低リスク者は自身で検査可能に、無検査で医師が診断も コロナ感染拡大を受け、厚労省

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

政府は、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大を受け、自治体の判断で、感染者の同居家族を中心とする濃厚接触者へ発熱などの症状が確認できた場合、検査を受けることなく医師によって感染したとの診断を可能とする方針を固めました。

24日、後藤茂之厚生労働相の記者団に対する発言で明らかになりました。

1月23日時点で全国で4万9,847人で前週(16日:25,483人)の約2倍、都内で8,503人が新型コロナウイルスへの新規陽性者として確認されています。

低リスクの感染者は自身で検査が可能に、遠隔医療の活用も呼びかけ

感染の拡大に伴い医療体制の確保・充実に向け検査および受診には、自治体の判断をもって医師が新型コロナウイルスに感染したか否かを診断できるようにする方針が固められています。

新たな変異株である「オミクロン株」への急速な置き換わりで、外来医療のひっ迫化が進んでいることが背景にあります。

また政府は、重症化リスクが低い人へ、抗原定性検査キットなどを利活用することで自身で検査することも呼びかけています。

加えて上記の低リスクの患者へは、医療機関のひっ迫が予想される場合、自身の検査結果をもとに医師が在籍している自治体の「フォローアップセンター」において速やかに健康観察を受けることを可能としています。

毎日新聞によると、厚労省は低リスクの患者として「40歳未満で基礎疾患などがなく、ワクチン2回接種済み」を例に挙げています。

厚生労働省の後藤大臣は記者団に対し、「今後の感染者の急拡大に備え、地域の判断で、患者を迅速に適切な検査や療養につなげるための対応が実施できるよう、方針を示しました。自治体や医療関係者との連携を密にし、患者の状態に応じた適切な療養を確保・供給できるよう、全力で取り組んでいきます」と述べています。

関連記事
「オミクロン株」現時点でわかっていること
「ブースター接種が入院リスク低減に効果的」CDC、早期の3回目接種を推奨

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参照>
厚生労働省:国内の発生状況など
東京都:新型コロナウイルス感染症対策サイト

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる
完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!