キャッシュレス決済「StarPay」など提供のネットスターズ、東証新規上場

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

キャッシュレス決済、DXサービスを推進する株式会社ネットスターズは9月26日、東京証券取引所グロース市場へ新規上場したことを発表しました。

上場当日にはセレモニーと、株式会社ネットスターズ 代表取締役社長CEO 李 剛氏、取締役COO 長福 久弘氏、取締役CFO 安達 源氏による記者会見が行われました。

キャッシュレス決済「StarPay」など提供のネットスターズ、東証新規上場
▲キャッシュレス決済「StarPay」など提供のネットスターズ、東証新規上場:株式会社ネットスターズ提供

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

決済・DXサービスを展開するネットスターズが新規上場

ネットスターズの新規上場に伴う記者会見では、まず代表取締役社長CEO 李氏より挨拶がありました。

2005年に日本国籍を取得した李氏は、IT・ネットワーク関係に従事しながら、自身の技術力を活かして何ができるかという思いを持ち、2009年に株式会社ネットスターズを創業しました。

2013年ごろからWeChatPay、Alipayが中国で一気に普及しており「日本でも可能性があるのではないか」と考えたといい、2015年にWeChatPayを日本へ持ち込み、これが日本国内QR決済としては初の取り組みとなっています。

日本国内におけるQR決済のパイオニアとして事業を展開してきたネットスターズ。李氏は今回の上場を「新たなスタート」として捉え、「日本のキャッシュレスをもっと普及させるために、そして店舗のDXをもっと進化させるために、今後も使命感を持ちながらやっていきたい」と述べました。

株式会社ネットスターズ 代表取締役社長CEO 李氏
▲株式会社ネットスターズ 代表取締役社長CEO 李氏:株式会社ネットスターズ提供

ネットスターズ事業概要

次に取締役COO 長福氏よりネットスターズの事業概要について説明がありました。

ネットスターズは決済、DX、グローバルの3つの事業を柱にビジネスを展開しています。

  1. 決済事業:2015年に日本で初めてWeChatPayをサービス展開、その後は10か国のペイメントにつなぎこみを行い、日本の決済サービスを推進してきました。クレジットカードや共通ポイントともつなぎこみをおこない、マルチ決済サービスへと成長を遂げています。
  2. DX事業:省人化・効率化を目指すものです。ミニアプリを開発しており、例えば羽田空港のECサイトや、JTBのチケットサービス、スーパーマーケットのモバイルアプリなどを提供しています。
  3. グローバル事業:海外(カタール、モンゴル、カンボジアなど)向けの決済サービス提供、国内インバウンドプロモーション事業を行っており、最近ではカタール空港でStarPayを提供するなどしています。

日本全体だけでなく、QR決済は各国で盛り上がっている状況です。ネットスターズでは海外向けにも先んじて決済サービスを提供しており、長福氏は「コロナ禍でストップした面はあるが戻ってきている。今後もしっかりと展開していきたい」と述べました。

また、DXサービスの導入事例としてイオンシネマを挙げ、映画館では上映時間という「売る時間の制限」がある中で、効率化したことによりしっかりと売上にもつながっているのではないかとしています。

株式会社ネットスターズ 新規上場
▲左から取締役CFO 安達氏、取締役COO 長福氏:株式会社ネットスターズ提供

ネットスターズの今後の戦略は

最後に取締役CFO 安達氏より今後の戦略について説明がありました。

キャッシュレスの市場は力強く伸びる中で、ネットスターズはQRコードの市場成長率よりも、はるかに早く成長していると強調。さらにフルクラウドネイティブ技術・コンテナ技術を持ち、たくさんの決済を取り扱っても安定したサービス提供ができる点が大きな差別化要因であると説明しました。今後については「マーケットの皆様に信頼していただけるよう成長性を担保しながら、できるだけ早くの黒字化を目指す」としています。

黒字化の時期について問われると、「すでに単月は達成」しており、「来年以降いち早く通年の黒字化を目指す」としました。

また、事業パートナーの今後の展開について、日本では人口が減っていく中で、「省人化」がキーワードになると指摘。今後もパートナーと連携を拡充し、ニーズがあるプロダクトを出していきたいと述べました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!


今回は、全国の桜の観光名所40スポットを対象として、2024年3月27日〜4月7日の口コミを取得、傾向を分析し、2024年速報版・桜の観光名所口コミ分析レポートを作成しました。

業界動向の把握や自店舗の口コミ対策に、ぜひ本レポートをご活用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!全国40スポットのうち、今まさに外国語口コミが多く寄せられているのは?【2024年版】

【インバウンド情報まとめ 2024年3月】2023年年間宿泊者数 1位は韓国 他

訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年3月版レポートから、2月〜3月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

インバウンド情報まとめ 2024年3月

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
 訪日客向け“相撲エンタメショーホール” 大阪にオープン / 2023年年間宿泊者数 1位は韓国【インバウンド情報まとめ 2024年3月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに