訪日外国人は夜ヒマ?夜間のインバウンド需要を取り込め!迎賓館、桂離宮などが夜間公開へ

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

インバウンド需要を取り込むにあたって、「時間軸」を取り入れる動きが出てき始めています。

通常の日本人相手のマーケティングと同様に、ターゲットがいつ・どのような動きをするのか、ということを考えるのはインバウンドにおいても重要味を帯びてきています。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日外国人観光客は夜ヒマ?

インバウンドにおいて「時間」を意識したマーケティングを取り入れた好例はドン・キホーテでしょう。

ドン・キホーテの時間帯別免税売上高構成比
▲時間帯別免税売上高構成比:パン・パシフィック・インターナショナルホールディングスより

ドン・キホーテのIR情報によれば、20時〜24時の時間帯に免税商品が突出して売れているとのことです。

「ドン・キホーテ」が訪日外国人に人気の4つの理由|成功のカギは5つのインバウンド対策

先日の記事「ドン・キホーテはなぜ訪日外国人観光客に超人気なのか?:4つの戦略から見える旅行者目線と地域連携の徹底」でドン・キホーテが立てた4つの戦略についてご紹介しました。今回は、引き続きドン・キホーテがなぜ訪日外国人観光客に人気なのか、その理由と具体的なインバウンド対策についてご紹介したいと思います。インバウンド対策にお困りですか?「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!訪日ラボに相談してみる目次「ドン・キホーテ」が訪日...

これは、ドン・キホーテのメインターゲットに則したマーケティング戦略の賜物であると考えられます。

訪日中国人観光客を始めとした、東アジアの訪日外国人観光客は、従来団体旅行での訪日旅行が、その大半を占めていました(現在は個人旅行割合が急増中)。

そして、ツアー会社が日程を組む団体旅行においては、日中の時間はツアー日程の消化に忙しく周り、訪日旅行者のほんとうの意味でフリータイムはホテル帰宅後の夜〜深夜帯となります。

ドン・キホーテはそこを目につけ、自ら「24時間営業で」「(都市部なら)ちょっと移動すればすぐあって」「いろんな商品が安く買えて」「しかも免税店だからさらにお得」という強みを活かしてインバウンド需要の取り込みに成功したと考えられます。

各社・団体、夜間のインバウンド需要取り込みに乗り出す

上記のような背景もあり、政府や企業、団体が夜間のインバウンド需要の取り込みのための対策を打ち出すケースが増えてきています。

迎賓館が初の夜間公開

政府は昨年12月24日から25日にかけて、東京・元赤坂の迎賓館を初の夜間公開しました。本館もライトアップされ、通常非公開の正面玄関ホールを見学することができます。

迎賓館のライトアップを伝えるTwitter投稿
▲Twitter投稿:編集部スクリーンショット

Twitter:迎賓館のライトアップを伝える投稿(https://twitter.com/mehori/status/807143240151552000)

クリスマスの期間のライトアップ夜間公開は、試験的なものであり、訪日外国人観光客人気も見込んで今年も継続して夜間公開していく方向で調整しているとのことです。

京都・桂離宮も夜間公開検討へ

桂離宮内、天橋立の様子
▲桂離宮内 天橋立

また、政府は日本庭園 京都・西京区の桂離宮の夜間公開も検討しています。

日本文化や情緒を感じることができる観光スポットとして訪日外国人観光客からの人気も高く、夜間公開によってさらなる集客を狙う考えとのことです。

京都の寺院などの観光スポットでは夜間特別拝観&ライトアップが定番

同じく京都の各寺院では紅葉を迎える秋の夜間特別拝観とライトアップが有名です。そのなかでも有名なのが清水寺の春・秋のライトアップです。

清水寺のライトアップを撮影したYouTube動画
▲YouTube投稿:編集部スクリーンショット

YouTube:清水寺のライトアップを撮影した動画(https://youtu.be/0qin1N_VXr0)

清水寺は桜と紅葉の名所であり、この時期のライトアップは、訪日外国人観光客にも人気の観光スポットとなっています。

日本橋 明治座は昨年から夜間公園を開始

さらに、東京・日本橋の劇場 明治座は、昨年9月から新しいナイトプログラム「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」を開始しました。

これは、日本の伝統芸能とポップカルチャー、そして最新のテクノロジーを融合させた新しいカタチのエンターテイメントとして打ち出されています。

特徴は開演が夜20時30分からと、遅い時間帯であることです。というのも、日本橋エリアにおいて訪日外国人観光客が楽しめるようなスポット、取り組みがまだ少なかった、そして、高齢層の日本人観客の集客があまり望めない夜の時間帯の施設有効活用を狙ったためです。

<関連記事>

ポップカルチャー×伝統芸能×IT 老舗劇場「明治座」がインバウンド需要を狙ったナイトプログラム

1873年に創建され火災などによる再建を繰り返しながらも、140年以上にわたって興行が続けられている老舗劇場「明治座」(東京都日本橋)。歌舞伎や演歌歌手による公演など、中高年層をターゲットとした舞台が多い一方で、平成28年(2016年)9月から訪日外国人観光客などを対象としたナイトプログラム「SAKURA -JAPAN IN THE BOX-」が組まれています。アニメーション、ゲームなどのポップカルチャーを組み合わせたり、二足歩行ロボット型の電話機「ロボホン」を取り入れたりと変わったパフォ...

まとめ:時間帯を意識したインバウンド対策が重要味を帯びる

訪日外国人観光客が増加するにつれ、ターゲットの母数が増えたことからあらゆる側面からマーケティングをすることが可能になりつつあります。

以前解説した「旅マエ旅ナカ旅アト」といった概念のように、今後も続々とインバウンド分野のマーケティングが盛んになってくることは確実で、それらのトレンドを取りこぼさないようにしましょう。

顧客満足度を上げる!旅ナカに有効なインバウンド集客についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳・多言語化」の資料をDLして詳しく見てみる

バーコードやQRコードを活用した多言語ソリューション「多言語化表示サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

お手軽に通訳対応できる「テレビ電話型通訳サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

<参考>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに