外国人旅行者受け入れ、6割が否定的:地域の理解得ることが課題に【熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査】

熊本県観光協会は、「新型コロナウイルス感染症収束後の旅行・観光に関する意識調査」の結果を公表しました。この調査は、2020年4月27日~ 29日にWebで、日本全国の一般消費者3,247人を対象として行われたものです。調査から、日本人の国内・海外旅行への意向が明らかになりました。

インバウンド事業者が注目すべきポイントとしては、地域での外国人旅行者の受け入れには6割の回答者が否定的であること、そしてそれにより今後のインバウンド誘致においては地域の理解を得る努力が必要になることなどが挙げられます。

《注目ポイント》

  1. 今後の旅行は近隣エリア・地方が主流に
  2. 外国人旅行者の受け入れ、6割が否定的

関連記事
外国人に調査「コロナ後 旅行したい国ランキング」
訪日ラボ新型コロナ意識調査
新型コロナ流行の今、観光業が講じるべき対策とは

旅行は近隣エリア・地方への個人旅行が主流に/旅行情報の閲覧は始まっている

▲[行動(飲食店や飲み会、旅行)再開時期はいつから?]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査
▲[行動(飲食店や飲み会、旅行)再開時期はいつから?]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査

旅行の再開時期について、近隣エリアへの旅行は約3分の1が「外出自粛要請の解除後」を選択しトップとなりました。一方飛行機や新幹線を使った国内旅行については「当面は控える」という回答が約3割、海外旅行についても「当面は控える」が半数近くでそれぞれ最も多い結果になりました。

▲[今現在の旅行への印象]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査
▲[今現在の旅行への印象]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査

遠出はしばらく自粛するとの回答が目立った一方で、「旅行の再開時期」や「旅行への印象」の質問では肯定的な回答が多く、旅行情報の閲覧もすでに始まっていることがわかります。

▲[旅先でやりたいこと、避けたいこと]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査
▲[旅先でやりたいこと、避けたいこと]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査

加えて、旅行の意向にも変化が見られ、旅先ではテーマパーク、都市観光は避けるとの声が多く上がりました。

▲[今後の団体旅行への参加意向]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査
▲[今後の団体旅行への参加意向]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査

同様に団体旅行の参加意向にも変化があり、これまで団体旅行に参加していた人の中で「考え直す・参加しない」と答えた回答者が4割程度となりました。このことから、旅行形態がより個人にシフトしていく傾向が読み取れます。

▲[自分の地域への旅行者の受け入れ]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査
▲[自分の地域への旅行者の受け入れ]:熊本県観光協会:新型コロナウイルス感染症 収束後の旅行・観光に関する意識調査

自分の地域での外国人旅行者の受け入れについては、「あまり来ないでほしい」「来ないでほしい」がそれぞれ26.7%、29.1%でした。この2項目を合わせると全体の約6割となり、過半数が外国人旅行者の受け入れに対して否定的な考えを持っていることがわかります。

海外旅行関心層の訪日意欲は高い/国内の理解を得ることが課題に

国内では近隣エリアへの旅行から回復していますが、海外でも、近隣の国への旅行から回復が試みられています。「トラベルバブル」と呼ばれる、近隣した国家間の渡航制限解除などの取り組みがオーストラリア・ニュージーランドで検討されているほか、中国や韓国でも厳重な管理の下、国際路線の再開が少しずつ始まっています。

ただし、日本政府は今後の入国規制緩和について、まずタイ・ベトナム・オーストラリア・ニュージーランドの4か国から月に7,500人程度の入国を想定しています。そのため中国や韓国といった近隣エリアより早く、この4か国から客足が回復することになるでしょう。

一方、熊本県観光協会の調査では、地域での外国人旅行者の受け入れに否定的な反応が多かったことから、インバウンド受け入れ再開の際には地域の理解を得ることが課題といえます。観光地においては、より厳重な新型コロナウイルスの感染拡大防止策が不可欠になるでしょう。

【航空×コロナ動向まとめ】需要回復に“4年“必要…「トラベルバブル」で復活なるか?各国の運休・減便・再開・破産の動きとは

新型コロナウイルスの影響で減便・運休を余儀なくされていた各国の航空会社に、新たな動きが出ています。韓国の大韓航空、アシアナ航空は来月6月から一部路線の運航を開始します。また、スイスー成田間やニューヨークー成田間の運航再開も6月に予定されています。徐々に新型コロナウイルスの感染が収束する国・地域も出てきており、段階的な運航再開の動きに注目が集まります。一方で、タイ国際航空が経営破綻するなど、入国制限に伴う経営危機も問題となっています。この記事では、各国の航空会社の動きをまとめます。関連記事【...

中国人の訪日旅行熱「コロナ後の旅行先ランキング」でも上位に:時期やその心理は?

中国の現地調査によると、3月時点での「海外旅行で行きたい目的地」の人気度で、日本はタイに次ぎ第2位となりました。春節前には1位となっていた日本ですが、2位への転落が起こっています。一方で、4月の別の調査によれば、日本は2位のタイを引き離して圧倒的1位となっています。今回は、2つの調査結果と、データの活用の際に注意すべき点、新型コロナの流行収束後に向けて中国人観光客を呼び戻すためのヒントを紹介します。目次中国「コロナ回復期」人気旅行先ランキング人気旅行先「1位:日本」別の調査結果もデータの読...

<参照>

note:新型コロナウイルス感染症に関する消費者意識調査から見えてきた旅行の未来

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!