クロスシー、WeChatミニプログラムモール活用した越境ECサービス開始。5,000万フォロワー擁するMCNと業務提携:月4万円から利用可能・ウェビナー開催も

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルスの影響でインバウンド顧客が見込めない今、越境ECが注目を集めています。

株式会社クロスシーでは、中国で有名なSNSやインフルエンサーと連携しながら中国向け越境ECに取り組みを開始しました。

また、越境ECに関するウェビナーの開催も決定しました。

関連記事
WeChatのミニプログラムとは
Web版のWeChatの使い方

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

中国越境ECモールをWeChatミニプログラム内に構築

株式会社クロスシー(以下、クロスシー)は、5月18日よりWeChatミニプログラム内モールを活用した中国越境ECサービスを開始しました。

現在WeChatは12億人を超えるMAU(月あたりのアクティブユーザー数)を持ち、WeChatミニプログラムもDAU(一日あたりのアクティブユーザー数)が4億人を突破するなど、中国人のライフスタイルに深く浸透しています。

スマホ決済でもWeChat Payが使われており、ECの利用も急増しています。このミニプログラム内に「日本商品のセレクトショップ」を開設しました。 

▲WeChatミニプログラム越境ECイメージ
▲WeChatミニプログラム越境ECイメージ

5,000万フォロワーを抱えるインフルエンサーネットワークと連携

クロスシーはMCN(マルチチャンネルネットワーク)「速報醤」の日本の総代理を務めています。

その旗艦アカウント「日本流行毎日速報」に本ミニプログラムを紐づけ、記事配信からも誘導することでトラフィックを確保します。現在「速報醤」では、日本情報を発信するインフルエンサーのアカウントを140以上抱え、そのフォロワー数は合計5,000万人を、月下閲覧数は20億を超えています。

他にもWeChat内広告やソーシャルバイヤー施策による集客も可能となっています。

物流・通関の体制を構築しながら、月4万円からの販売を可能に

中国越境ECで既存の大手プラットフォームを活用するためには、出店・運営・プロモーション費用も多く、取り組みへのハードルが高くなっていました。

サービスでは、物流体制や通関手続きも整えた上で、月額4万円(税別/1SKUあたり)からの出品が可能です。売上報酬も抑え、消費者にとっても購入しやすいスキームを構築しています。

中国越境EC市場、アフターコロナ、新サービスを紹介するウェビナーも開催

外出自粛が解除された中国の今について、また越境EC市場の現状とも合わせ、本サービスをご紹介するウェブセミナーを開催します。

日付

5月26日(火)
5月28日(木)
6月2日(火)
6月4日(木) ※ いずれかご都合の良い日にご参加下さい。

  • 時間:各日16:00 – 17:00
  • 費用:無料

当日のアジェンダ

  1. 中国越境EC市場の今。市場規模の変遷、市場シェア、コロナ後の動向
  2. 参入のために。Tmall、JD.comなど既存プラットフォーム出店のハードル
  3. 新たな参入方法。WeChatミニプログラム越境ECサービスのご紹介

講演者

株式会社クロスシー 執行役員 梶原 俊一 

大手ディスカウントストアにて流通・小売ビジネスに従事。インバウンド事業を立ち上げ、超小型戦略店舗の開店や地域を巻き込んだオリジナル媒体の制作等により売上を拡大。

当社にて日中交流を通じた地域活性化と商品流通の拡大を推進。

お申込み方法

下記リンクより「セミナー申し込み」を選択の上、「お問い合わせ内容」の欄にご希望の日付をご記載の上、お送りください。

お申込み完了後に、ご参加者の方々にウェブセミナー参加用のURLをお送りします。  

このセミナーに参加申し込みする

<参考>
株式会社クロスシー:プレスリリース

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに