「旅行需要回復はこの100年で最大に」米エアビーCEO"コロナ前"超える業績に

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

民泊仲介大手Airbnb(エアビーアンドビー)のチェスキー最高経営責任者(CEO)は2021年5月24日のオンライン発表会で、パンデミックによって落ち込んだ旅行需要の回復について「この百年で最大のリバウンドになる」と述べました。

Airbnbの2021年第一四半期の収益は、パンデミック前の2019年同時期を上回っており、旅行需要が大幅に回復していることを示しています。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

Airbnb、旅行需要回復に期待:コロナ前超える業績に

AirbnbのチェスキーCEOは、5月24日のオンライン発表会で、旅行需要回復について、欧米で新型コロナのワクチン接種が進み、外出規制の緩和に向かっていることを踏まえ、レジャー業界の先行きに強気な見方を示しました。

この背景には、Airbnbの収益改善があげられます。

同社によると、2021年第1四半期の収益は、前年比で5%増加し、2019年第1四半期の収益を上回りました

さらに、2021年第1四半期営業費用の削減により、調整後EBITDA(イービットディーエー)は大幅に改善しました。

EBITDAとはEarnings Before Interest Taxes Depreciation and Amortizationの略で、税引前利益に支払利息、減価償却費を加えて算出される利益のことを指します。

2021年第1四半期の調整後EBITDAは、2020年第1四半期の3億3,400万ドル(約364億5,075万円、訪日ラボ編集部換算)に対し、5,900万ドル(64億3,890万円)でした。

変動費の改善、マーケティング効率の向上、および固定費管理により、すべての営業費用の項目は第1四半期から減少しており、利益率の向上が図られたことがわかります。

また2021年第1四半期の非都市部での活動リストについては、2019年の同時期から約30%増加しました

以上から、旅行需要回復のきざしがすでに観測させており、強気な見方を示したものと考えられます。

「柔軟さ」をテーマに100件以上の機能を強化

さらに同日、Airbnbは2021年全サービス機能について100件以上の機能強化を行ったと発表しました。

柔軟に探す」ことをテーマに、日付設定、マッチング、宿泊先検索が行われるようになりました。

日付設定において固定された日付で検索するのではなく、週末の休暇、1週間の休暇、あるいは1ヶ月の滞在などの検索が可能になりました。

これは2021年に入り、2億件以上の検索が日付の設定なしに行われ、そのうち1億件が今回新しく発表された「柔軟な日付設定」検索機能を利用したものであることから正式に採用されました。

マッチングについても、検索条件の範囲外の物件を表示することで、より多くのリスティングを検索できるように改善しました。たとえば、最高2万円の設定予算の検索では、それを若干上回る一泊2万5000円の宿泊先も表示されるようになりました。

宿泊先検索についても、特定の目的地ではなく、ユニークな宿泊先が検索できる機能が追加されました。日本であると旅館、スペインであると城などがリストとして表示されます。

同社によると、2021年これまでのユニーク物件の検索数は2019年比で94%増加しています。

このほか、新たなフィルター機能も追加され、季節や場所に合わせて、以前よりもさらに細かい条件で検索できるようになりました。

また、ホスト登録手続きの簡素化も進みました。手続きは10ステップで完了できるように改善され、最適な画像を自動的に配置できるようにしたほか、スマートテキスト機能によって最適なタイトルや説明文もサポートしています。

今後の利用拡大を見据えて、今夏にはサポートエージェントの数を2倍に増やし、サポート言語も現在の11言語から42言語に拡大する方針を示しています。

欧米での旅行需要回復が、Airbnbの業績改善、またサービス改善から感じられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
Airbnb:Airbnb2021年第1四半期決算
Airbnb:Airbnb 2021 全サービス機能100件以上のイノベーションとアップグレードを実施

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに