10月の延べ宿泊者数は3,290万人泊 「Go To」に迫る勢いで回復【宿泊旅行統計調査2021年10月】

観光庁が2021年10月分の宿泊旅行統計調査第1次速報を発表しました。10月の延べ宿泊者数は、3,290万人泊で、前年同月比5.4%減となりました。

前年10月は新型コロナウイルスの影響があったものの、10月から「Go To トラベル」キャンペーンが東京を含め全国で実施されていたこともあり、今年は前年よりも低下したと思われます。ただし減少幅は5%とわずかになっています。

また新型コロナウイルス禍以前の2019年10月と比較しても、34.3%の減少幅にとどまり、宿泊者数は徐々に回復を見せています。

また外国人延べ宿泊者数は、33万人泊で前年同月比10.7%増と、増加傾向を見せています。

《注目ポイント》

関連記事:宿泊旅行統計調査2021年9月

10月の延べ宿泊者数は3,290万人泊、緊急事態宣言明けで9月より大幅増加に

2021年10月の延べ宿泊者数(全体)は、3,290万人泊で、前年同月比5.4%減となりました。

前年10月より減少しているものの、前年は「Go To トラベル」など政府による支援があり、徐々に回復傾向を見せていると思われます。また8月から約2か月ぶりに3,000万人台を突破しました。

延べ宿泊者数推移:観光庁宿泊旅行統計調査
▲延べ宿泊者数推移:観光庁宿泊旅行統計調査

日本人延べ宿泊者数については、3,256万人泊で前年同月比5.5%減と落ち込みをみせています。なお、新型コロナウイルスの影響がなかった2019年と比較しても、18.2%減と8割程度の回復を見せています。

10月の外国人延べ宿泊者数は33万人泊、前年同月より10.7%増加

外国人延べ宿泊者数は、33万人泊で前年同月比より10.7%増加しました。10月から、政府が認めた国に限り、ワクチン接種証明書保持者に対し隔離期間が短縮されたため、増加したと考えられます。

しかし、11月後半以降は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン」に伴い、国際線の新規予約停止措置が図られ、入国制限が一段と厳しくなったことから、減少傾向が見られると考えられます。

関連記事:オミクロン株めぐり、対応追われる航空会社

10月の客室稼働率42.1%、前年同月比0.1%増

10月の客室稼働率は42.1%で前年同月比より0.1%増加しました。ビジネスホテル、簡易宿所では宿泊数が増加したものの、旅館、リゾートホテル、シティホテルでは稼働率が下がりました。

なお2021年9月時点において、全国の中で最も稼働率が高かったのは秋田県で、45.9%となりました。ビジネスホテルの稼働率が62.6%で全国1位となり、旅館も36.7%で全国1位となっています。

オミクロン確認、日本に感染広がるか

今後の展望については、変異株の「オミクロン」の影響に左右されると考えられます。

オミクロンについては、国内で感染が確認されましたが、その後大幅な感染拡大とはならず、感染者数は各都道府県2桁台とピーク時を大きく下回っています。

入国規制の影響で、外国人宿泊者数は大きく減少することが予想されますが、国内宿泊者数がどれほど変動するのか、また年末にかけての帰省・冬休みがどのように影響するのか、今後の感染状況次第で変化しうると考えられます。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>
観光庁宿泊旅行統計調査

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!