今すぐできる飲食店の多言語対応とは?おすすめの方法や対応すべき言語も紹介

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「飲食店のインバウンド対策として多言語対応をしたい」
「でも、どう始めたら良いのかわからない……」

多言語対応を検討しているものの、対応方法はもちろんどの言語で対応するべきか悩んでいる飲食店の方もいるのではないでしょうか。

この記事では多言語対応の重要性と具体的な対応方法を解説します。インバウンド対策の第一歩として、明日からでも多言語対応をはじめていきましょう。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)


1. 飲食店が多言語対応する重要性とは?

飲食店のインバウンド対策として、外国語を話せるスタッフを採用したり、メニューや予約システム、公式ホームページの多言語対応をしたり。さまざまな対策が必要とされています。

なかでもマストで実施したいのが多言語対応です。ここでは多言語対応の重要性を解説します。

1-1. インバウンド客は「食」を楽しみに訪日している

観光庁が発表した『平成29年度年次報告書』によると、インバウンド客の約7割が訪日前に期待していることとして「日本食を食べること」と回答しています。

次の日本滞在でしたいことについても、9割以上の人が「日本食を食べること」と答える結果になりました。インバウンド客にとって、訪日中に日本食を楽しむことは最優先事項なのです。

インバウンド客は団体で来店することも多く、国内客と比較して客単価も高い傾向があります。満足してもらえたら、Googleなどの口コミサイトにポジティブな感想を書いてもらえて、その評価が次のお客様を呼ぶ好循環につながることも。

多言語対応によってインバウンド客を受け入れる体制を整えることは、飲食店の売上拡大にもつながります。

<参照>

訪日外国人の消費動向(観光庁)

1-2. インバウンド客が飲食店で困っている理由

食を楽しみに来日するインバウンド客が一番に困ることといえば、言語の問題。観光庁の調査でも、インバウンド客が旅行中に困ったこととして「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」「多言語表示の少なさ・わかりにくさ」が上位を占めています。

またインバウンド客が訪れる施設のなかで、多言語表示やコミュニケーションで困った場所として一番多かったのが、実は「飲食店」です。

▲出典:『「訪日外国人旅行者の受入環境整備における国内の多言語対応に関するアンケート」結果』(観光庁)(https://www.mlit.go.jp/common/001226100.pdf)の6頁を抜粋

多言語対応されていなかったり翻訳が誤っていたりなどといった、不十分な多言語対応への不満が見受けられました。

せっかく来店してくれたインバウンド客に満足のいくサービスを提供するためにも、多言語対応は必須のインバウンド対策といえます。

2. 飲食店が多言語対応するには?

飲食店がこれから多言語対応するには、何からはじめれば良いのでしょうか。すでに多言語対応を進めている飲食店の取り組みを紹介します。

2-1. 外国人向けメニューを作成

多言語対応としてまず取り組みたいのが、外国人向けのメニューを用意すること。農林水産省が2018年、外国人が来店した飲食店682店舗を対象に行った調査によれば、飲食店側が外国語での接客・応対が必要と感じる場面として、一番多いのがメニューの案内時でした。

インバウンド対策として外国人向けのメニュー表を作成している飲食店は回答者全体の52.2%で、次いでメニューがわかる写真やイラストを入れている飲食店は21.1%でした。

▲出典:『平成30年度多言語化報告書』(農林水産省)(https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/attach/pdf/index-5.pdf)の22頁を抜粋

一方で外国人向けのメニュー表について何も対応していないと回答した飲食店も36.2%ほどいました。外国人向けのメニュー表を作成するのはもちろん、写真などを掲載するだけで他店との大きな差別化になります。

2-2. 英語はマスト、可能なら中国語(簡体字・繁体字)と韓国語も

日本にはさまざまな国・地域から旅行者が訪れますが、まずはどの言語に対応するのが正解なのでしょうか。農林水産省による調査では、外国語のメニュー表の対応言語についての質問に対し、9割が英語で対応しているという回答結果に。次いで、中国語(繁体字・簡体字)や韓国語の対応が多くなっていました。

▲出典:『平成30年度多言語化報告書』(農林水産省)(https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/attach/pdf/index-5.pdf)の23頁を抜粋

