公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー、横浜観光情報サイトに多言語AIトラベルガイド「talkappi」導入

多言語で問い合わせにAIが自動で回答

株式会社アクティバリューズ(以下、アクティバリューズ)が、公益財団法人横浜観光コンベンション・ビューロー運営の「横浜観光情報」サイトに、多言語AIトラベルガイド「talkappi(トーカッピ)」を導入したと、7月21日に発表しました。

「talkappi」は問い合わせに多言語でAIが自動回答するほか、マーケティング支援機能なども備えているチャットボットです。

アクティバリューズは今回、同AIソリューションを横浜市の公式観光サイト「横浜観光情報」に導入。スマートフォンやウェブサイト上で、旅マエ旅ナカにおける情報収集を可能にしました。これによりウィズ・コロナ、アフター・コロナの時代の「新しい生活様式」に適応しつつ、観光客が安心かつ安全に横浜市内での周遊・消費ができるようにします。

talkappi

talkappi

ホテル・旅館・自治体など国内350施設以上に導入

「talkappi」は、各施設の公式ホームページのほかにも、LINE、Facebook Messenger、WeChatなどと連携し、24時間365日AIチャットボットで顧客などからの問い合わせに対応が可能。英語、中国語(繁体・簡体)などに対応しており、インバウンドの9割以上をカバーできます。

既に大阪観光局、奈良市観光協会、草津温泉観光協会といった自治体・観光協会のほか、商業施設やECサイトなどを含め、国内350施設以上に導入されています。

▼外部リンク

株式会社アクティバリューズ
https://activalues.com/

株式会社アクティバリューズのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000041.000020288.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。