国内旅行業者取扱額ランキング、2位以下で大きく変動(主要旅行業者の旅行取扱状況速報9月)

観光庁が、「主要旅行業者の旅行取扱状況速報」2021年9月分のデータを発表しました。

この調査では国内の主要旅行会社の商品取扱額を集計し、「(日本人の)海外旅行」「外国人(の国内)旅行」「(日本人の)国内旅行」の3つのカテゴリーに分けて公表しています。

国内旅行部門では、緊急事態宣言が9月末まで発令されていたこともあり、総取扱額は対前年同月比94.8%と昨年度より微減しました。

一方で、外国人旅行では総取扱額が対前年同月比803.2%、海外旅行では総取扱額が対前年同月比198.6%と大幅に増加しています。

《注目ポイント》

  • 9月の総取扱額は934億円で前年同月比102.0%
  • 海外旅行取扱額は57億円で前年同月比198.6%
  • 外国人旅行取扱額は40億円で前年同月比803.2%
  • 国内旅行取扱額は836億円で前年同月比94.8%

関連記事:主要旅行業者の旅行取扱状況速報8月

国内旅行業者取扱額ランキング:インバウンド・アウトバウンドで大幅増加

2021年9月の主要旅行業者の総取扱額は934億円で、前年同月比102.0%となりました。

海外旅行や外国人旅行で特に取扱額が増加したことから、前年同月比より増加したと考えられます。

先月と比較すると、2位以下で大きく順位が変動しています。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

362億1,540万円

98.2%

2位

KNT-CTホールディングス(13社計)

256億3,722万円

310.2%

3位

(株)日本旅行

65億1,449万円

67.0%

4位

東武トップツアーズ(株)

27億7,153万円

94.0%

5位

阪急交通社(3社計)

26億8,209万円

48.0%

海外旅行商品の取扱額:前年同月比の約2倍に

2021年9月の海外旅行商品の総取扱額は57億円で、前年同月比198.6%でした。

9月末より、ワクチン接種証明により日本入国時の隔離期間が短縮されたこと、またワクチン接種そのものの進展もあり、増加していると考えられます。

今後については、ビジネス目的などの入国が緩和されたことにより、出張などの短期滞在で海外旅行に行く人も一定程度増加すると考えられます。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

12億2,300万円

231.7%

2位

エイチ・アイ・エス(6社計)

5億3,864万円

196.4%

3位

阪急交通社(3社計)

5億3,059万円

829.5%

4位

(株)日本旅行

4億192万円

235.3%

5位

日新航空サービス(株)

3億8,097万円

256.5%

関連記事

外国人旅行商品の取扱額:前年同月比8倍超まで増加

2021年9月の旅行商品の総取扱額は40億円で、前年同月比803.2%でした。

入国規制緩和等の影響があったものの、東京五輪が開催されていた8月よりは減少しています。しかし、11月から接種証明による、ビジネスなど短期滞在を目的とした外国人の新規入国も認められるようになったため、今後大幅に増加することが考えられます。

ただし、観光目的での新規入国は停止状態にあり、いつごろ解禁されるのかも不透明な状態が続いています。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

31億8,167万円

785.4%

2位

KNT-CTホールディングス(13社計)

5億8,676万円

1370.4%

3位

東武トップツアーズ(株)

1億9,170万円

前年は取扱額0

4位

(株)日本旅行

7,900万円

1040.7%

5位

名鉄観光サービス(株)

1,957万円

448.5%

国内旅行取扱額ランキング:8月より150億円強増加

2021年9月の主要旅行業者の国内旅行の総取扱額は836億円で、前年同月比94.8%となりました。

昨年はGo To キャンペーンが行われていたのに対し、今年は緊急事態宣言であったため前年同月より減少していると思われます。ただし減少幅が6%と微々たるものであるため、国内観光客は一定数戻ってきているともいえるでしょう。

順位 旅行会社 取扱額 前年同月比
1位 JTB(9社合計)

318億1,072万円

88.5%

2位

KNT-CTホールディングス(13社計)

248億2,845万円

318.2%

3位

(株)日本旅行

60億3,355万円

63.2%

4位

(株)ジャルパック

25億37万円

47.1%

5位

ANA X(株)

24億6,032万円

177.2%

感染再拡大の懸念あり、人流の戻りは緩やかに

10月1日から緊急事態宣言が解除され、また感染者数も大幅に減少しています。しかし、感染再拡大の懸念から当初想定されていたほど人流が戻ってきていないことも明らかになっています。

また「Go To」関連キャンペーンについては、感染再拡大の懸念から未だ停止状態にあり、再開についての見通しは立っていません。

海外からの水際対策緩和が進む中、今後の感染状況を踏まえ、旅行業者の総取扱額が大きく左右される可能性があるでしょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
観光庁主要旅行業者の旅行取扱状況速報(令和3年9月分)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!