2023年の訪日香港人は211万4,400人で、コロナ禍前の水準まで回復傾向。香港市場の最新インバウンドデータを徹底解説!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

1月17日、日本政府観光局JNTO)は訪日外客統計(2023年12月および年間推計値)を発表しました。

統計によると、2023年の訪日外客数は2,500 万人を突破。2019年比では78.6%にとどまったものの、 2023年12月の訪日外客数は273万4,000人と2019 年同月比で108.2%となり、急速な回復を見せています。

また同日には、観光庁訪日外国人消費動向調査を公表。訪日外国人の消費活動も活発になっている様子がうかがえます。

本記事では、それらの最新データを交えて、香港市場のインバウンド動向について解説します。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

2023年の訪日香港人客数は211万4,400人。9月以降コロナ禍前の水準まで急速に回復

日本政府観光局JNTO)が発表した訪日外客統計によると、2023年の訪日香港人客数は211万4,400人でした。2019年比で92%まで回復していて、ピークとなった2017〜2019年の水準まであと一歩の結果となっています。

▲訪日香港人客数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日香港人客数 10年間の推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

一方、訪日香港人客数の年間推移を見てみると、2023年9月以降は2019年の同月とほぼ同じ水準で推移。香港での旅行代金の高騰によって回復の鈍化が懸念されていたものの、下半期に突入し、インバウンドにおける香港市場が急速に回復してきたことがわかります。

▲訪日香港人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成
▲訪日香港人客数の年間推移:日本政府観光局(JNTO)訪日外客統計より訪日ラボ作成

その理由として、香港と日本を結ぶ直行便が回復したほか、地方路線の運行再開や新規就航が大きく貢献しているだけでなく、紅葉時期による訪日需要の拡大などが挙げられます。

訪日外国人客数を国・地域別に見ると、香港は4番目に多い結果となりました。全体に占める割合も伸ばしており、2019年の訪日香港人客数は229万人で7.2%でしたが、2023年には211万人で8.4%となっています。

回復傾向にある訪日需要において、香港の存在感がますます大きくなっていることを感じさせる結果となっています。

▲国・地域別訪日外客数:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲国・地域別訪日外客数:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

2023年の訪日香港人消費額は4,795億円で世界5位。2019年比136%で急成長

訪日香港人客数は2019年比で92%に減少したものの、訪日香港人の消費額は2019年より高くなっています。

観光庁が1月17日に公開した訪日外国人消費動向調査によると、2023年の訪日香港人の消費額は4,795億円で、2019年比で136%となりました。3か月ごとの推移を見ても、いずれの時期も2019年を上回っています。

訪日香港人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日香港人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

過去10年と比較しても2023年の訪日香港人の消費額は圧倒的に高く、訪日香港人の消費が新型コロナウイルス感染症拡大前よりも活発になっていることがうかがえます。

▲訪日香港人消費額 10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日香港人消費額 10年間の推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

訪日外国人の消費額を国・地域別に見てみると、2023年の訪日香港人の消費額は台湾、中国、韓国、米国に次いで5番目でした。

2019年より順位はひとつ落としていますが、2023年の訪日外国人旅行消費額の全体が5.3兆円と過去最高を記録したなか、香港が全体に占める割合は7.3%から9.1%に伸びています。

▲国・地域別訪日外国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲国・地域別訪日外国人消費額:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

訪日香港人の消費額を種目別に見ると、買物代が1,505億円、宿泊費が1,472億円、飲食費が1,125億円、交通費が479億円、娯楽等サービス費が212億円でした。

買物代と飲食費の割合が2019年比で若干減った一方で、宿泊費が30%から31%と買物代と同等の予算が割かれるようになったことがわかります。モノよりも旅ナカでの体験、いわゆる“コト消費”を重視する傾向が高まっているようです。

▲訪日香港人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成
▲訪日香港人消費額の年間推移:観光庁 訪日外国人消費動向調査より訪日ラボ作成

2023年の訪日香港人の一人あたりの旅行支出は22万7,160円でした。全体平均の21万2,193円よりも高い水準を誇り、アジア圏では中国、シンガポール、インドに次いで4位となっています。

一方で、日本との距離が近く宿泊日数が短い傾向にあるため、現時点では爆発的な伸びは期待できない状態です。

関連記事:台湾・香港人観光客「日本で買いたいもの」1位はお菓子 その理由とは?

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

JNTO:訪日外客数(2023年12月および年間推計値)
観光庁:訪日外国人消費動向調査

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに