【無料配布】知らないと損する「インバウンド×Googleマップ」集客マニュアル

長引くコロナ禍によってインバウンド需要回復の目処が立ちにくい現在、今からできる重要な「打ち手」としてGoogleマップ上の情報整備は欠かせません。

スマホでGoogleマップを見ながら目的地を探す訪日外国人観光客にとって、マップ上に施設情報が表示されないか、あるいは記載されている情報が正しく理解できなければ、事業者にとっては機会損失となってしまうためです。

しかし、「なにから手をつければいいかわからない」「なにが正しい方法かわからない」とお悩みの方は少なくないでしょう。

そこで訪日ラボを運営する株式会社movでは、「知らないと損する! “インバウンド×Googleマップ”集客術【基本編】」と題した資料を無料で提供しております。この機会にぜひご利用ください。

資料を無料でダウンロードする

本資料の構成

本資料は以下の内容で構成されています。

  • インバウンド対策でGoogleマップが重要なワケ
    • 圧倒的なユーザー数
    • 口コミの多言語対応が自動でできる
    • 国内の集客と同時に取り組める
  • 自分の施設が海外の言語でどう表示されているか見てみよう
  • 施設の「オーナー登録」をしよう
  • Googleマップのインバウンド集客 3つのポイント
    • Googleマップでは、自動翻訳される情報とされない情報がある
    • 店舗・施設名を多言語で設定するには?
    • 多言語キーワードの検索結果に自分の施設を表示させるには?
  • まとめ

▲「インバウンド×Googleマップ集客術」マニュアル
▲「インバウンド×Googleマップ集客術」マニュアル

以下、本資料から得られる知識・ノウハウをご紹介します。

インバウンド対策でGoogleマップが重要な理由

訪日外国人が旅の目的地を選ぶ上で、「口コミ」は非常に重要な役割を果たします。

口コミ情報をあつかうプラットフォームの中で、Googleマップ(及び、Google検索)のユーザー数は他を圧倒しています。ここへの対策は必要不可欠といってよいでしょう。

▲Googleマップ(及び、Google検索)のユーザー数は圧倒的。対策は必要不可欠。
▲Googleマップ(及び、Google検索)のユーザー数は圧倒的。対策は必要不可欠。

Googleマップには「他の口コミサイトの情報」が紐づけられることも

Googleマップ上には、トリップアドバイザーやトリップドットコム、さらには自社運営のサイトまで、ほかのサイトからの施設情報も紐づけられ、掲載されることがあります。

そのためGoogleマップを軸に施設情報を整備し活用することで、効率のよい使い方ができます。
▲Googleマップには、他の口コミサイトの情報が集約される。
▲Googleマップには、他の口コミサイトの情報が集約される。


店舗・施設名を「多言語で表示させる」方法も解説

本資料では、Googleマップにおけるインバウンド対策について3つのポイントを紹介しています。

そのうちの一つが、訪日外国人の理解を助ける店舗名・施設名の多言語対応です。

Googleには自動翻訳機能があるものの、ビジネス名(店舗・施設名)を含む一部の情報は自動で翻訳されません。

ポイント①:自動翻訳「される情報」と「されない情報」がある。
▲ポイント①:自動翻訳「される情報」と「されない情報」がある。

訪日外国人が一番に目にするであろう「ビジネス名(店舗・施設名)」は、ターゲットとする国籍の方に合わせた表現にしておきたいところです。

本資料ではこのビジネス名の多言語対応の方法を解説しているほか、多言語での検索結果に表示させるためにできる工夫についても解説しています。

資料を無料でダウンロードする

監修者:Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート 永山卓也氏

本資料の監修は、Googleビジネスプロフィールにおけるプロダクトエキスパートのうち、最上位のダイヤモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleより認定された永山卓也氏の監修のもと作成されています。

永山卓也 Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート
▲永山卓也 Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート

永山卓也 Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート

株式会社movが運営するお客様の声のDXサービス「口コミコム」テクニカルアドバイザー&インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」アドバイザー。

各都道府県の地方自治体、地域団体などを中心にセミナー、講演実績多数。

ローカルビジネスコンサルティング、店舗マネジメント業を行い、 デジタル、アナログ両面で小売・飲食・宿泊業、観光業に豊富な経験。

資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!