台湾で流行の日本の商品やコンテンツ!訪日台湾人観光客の訪日目的にも

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日外国人観光客というと、「爆買い」に象徴される訪日中国人観光客がインバウンド業界においてトレンドとなっています。しかしながら、同じく地理的に日本に近い台湾もインバウンド業界において頭角を現しています。

JNTOによれば、2015年の訪日台湾人観光客数はおよそ370万人。中国(499万人)、韓国(400万人)に次いで第3位の訪日外客数で、訪日外客数全体の20%弱のシェアを誇ります。

そのような訪日台湾人観光客へのインバウンド対策をするにあたって、台湾国内でのトレンドや流行をおさえ、研究をしてみましょう。

訪日台湾・香港人向けオススメインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

台湾の流行その1:3割〜7割増しの価格でも大人気の日本の100円均一商品

台湾にも日本の100円均一ショップ「DAISO(ダイソー)」や「Seria(セリア)」が進出しています。DAISOは39元均一、Seriaは49元均一として、日本と同じものが販売されています。

台湾での1元(台湾元…中国の人民元とは別物)はおよそ3.5円程度のレートなので、DAISOは136円、Seriaは171円で販売されているということになり、日本より3割〜7割増しで販売されています。

特にDAISOは台湾への進出が2001年から開始しており、記事執筆時点で台湾国内店舗数は51軒で、人気を博しています。

日本の100円均一流行の理由はクオリティーとアイディア商品

日本よりも割高で販売されていても、台湾人にとっては安価で日本の高品質な商品が買えるということで大繁盛のようです。

とはいえ、日本の企業のショップであっても、中国系ショップの不具合の多い低クオリティーな商品や、国産の物と大差なく低価格で買えるような物は好みません。同じ均一系商品でも「日本製」や「アイディア商品」を買うのが台湾人の流行です。そのため、訪日台湾人観光客が日本に来たときも、自国より安く買えるということで100円均一ショップに立ち寄っていきます。

台湾の流行その2:日本製の薬、化粧品など

台湾人は日本の薬、漢方薬も含め国産あるいは中国産の物より効果があると考えています。台湾、中国の薬局やインターネット通販などで日本製の薬などを購入することも出来ますが、日本の2〜3倍の価格で売られていることも。化粧品なども人気があり、日本製化粧品を使っていると流行のブランドアクセサリーを身に着けているのと同じくらいにステータスとなります。

日本の薬局に行きたいという流行

また日本製健康食品、サプリメントなどの健康商品も台湾の流行の一つと言えます。日本の薬局は薬、化粧品、健康商品、生活用品などの、人気訪日土産を扱っており、また一部では百円均一を店舗内に構えているところもあります。そのため、訪日台湾人観光客が日本にきたときには、必ずと言っていいほど薬局を巡りますし、日本観光ツアーのスケジュールに高い確率で薬局が入っているのも珍しくありません。

しかしながら、その流行も薬に限っては陰りが見えます。台湾政府は、国内未許可の薬の持ち込みや密輸を防ぐべく、2015年7月から薬の持ち込み、郵送、およびその回数に制限を設けました。

新ルールでは薬の海外からの持ち込みも最高6種類に制限されることになり、胃薬やビタミン剤、サプリメントや漢方薬が規定量を超過する場合、事前の申請が必要。一覧には、タイガーバーム小瓶12本、龍角散6箱、正露丸2本、メンソレータム6本、アリナミン2本などと基準量が明記されている。

従来は量を超過した場合でも事後申請したり放棄することができたが、来年からは一律に没収され、状況によっては食薬法違反で10年以下の罰則が科されるという。―フォーカス台湾「台湾、海外からの薬の持込みに制限 来年7月より」より引用

そのため、以前のように友人や親類に配るために日本の薬を大量購入(爆買い)していくことも難しくなっているのが現状です。

台湾の流行その3:日本のアニメ

日本アニメや漫画といったサブカルチャーコンテンツは台湾でも流行しています。台湾アニマックスなどのアニメ専門ストリーミングサービスの普及や、動画共有サイトでの違法アップロードなどの後押しもあり、日本のアニメコンテンツの知名度が高まっています。

コスプレや同人誌、痛車(車やバイクにアニメキャラクターの装飾をしたもの)といった日本の「アニメコンテンツの楽しみ方」も浸透しており、訪日台湾人観光客の中にはアニメキャラグッズ、フィギュア、コミケなどの参加、聖地巡礼を目的としている人も少なくありません。

<関連記事>

訪日外国人の「聖地巡礼」とは? 約100万人のインバウンド観光客の満足度84.9%

「聖地巡礼」という俗語をご存知でしょうか?もともとは宗教上の聖地や霊場などを参拝して回ることを意味します。有名なものでは、イスラム教において人生のうち、1度はメッカを訪れなければならないとされている「ハッジ」ではないでしょうか。しかしながら、現在ではその「聖地巡礼」の原義から転じて『アニメや漫画などの舞台やモデルとなった場所や縁のある場所を「聖地」と呼び、その「聖地」を訪れる』という意味がメジャーとなってきています。いまやインバウンド需要においても重要な要素となりつつある、この意味での「聖...

秋葉原に行きたい、日本製電化製品の流行

台湾では、日本の電化製品なども流行しており、その品質の高さから人気を博しています。上記のアニメコンテンツの流行もあいまって、オタクと電化製品のメッカである秋葉原は訪日台湾人観光客にとって人気のスポットとなります。

炊飯器や浄水関連の商品は訪日台湾人観光客にも人気があります。最近、中国製炊飯器のクオリティーも上がり、低価格であることから訪日台湾人観光客の間でも人気を得はじめていますが、やはり日本製という信頼感を求めている台湾人も未だ少なくありません。

まとめ:訪日台湾人観光客の流行と観光スポットは今のところ東京が人気

台湾人の流行と観光スポットを関連付けて日本の観光スポットを探ると、価格競争の激しい都心部、オタクの聖地秋葉原のある東京都が、流行りの物を買うための「買い物をする場所」として人気があります。

もちろん、大阪や名古屋、京都、沖縄、北海道などの観光地や地方のマスコットキャラなどの人もありますが、台湾の流行と訪日台湾人観光客を結び付けて考えると購買効率と知名度において東京が一番人気が有るのではないでしょうか。しかし、訪日台湾人観光客はリピーターが多いので、今後の地方におけるインバウンド戦略に台湾の新たな流行を期待されます。

訪日台湾・香港人向けオススメインバウンド対策についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

メディアを活用して情報発信!「訪日台湾人・香港人向けメディア」の資料をDLして詳しく見てみる

ネット上でまずは知ってもらうために「広告プロモーション(台湾・香港向け)」の資料をDLして詳しく見てみる

訪日台湾・香港人の特性を知る「調査・リサーチ(台湾・香港)」の資料をDLして詳しく見てみる

旅ナカで集客するには「訪日台湾人・香港人向けフリーペーパー」の資料をDLして詳しく見てみる

訪日台湾人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日台湾人観光客

インバウンド施策をしていく上ではターゲットとなる方々がどのような特性や国民性を持っているのかを知るのは非常に重要です。このページでは台湾人は国として国民性としてどのような特徴や特性を持っているのか、訪日台湾人は日本国内でどのような行動を取っているのかを実際のデータを元に紐解いていきたいと思います。

訪日台湾人観光客の特徴

親日家が多いことで知られる台湾は、中国に次いで世界で2番目に日本観光が盛んな地域です。訪日台湾人観光客はテレビ番組などから日本の最新情報を入手していることが多く、人気のエンターテイメントや話題の商品についてよく知っています。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに