イタリア、日本人観光客の受け入れ再開へ ワクチン接種が条件 今夏の観光復興目指す

イタリアのドラギ首相は2021年5月12日、コロナ対策で制限している外国からの観光客受け入れに関し、日本からの観光客でもワクチンの接種証明があれば隔離期間なしで入国できるようになると述べました。

関連記事
【新型コロナ海外まとめ・5月】
入国制限まとめ

イタリアでワクチン接種者に対する日本人観光客受け入れ開始

イタリアのドラギ首相は、国会での質問に対し、ワクチンを接種した日本人観光客に対して、隔離なしに入国を認める方針を固めたと答弁しました。

またアメリカやカナダからの観光客についても、入国時の条件を緩和する見通しであると述べました。

しかし、ドラギ首相は具体的な受け入れ開始時期には言及しませんでした。

イタリア、外国からの観光客呼び戻し開始

イタリアでは、夏の観光シーズンを前に観光客を呼び込む動きが加速しています。

4月下旬にはワクチン接種を終えた人からのワクチンパスポートの国内運用が開始されています。

また、5月15日から、EU域内国やイギリス、イスラエルからの来訪客について、ワクチン接種や感染からの回復、陰性確認により隔離無しでの入国を認める方針です。

イタリアから日本への観光客受け入れ緩和措置はなし

一方、日本ではイタリアからの観光客に対し入国制限緩和措置を取っていません。また5月13日現在、外務省は日本からイタリアへの渡航に関し、渡航中止勧告を発表しています。

理由として、感染者数を人口比でみるとイタリアの感染者数の方が多くなっていることが考えられます。

5月12日で比較すると、日本で6,238 人の感染が確認されたのに対し、人口が日本の半分程度のイタリアでは同日7,852人とイタリアの方が感染者数の割合が高くなっています。

イタリアの感染者数は減少傾向にあるものの、国民感情にも配慮し日本よりも感染リスクが高い国からの受け入れは当分行われないものと思われます。

また日本ではワクチンパスポートの導入が検討されている段階であり、ワクチンを利用した観光目的での渡航往来再開もすぐには難しいと考えられます。

さらに東京五輪開催が迫る中で、政府にも感染者数を増加させる動きは減らしたいという思惑があるため、イタリア人観光客受け入れ再開にはしばらく時間がかかるでしょう。

関連記事
日本の導入も秒読みか ビジネス出入国に「ワクチンパスポート」最終調整
【入国制限まとめ】5/10更新:日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
イタリア保健省:5月12日現在の新型コロナウイルス関連情報(イタリア語)
外務省:海外安全ホームページ(イタリア)
厚生労働省:国内の発生状況など
在イタリア日本国大使館:イタリアにおける新型コロナウイルス感染関連情報

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!