weibo)を見ると、「墓参りに行ってきた」という写真付きのつぶやきもあれば、「わけあって行けなかった」とのつぶやきもありました。

新型コロナでは潜在的な感染者の存在も明るみになっていますが、清明節での人の移動で再び感染が拡大しないことを願ってやみません。


関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

山谷剛史

山谷剛史

76年東京生まれ。東京池袋近辺、中国雲南省昆明育ち。フリーランスライター。36kr日本語版のお手伝い。前職NNA。2002年より中国やアジアのITやトレンドについて執筆。中国IT業界記事、中国流行記事、中国製品レビュー記事を主に連載。著書に「中国S級B級論(共著)」「中国のインターネット史」など。