【図解】東南アジアインバウンド対策 2020年プロモーションスケジュール | 需要高まる冬シーズンを見据えて/JNTO 訪日プロモーションスケジュール

公開日:2020年05月12日

JNTO(日本政府観光局)より、訪日プロモーションスケジュールが公開されました。

東南アジアは近年の経済成長も追い風となり、年々訪日者数が増加している市場です。JNTOは東南アジアにおける日本の観光地としての認知度向上のため、各国で旅行博の開催、または出展を企画しています。

コロナ終息後を見据えた「反転攻勢」をかけるべく、JNTOの訪日プロモーションスケジュールを確認しておきたいところです。

この記事では東南アジアの国ごとのプロモーションスケジュールプロモーションのターゲットとタイミングについて解説します。

※この訪日プロモーションスケジュールは、JNTOにより4月6日に公開されたものです。今後、新型コロナウイルスの状況によって変更される可能性があります。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

東南アジア市場のプロモーションスケジュール

まず、それぞれの国ごとにプロモーションスケジュールについて解説します。同時に、JNTOが出展、または開催を予定しているイベントについても説明します。

タイ市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[タイ市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[タイ市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

タイでは8月にTITF(Thai International Travel Fair)が開催されます。TITFとは、毎年、夏季・冬季の年2回、それぞれ4日ずつ開催される「タイ国際旅行フェア」です。2019年2月開催の第24回TITFでは、45万人が来場しました。

出展するには、JNTOの「ジャパンゾーン」に参加するか、直接主催者TTAA(Thai Travel Agents Association)に申し込むかの2つの方法があります。

シンガポール市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[シンガポール市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[シンガポール市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

シンガポールでは、7月~8月ごろにNATAS Holidaysが開催されます。NATAS Holidaysとは、シンガポール最大規模のBtoCの「シンガポール夏季旅行博」です。冬にはNATAS Travel(シンガポール冬季旅行博)も開催されます。

シンガポールのハイシーズンは11月~12月の学校休暇の時期です。このシーズンに向けた旅行先を夏ごろ決めると考えられるため、ハイシーズンの需要に目標を定めた旅マエへのアプローチが可能です。

マレーシア市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[マレーシア市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[マレーシア市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

マレーシアでは、7月に中華系団体旅行層(ペナン等地方主要都市)向けにMITM(MALAYSIAN INTERNATIONAL TRAVEL MART)が開催されます。MITMはマレーシアで中国人観光協会が主催する、BtoC向けの旅行博です。

ペナンは訪日旅行送り出し有力地方都市の1つであり、首都のクアラルンプールに比べ現地旅行会社手配による団体旅行の割合が高いという特徴があります。

また、3月には中華個人旅行層(おもに20~30代)、中華系団体旅行層(首都クアラルンプール)、ムスリム層(人口ボリューム層)向けにMATTA(MALAYSIAN ASSOCIATION OF TOUR & TRAVEL AGENTS)が開催されます。

インドネシア市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[インドネシア市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[インドネシア市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

インドネシアにおいてJNTOは、7月~9月の間に、ジャカルタでの旅行博出展、3都市(ジャカルタ・スラバヤ・メダン)商談会、地方都市(スラバヤ・メダン)での旅行博出展、オンライントラベルプロモーションを予定しています。この7〜9月の夏季のタイミングに、インドネシア市場のターゲットとしている全ての層に対するプロモーションが実施される見通しです。

フィリピン市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[フィリピン市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[フィリピン市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

フィリピンでは、7月にTME(Travel Madness Expo)への出展、8月にJapan Travel Festival、7月~8月にLuxury Travel Expoの開催を予定しています。

10月~12月にはJNTO主催のJTF(Japan Travel Fair)があり、さらに1月~2月に地元の旅行博出展と続きます。

ベトナム市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[ベトナム市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[ベトナム市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

ベトナムでは、7月に日越文化交流フェスティバルが開催されます。このイベントは、2014年から毎年ダナンで開催されており、5回にわたって訪問者が10万人を超えています。

また、9月にはITE HCMC(International Travel Expo Ho Chi Minh City)に出展を予定しており、JNTOは2019年は共同ブース出展を募集していました。

