ハブ空港とは、乗客の乗り継ぎや貨物の積み替えの際に拠点となる空港のことで、直通便のない空港どうしを行き来するフライトではハブ空港の経由が不可欠です。 

ハブ空港の名前の由来は、自転車の車輪とスポークをつなぐハブというパーツから取られており、複数の航空路をつなぐ役割を果たすという所から名付けられています。 

ハブ空港では、乗り継ぎをする乗客が多いため、できる限り待ち時間が少なくなるようにダイヤが組まれており、効率の良い乗り継ぎが可能です。 

代表的な例としては、イギリスのロンドン・ヒースロー空港やアメリカのシカゴ・オヘア空港、ドイツのフランクフルト空港などが世界的に有名なハブ空港であり、航空ネットワークの拠点となっています。 

ハブ空港では、着陸料の徴収や空港内の店舗売上による増収が見込めることから、日本国内でも成田空港や羽田空港をハブ空港化することを目標としています。 

詳しくはこちら

 

役にたったら
いいね!してください