7月の免税売上高は約38億円、一人当たりの購買単価は約42万円で前年同月比79.9%増加に

日本百貨店協会が2021年7月の免税売上高・来店動向を発表しました。

調査によると、7月の免税総売上高は約38億7,000万円で、前年同月比22.2%増加となりました。ただし先月より7億円ほど減少しています。

しかし、一人当たりの購買単価は前年同月比79.9%増加しており、依然として購買意欲が高い状態が続いています。

関連記事
6月の免税売上高は約45億円、先月より20億円増加|一人当たりの購買単価も前年同月比116.2%増加

2021年7月の免税総売上高は約38億円

2021年7月の免税総売上高は約38億7,000万円で、前年同月比22.2%増加となりました。

一般物品売上高は約32億7,000万円で前年同月比85.0%増加だった一方、消耗品売上高(化粧品、食料品等)では約6億円で前年同月比57.1%減少しました。

一人当たりの購買単価は約42万7,000円で前年同月比79.9%増加となりました。先月よりは4万円ほど減少しているものの、前年同月比でみると高い水準で推移していることが分かります。

免税総売上高の推移
▲免税総売上高の推移:日本百貨店協会プレスリリースより訪日ラボ作成

また、購買客数は約9,000人で前年同月比32.0%減でした。都市部では緊急事態宣言の影響があり、減少傾向が続いているものと思われます。

また東京五輪の開催に従い、入国者数は増加したものの、免税消費は行動制限の影響もあり伸び悩んでいると考えられます。

免税購買客数の推移
▲免税購買客数の推移:日本百貨店協会プレスリリースより訪日ラボ作成

関連記事:7月訪日外客数は51,100人、五輪の影響で昨年12月ぶりの5万人台に

7月は特に女性向けの商品が人気に

7月の人気商品群としては、6月と同様、1位が化粧品となり、次いでハイエンドブランド、食料品、婦人服飾雑貨、婦人服となりました。

7月の特徴としては、婦人服飾雑貨、婦人服など女性向けの商品が人気商品として多く取り上げられています。

また、免税手続きカウンターの来店国別順位は、1位が中国本土、次いで台湾、韓国、マレーシア、タイ、香港、シンガポールと続きました。6月からの順位の変動はありませんでした。

中国が1位の状況が続いており、台湾、韓国などの近隣諸国からの購入率が高くなっています。

東京五輪の影響少ないものの購買意欲は高止まり状態に

7月23日から東京五輪が開会し、入国者は増加したものの免税総売上高は前月よりも7億円ほど減少しました。

また感染者数は変異株の影響もありなかなか減少傾向にはなっておらず、新たに多数の地域で緊急事態宣言が発出されるなど状況が改善される傾向は見えていません。

ただし一人当たりの購買単価は前年同月比を上回る状態が続いています。そして8月中旬から1日当たりの入国者数上限を3,500人まで緩和しており、この効果がどこまで出るのか今後の動向が注目されます。

関連記事:日本、入国者数上限を3,500人へ緩和 国際線の搭乗者数も6,100人ずつに緩和へ

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
日本百貨店協会:2021年7月免税売上高・来店動向【速報】

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!