さらにJNTOは、11月にViet Nam International Travel Mart(ベトナム地方都市)、1月~2月ごろにJapan Vietnam Festival、3月にViet Nam International Travel Mart(ハノイ)への出展を計画しています。

インド市場の訪日プロモーションスケジュール

▲[インド市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)
▲[インド市場 訪日プロモーションスケジュール]:JNTO(日本政府観光局)

JNTOは、インドを日本に誘致したい事業者向けに、7月~8月にセミナー・ネットワーキング(ウェディング・ハネムーン)を開催する予定です。

6月ごろからは、東北復興に関する、広告宣伝、メディア招請、共同広告のプロジェクトが始まります。

また、現地旅行会社向けの【初級・中級】E-ラーニングは年度を通じて予定しており、現地の旅行会社に対する日本旅行の認知向上を図りたい姿勢がうかがえます。

プロモーションのターゲットとタイミングは?

ここでは、JNTOのスケジュールに合わせた、効果的なプロモーションのターゲットとタイミングについて解説します。

9月~10月にFIT向けのプロモーションが効果的か

タイシンガポールでは、例年12月が訪日のピークとなっています。

シンガポールでは9月ごろ、タイでは10月31日~11月1日にFITフェアが開催されます。そのため、9月~11月はこれらの市場に対するFIT(個人手配の訪日外国人観光客)向けのプロモーション施策が効果的です。

コロナ終息後、旅行形態において団体よりFITの方が回復が早いと考えられます。FITはリピーターも多く、日本に関する情報収集にも慣れています。そのため、情報の真偽を自分で確かめ、訪日する時期も個人で判断します。

同時期にJNTOがWebサイト上で冬季特集を行うため、Web上の特にウインターシーズンに関連したコンテンツに注目が集まると考えられます。したがって、FIT向けにSNSやWebサイトでのプロモーションは高い効果が期待できるでしょう。

8月~9月はインド富裕層へのリゾートウエディングPRのチャンスか

インド市場では8月〜9月ごろにセミナー・ネットワーキング(ウェディング・ハネムーン)が行われます。

インドの結婚シーズンは10月~2月ごろで、セミナーが行われる2〜3か月後となっています。インドでは結婚式を人生最大の儀式と考えており、とても高い金額をかける傾向にあります。特に富裕層では、結婚式に数千万円を使うとのデータもあり、中間層であっても年収の4倍近い金額を使って3日間に渡って祝うのが通例とされています。

そのため、JNTOはインド市場向けにリゾートウェディングの誘致を試みています。このセミナーが開催される7月~8月ごろにインド市場向けにリゾートウェディングの情報発信を行うと、効果が期待できるかもしれません。

予算なんと数千万円!3日間続くインド人富裕層の結婚パーティを沖縄へ誘致するヒント

オーシャンビューのリゾート婚は、世界中で人気があるウェディングスタイルです。日本で海辺のチャペルがある沖縄のリゾートウェディングも人気があり、国内外に向けて多様なウェディングスタイルが提案されています。目次注目!インバウンドの日本婚、人気ナンバーワンは沖縄海外ウェディングに興味があるインドの富裕層インドの結婚式は人生最大の儀式豪華な結婚式インド料理は必須沖縄で人気のリゾートウェディング1. オーシャンビューのチャペルウェディング2. 海が見えるリゾートホテルでガーデンウェディング3. 沖縄...

FIT向け情報発信のタイミングを逃さずに

JNTOの公開した訪日プロモーションスケジュールの内容によると、近年増加傾向にあるFITに向けたイベントやセミナーの取り組みも計画されていることが分かります。新型コロナウイルスの感染状況の収束後、戻りが早いのは団体客よりもFITであることが考えられるため、FITに向けたプロモーション、情報発信のタイミングは逃さないようにしたいところです。

そのほか、JNTOはWebサイトやSNSを用いたデジタルでのプロモーションは年度を通じて行う計画であることもわかりますが、その中でも日本への注目が集まるのは、やはり展覧会やイベントが集中する7月〜9月1月〜3月と考えられます。

観光客が日本旅行に行ったら何をするかを考えたり、旅行の計画を立てる期間を旅マエといいます。情報を届けたい国・地域とターゲット層を明確に定めた上で、こうした旅マエへのアプローチを適切なタイミングに行うことで、より効果的なプロモーションができるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!