世界が感激した日本の「スマートマスク」の未来感/スタートアップが開発・コロナ不況をチャンスに

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により多くの企業が業績悪化に苦しむなか、コロナ禍をチャンスに変えようとする動きもあります。

日本のスタートアップ企業 ドーナッツ ロボティクス株式会社が、ロボット技術を応用しスマートフォンと接続できる「スマートマスク」を発表しました。

マスクにITの力を取り入れて新たな需要を掘り起こすスマートマスクの事例を通して、新型コロナウイルス感染拡大のピンチをチャンスに変える方法を考察します。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

日本のスタートアップが開発「スマートマスク」

日本のスタートアップ企業であるドーナッツロボティクス株式会社が開発したのは、スマートフォンとの接続が可能なスマートマスク「C-Face」です。

コロナ時代に役立つ商品として、同社が長年手掛けてきたロボット開発の技術を応用して開発されました。

通常の布製マスクの上から装着して、スマートフォンとBluetoothで接続することができるもので、「声を文字にする」「議事録を作成する」「8か国語翻訳する」などの機能が搭載されています。

C-Face smart mask ドーナッツ ロボティクス株式会社
▲[C-Face smart mask]:ドーナッツ ロボティクス株式会社

相手のスマートフォンをスピーカーにして、10m離れた相手にも声を届けることができ、ソーシャルディスタンスの確保に役立つ次世代型コミュニケーションデバイスとして期待されます。

医療従事者が患者とより離れて診察したり、大人数の会議で、マスクをしたまま確実に全員に声を届けるなど、医療現場やビジネスシーンなどでの活用が想定されています。

現在は音と文字のみに留まるものの、将来の2号機はARやVRなどの画像系に発展させる計画だということです。

C-Faceは7月下旬からクラウドファンディング「Makuake」で予約販売が開始され、価格は3,980円~6980円(税抜)と見込まれています。

インバウンド業界が大きな影響を受ける中、すでに海外からの問い合わせもあるようです。

海外の反応

日本で開発されたスマートマスクに、海外からも注目が集まっており、多くのメディアやSNSで紹介されています。

世界最大の電子掲示板(BBS)である「reddit」では、スマートマスクに関するスレッドが立てられていました。

以下、スレッドに寄せられたコメントの一部をご紹介します。(2020年7月15日 編集部確認、翻訳)

「世界が1420年で止まっている間に、日本は2120年の世界を生きているね。」
「ダースベイダーマスクと呼ぼう!」
「コロナの前から多くの日本人がマスクを着用していたことを考えると、それほど驚かない。」
「新鮮な空気を取り入れられる、小さな扇風機が付いたマスクが欲しいな。」
「すごく日本らしい商品だね」

参照:reddit

日本の先進的な取り組みを評価する声が聞かれ、もともとマスクをする習慣のある日本ならではの商品だと感じる人も多いようです。

またマスクの外観から、人気の映画「スターウォーズ」シリーズに登場するキャラクターである、ダースベイダーを連想する人も見受けられました。

さらに、通風性に優れたマスクなど、多機能なマスクを期待する声も聞かれています。

コロナをビジネスチャンスに

コロナショックによりインバウンド業界は大きな影響を受けており、需要回復の見込みもまだ見通しがついていません。

苦しい状況が続く一方、ドーナッツ ロボティクス株式会社のようなスタートアップが斬新な商品やサービス、ビジネスモデルを構築し新しい需要を生み出しています。

今回紹介したスマートマスクの場合は、「マスクをしていると会議中に声が聞こえにくい」、「診察の際に医療従事者の感染リスクが心配だ」といった課題解決だけではなく、翻訳機能がついていることにより国を越えて利用シーンを拡大させています。

このように、新型コロナウイルスによってもたらされた困りごとを解決できる商品やサービスを考案することで、ビジネスチャンスを見出すことができるでしょう。

また新しい技術やサービスを積極的に取り入れることで、業務の効率化や感染予防対策を強化することもできるでしょう。

さらに事業者側の観光客受け入れ準備に関わるさまざまな努力をうまくPRすることで、安心して旅行ができる環境だということを伝えることができます。

苦難の多いコロナ禍において、柔軟な発想でピンチをチャンスに変えることができるかが、コロナの時代を生き抜くカギとなるでしょう。

【海外の反応】エアリズムマスク大行列に台湾人「買う時に感染するんじゃ...」中国人「これも宣伝でしょ」

6月19日に販売が開始されたユニクロの「エアリズムマスク」は大きな注目を集め、マスクを求める人が長い行列を作る様子が報道されました。さらにオンラインストアにはアクセスが集中し、繋がりにくい状態が続きました。緊急事態宣言が全国的に解除されたものの、「密」を避ける傾向が続く状況下で、長いマスク行列ができたことに驚いた人も多いのではないでしょうか。その後も販売希望者は絶えず、ユニクロの店舗では、現在も開店前から行列ができたり、整理券が配布されるなどの状況が続いています。6月26日時点で、ユニクロ...

「マスク」がニューノーマル観光のお土産になる日:アフターコロナの新ジャンル「ファッションマスク」の可能性

未だに世界で猛威を振るっている新型コロナウイルスですが、日本を含むアジア諸国やヨーロッパでは感染者数の増加に減少傾向も見られます。同時に新型コロナウイルスの後の社会経済体制の方向性として「ニューノーマル」という言葉が広く知られるようになりました。例えば、新型コロナウイルスのワクチンや治療薬が開発されるまで、今後はマスクの着用が世界各国で必要事項となります。スペインでは公共の場ではマスク着用の義務が法律として定められましたが、これに類似した対応をとる国や地域も見られています。その一方でリモー...

 

<参照> 

Forbes:コロナ後の世界が注目の「スマートマスク」、日本企業が開発 

HYPEBEAST:スマホと接続できる世界初の“スマートマスク”が誕生 

ドーナッツロボティクス:C-FACE

reddit:Bluetooth-connected face mask that can record conversations, amplify the wearer’s voice, make phone calls, transcribe speech into texts and translate Japanese speech into 8 different languages.

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに