取引総額7兆円超え、過去最高に 中国「独身の日」日本ブランド人気最多、「ライブコマース」も加熱

公開日:2020年11月17日

2020年11月1日〜3日と11月11日にかけて、中国最大のECセールイベント独身の日が行われました。

中国では11月11日が独身を祝う日として認識されており、「光棍節」や「ダブルイレブン」とも呼ばれます。

従来は「独身の日」には独身者が集まってパーティーが催されていたもので、現在では独身者に限らず多くの人がネットでセール品など買い物をする一大イベントとなっています。

その筆頭となるのがアリババグループによるECセールイベント、「2020 天猫ダブルイレブンショッピングフェスティバル」(以下、天猫ダブルイレブン)です。

2020年は例年よりもセール期間が長くなり、新型コロナウイルス流行による巣ごもり需要なども追い風となって、GMV(流通取引総額)は過去最高となる4,982億元(約7兆7,200億円)を達成しました。

日本ブランドも人気で2016年から5年連続でGMV1位を獲得したほか、自宅でも買い物体験をより楽しめる「ライブコマース」という新しい消費スタイルも盛況を見せています。

本記事では、2020年の独身の日を振り返り、売上などのデータや日本の人気ブランド、そして「ライブコマース」における最新トレンドをご紹介します。

越境ECカテゴリの資料を一括DL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

越境ECカテゴリの詳細はこちら


GMVは26%増の、過去最高の7兆円超を達成

2020年の天猫ダブルイレブンには、過去最大となる25万以上のブランドが参加し、うち3万1,000の海外ブランドが中国向け越境ECを通じて参加しました。

昨年の約5億人から大きく伸長して約8億人の消費者が参加し、GMVは前年比26%増で過去最高となる4,982億元(約7兆7,200億円)を記録しました。

荷物配送オーダー数は昨年の約13億件に対し23.2億件と大幅に増え、ピーク時の取引件数は58.3万件/秒にものぼり、470以上のブランドがGMV1億元以上を達成しました。

8時間で1100億円動く「ライブコマース」とはなにか?大規模ECデー"独身の日"の主戦場に:参入前に考慮すべき3つのポイ

中国の11月11日は「独身の日」であり、中国でもっとも大規模なECセールイベントが行われる日です。その桁違いの総取引額に商機を見出し、独身の日商戦に参画する日本企業も年々増加しています。今年は新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要が活発化し、ECの利用が増加しています。特に自宅でも買い物体験がより楽しめる「ライブコマース」という新しい消費スタイルが注目され、去年の盛況ぶりをさらに上回ることが予想されています。この記事では、今年の独身の日のセールの様子と、そして近年日本企業の参入も増加するラ...

今年も中国「独身の日」が到来!2020年の記録に注目

中国では11月11日は「独身の日」として知られています。従来は独身者が集まってパーティーが催されていた日でしたが、現在では中国の最大のEC商戦として注目されています。また、越境ECにおける国・地域別流通総額ランキングで日本が4年連続1位を獲得したなど、日本商品の人気の高さが伺えます。2020年は新型コロナウイルス流行の影響で巣ごもり需要が活発し、EC利用の増加とライブコマースの定着で、昨年の盛況ぶりをさらに上回ることが予想されています。本記事では、独身の日の基礎知識や2019年までのセール...


GMVの推移 訪日ラボ編集部グラフ作成
▲[GMVの推移]:プレスリリースをもとに訪日ラボ編集部作成

日本は2016年から5年連続で1位、人気のブランドとは?

アリババグループの中国消費者向け越境ECプラットフォームには、主に「天猫国際(Tモールグローバル)」と「コアラ(Kaola)」の2つがあり、コアラは今年初めて天猫ダブルイレブンに参加しました。

アリババの11月1日0:00から11月11日24:00までのデータによれば、Tモールグローバルとコアラにおける国・地域別のGMVランキングで、日本は1位を獲得しているということです。

独身の日」の越境ECにおける国・地域別GMVランキングにおいて、参加する89の国・地域の中で、日本は2016年から2019年までにも、4年連続1位を獲得しています。

1位 日本
2位 米国
3位 韓国
4位 オーストラリア
5位

ドイツ

6位 イギリス
7位 ニュージーランド
8位 フランス
9位 イタリア
10位 カナダ


TOP10の輸入ブランド、日本が最多

アリババによれば、2020年の独身の日のセール中(11月1日0:00から11月11日24:00まで)に、中国の消費者が購入した輸入ブランドのトップ10は以下の通りとなっています。

1位 ヤーマン(日本)
2位

Aptamil(ドイツ)

3位

Swisse(オーストラリア)

4位 花王(日本)
5位 資生堂(日本)
6位

A.H.C(韓国)

7位 a2(ニュージーランド)
8位

SmoothSkin(イギリス)

9位

Bio Island(オーストラリア)

10位

dyson(イギリス)

1位のヤーマンは美容家電、2位のAptamil(アプタミル)は粉ミルク、Swisseはサプリメントが主に人気のブランドで、中国人が越境ECを利用する際に、美容や育児、健康を重視する傾向がうかがえます。

日本ブランドにおいては、美顔器や脱毛器などが人気のヤーマンが1位、化粧品やスキンケア商品を展開する花王と資生堂がそれぞれ4位と5位にランクインしていることから、美容に関する商品で日本ブランドに高い信頼が寄せられていることが分かります。

注目のポイント:「ライブコマース」

2020年の独身の日のセール中(11月1日0:00から11月11日24:00まで)に、3億人近くがアリババの運営するライブコマースプラットフォーム「タオバオライブ」を視聴し、タオバオライブ経由のGMVは前年同期比100%増を記録しました。

タオバオライブを利用する店舗も、過去12カ月で増加率が220%を超えるなど大きく増え、2020年の独身の日のセール期間中には、天猫のコア店舗のうち、9割の店舗がライブコマースを行いました。

セール期間中、33の「直播間(スタジオ)」の売上高が1億元を超え、500近くが1,000万元を超えました。

そのうち、もっとも売れた商品カテゴリと、伸長率が高いカテゴリから、中国人の消費傾向をうかがい知ることができます。

・もっとも売れたカテゴリ(GMV)

1位

コスメ関連商品

2位

女性服装

3位

カメラ、スマホなどのデジタル商品

4位

冷蔵庫、テレビなどの大型家電

5位 家具
6位 食品
7位 宝石・アクセサリー
8位

炊飯器、掃除ロボットなどの小型家電

9位 ベビー用品
10位 シャンプー・洗剤・ティッシュなどの衛生用品

コスメやファッション関連品のほか、カメラやスマホなどのデジタル商品や、大型家電や家具など自宅で使用するものも人気を集めています。


・もっとも伸長率が高いカテゴリ(GMV) 

1位

時計・メガネ

2位

花・ペット

3位

現在地サービス

4位 カバン
5位 宝石・アクセサリー
6位 下着
7位
8位

炊飯器、掃除ロボットなどの小型家電

9位 アウトドア用品
10位 食品

伸長率を見ると、時計やメガネのほか、花やペット、現在地サービスといった巣ごもり需要を反映した商品が上位にランクインしています。

密を避けられるレジャーとして人気のアウトドアに関する商品も9位に入っています。

なお3位の現在地サービスとは、消費者のいる現在地の周辺にある店舗が提供している商品やサービスのことを紹介するもので、例えば消費者がネットを経由して家の近くにあるレストランに対しデリバリーを頼むことなどを指します。

▲[カテゴリ別売上・伸長率TOP10]:CBNData
▲[カテゴリ別売上・伸長率TOP10]:CBNData

変化する中国の消費トレンドを掴み、インバウンド戦略の糧に

毎年取引額が増加を続ける中国の独身の日のECセールは、2020年も大きな盛り上がりを見せました。

新型コロナウイルスの流行によるEC需要の高まりと、ライブコマースを活用した新たな消費スタイルも追い風となり、過去最高の取引額を記録しました。

ジャンル別の売上や伸長率のトレンドは、コロナ禍における中国人消費者のニーズを掴むための重要なデータとなります。

変化を続ける中国の消費トレンドをキャッチすることで、今後のインバウンド戦略の糧としていくことができるでしょう。

越境ECカテゴリの資料を一括DL

※資料請求には無料の会員登録が必要です

越境ECカテゴリの詳細はこちら


<参照>

アリババグループ:アリババグループ、天猫ダブルイレブンで過去最⾼の GMV7 兆円超を達成

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!