ひとつの言語に絞るなら英語。予算や時間的余裕があれば、中国語(簡体字・繁体字)や韓国語など複数の言語で対応できると良いでしょう。

3. 外国人向けメニューを作成する際のポイント

外国人向けメニューは顧客側が注文をしやすくなるほか、スタッフ側もスムーズに注文を受けられるといったメリットがあります。

ただ翻訳するだけではなく、どのようなメニューにすれば良いのか、作成する際のポイントを紹介します。

3-1. 「おすすめ」や「ランキング」を記載

日本の料理に見慣れていないインバウンド客にとって、たくさんあるメニューのなかから食べたいものを選ぶのはハードルが高いもの。

そこでおすすめなのが、店側からおすすめメニューやランキングなどを記載する方法。店側からの提案があればインバウンド客にとっても注文しやすくなります。

3-2. 写真で視覚的にアピール

海外旅行へ行った時、文字だけのメニュー表を見て、どんな料理か想像がつかない経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。

一方、メニューの横に写真が添えてあるだけでどんな料理なのか一目でわかり、オーダーしやすくなります。メニュー表を作り直すのが大変なら、たとえば店内の壁に写真を添えつつメニューを貼り付けるのもおすすめ。視覚的にアピールすることで、日本語がわからなくてもどんなメニューなのか理解してもらえるはずです。

3-3. メニュー番号を振って確実性をアップ

インバウンド客にとってもっともハードルが高いのが注文する場面。外国語が堪能なスタッフがいれば良いですが、そうでない場合はミスコミニュケーションが起きることも考えられます。

あらかじめメニューに番号を振っておけば、数字を伝えれば良いだけなので注文する側も受ける側も安心です。またメニュー数が多い店にとっても、番号があるとスムーズに対応できます。

3-4. 食べ方や使用している食材も記載

近年、ベジタリアンやヴィーガンの方も増えており、食の多様性への対応の一つとしても食材の記載があると安心して食べられます。

また、インバウンド客から人気の日本食のなかには「お好み焼き」や「てんぷら」など、一言で食べ方を説明するのが難しいものもあります。多言語やイラストで「美味しく食べる方法」も記載しておけば、満足度の高いサービス提供にもつながります。

4. 多言語対応する際は誤訳に注意

多言語対応しようと思った場合、どのような方法があるのでしょうか。

たとえば東京都が運営する「多言語メニュー作成支援ウェブサイト」では、都内にある飲食店なら必要事項を入力するだけで、無料で12種類の言語のメニューをつくれます。さらに東京都公式の「外国語メニューのある飲食店検索サイト」に自動で掲載され、インバウンド客の集客にもつながります。

ポスターなども多言語対応したい場合は、翻訳からデザイン、印刷まで一貫して依頼できるサービスを利用するのもおすすめです。できるだけ費用をかけたくない場合は、Google翻訳などをつかえば自力でも対応できます。しかし誤訳されることがあるため、可能であればネイティブにチェックしてもらうようにしてください。

5. 多言語対応が難しい場合は「写真」でOK

すぐに多言語対応するのが難しい場合は、写真を掲載するだけでも大丈夫です。たとえば大衆居酒屋など壁にメニューが貼ってある店舗であれば、料理の写真をプラスするだけでもインバウンド客にとってはメニュー選びがしやすくなります。

必ずしも、一眼レフカメラなどの高価な機材を用意する必要はありません。最初の一歩目としては、スマホで撮影し、コンビニなどで印刷するだけでも十分。料理の写真を貼っておくだけで、文字が読めなくてもその料理が肉か魚か、麺類か米かなどが一目でわかるはずです。食べたいものを選びやすくなり、顧客満足度もあがるでしょう。

6. 多言語対応はできることからはじめよう

以上、飲食店が手軽にできる多言語対応をお伝えしました。

多言語対応を行うことで、インバウンド客の獲得、そして満足度アップにもつながります。まずはできることからはじめていきましょう。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!


今回は、全国の桜の観光名所40スポットを対象として、2024年3月27日〜4月7日の口コミを取得、傾向を分析し、2024年速報版・桜の観光名所口コミ分析レポートを作成しました。

業界動向の把握や自店舗の口コミ対策に、ぜひ本レポートをご活用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

【速報】外国人に人気の「桜・お花見の名所」ランキング発表!全国40スポットのうち、今まさに外国語口コミが多く寄せられているのは?【2024年版】

【インバウンド情報まとめ 2024年3月】2023年年間宿泊者数 1位は韓国 他

訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年3月版レポートから、2月〜3月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

インバウンド情報まとめ 2024年3月

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
 訪日客向け“相撲エンタメショーホール” 大阪にオープン / 2023年年間宿泊者数 1位は韓国【インバウンド情報まとめ 2024年3月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに