イシバシ楽器、「WeChat Pay(微信支付)」バーコード決済の取扱いを開始。中国からの訪日旅行者向けに。

イシバシ楽器、「WeChat Pay(微信支付)」バーコード決済の取扱いを開始。中国からの訪日旅行者向けに。

[株式会社石橋楽器店]

株式会社石橋楽器店(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:五十嵐勝則、以下、イシバシ楽器)は、2017年5月15日(月)より、WeChatを運営する騰訊控股有限公司(テンセントホールディングス、本社:中国深セン市 CEO馬化騰、以下テンセント)グループの財付通支付科技有限公司(Tenpay Payment Technology Co., Ltd.)が提供する中国人向けモバイル決済サービス「WeChat Payment(ウィチャットペイメント、中国名:微信支付、以下WeChatPay)」バーコード決済を免税店店頭にて取扱いを開始いたしました。

main

WeChatPayは、訪日中国人旅行者のお客様が店頭にて商品購入時にQRコード又はバーコードをスマートフォンの画面で提示。店頭スタッフが支払金額を入力した専用タブレットでコードを読み取ることで決済が完了します。

2016年訪日外国人旅行者が、過去最多の2,400万人を記録(※1)。そのうち訪日中国人旅行者は前年度比27%増加の約640万人(※1)と大幅に増えており、インバウンド需要が高まっています。

イシバシ楽器店頭でのWeChatPayの導入により、訪日旅行中のお客様にとって、日頃使い慣れた購買環境を提供することで、旅行客の一層の購買を促進し、インバウンド消費拡大につながるものと考えております。また、イシバシ楽器でご利用になったお客様が帰国後も安心してインターネット通販で購買できるよう、弊社中国向けECサイトにてWeChatPayによるネット決済も2017年6月より導入予定です。

■WeChatPay導入店舗

御茶ノ水本店、渋谷店(中国人スタッフ在籍)、新宿店、池袋店、心斎橋店、梅田店、名古屋栄店、福岡パルコ店の8店舗にてご利用いただけます。

■WeChatPayとは

中国テンセントが提供する全世界利用者数8億人のSNSである「微信(WeChat)」のモバイル決済サービスです。約4億人が利用しており、中国国内では、個人商店からコンビニ、病院、タクシー、レンタル事業など幅広く利用が可能になっています。店舗で商品購入時にQRコード又はバーコードを提示するだけで瞬時に決済が完了するため、その手軽さから中国の都市部の若年層を中心にキャッシュレス化を急激に普及させています。日本国内においても、2015年より、成田、羽田空港内施設の他、百貨店・ドラッグストア・飲食店など多業種で導入が開始されています。

※1 出典:日本政府観光局(JNTO)「訪日外客数」より http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

■石橋楽器店 会社概要

株式会社石橋楽器店
本社:東京都千代田区神田小川町2-14 オーエスビル
創 業:1938年6月
資本金:7,400万円
代表者:代表取締役社長 五十嵐勝則
従業員数:446名(2016年8月現在)
売 上 高:115億8,400万円 (2016年5月期)
事業所:本社(東京都千代田区)
店舗:18店舗
御茶ノ水(御茶ノ水本店、御茶ノ水ドラム館)、渋谷(渋谷店、渋谷WEST)、新宿、池袋、町田、立川、横浜、津田沼、大宮、心斎橋、梅田、神戸三宮、名古屋栄、福岡、仙台、札幌
通信販売センター(東京都千代田区)
音楽教室:(津田沼、名古屋栄)
URL: http://www.ishibashi.co.jp/
子会社:上海意希芭世楽器有限公司 (100%出資の中国現地法人)

■WeChatアカウント

石橋楽器日本 @ishibashinihon

■本件に関するお問合せ先

株式会社石橋楽器店 営業部
TEL:03-3291-7991 (11:00-19:00)
E-Mail: info@ishibashi.co.jp

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

【実際どう使われているの?】インバウンドで注目の中国電子決済 「Alipay」対「WeChatPayment」で機能面・使用シーンを比較

こんにちは。アレンジの筑波です。最近、決済系のベンチャーも続々と立ち上がりつつある日本ですが、中国では圧倒的な2大巨頭によって、市場が独占されています。そう、Alibaba(アリババ)が運営しているAlipay(アリペイ)とTencent(テンセント)が運営しているWeChatPayment(ウィーチャットペイメント)。これらが、どういう感じで使われているかも含めて考察を書こうと思います。 Alipayvs.WeChatPayment比較その1:シェア割合は?まず、Alipay...


Favicon訪日ラボ

 

取引額153兆円の中国電子決済サービスとは:Alipay、WeChat paymentの2大巨頭

中国では驚異的な速さで電子マネーが普及しています。その中でもAlipay(支付宝)とWeChatPayment(微信支付)という2つの電子決済サービスが市場争いを繰り広げています。ネット通販から始まった決済サービスが実店舗へも広がり、取引額はおよそ日本の30倍以上。今回は、現在中国で支払いのスタンダードとなりつつある電子決済サービスについてご紹介します。中国の電子決済サービスは取引額153兆円、約日本の30倍調査会社の比達咨詢によると、2015年の中国のモバイル決済の取引額は約9...


Favicon訪日ラボ

 

まさに三国志状態 中国3大決済サービスWeChat Payment、Alipay、銀聯カードの日本でのシェア争い始まる インバウンド対策での導入が続々と

国内で巨大な市場になっている「インバウンド市場」企業・店舗が訪日外国人観光客を集客、もしくは誘致する際に、大きなターゲットになってくるのは「爆買い」とのキーワードでも知られる訪日中国人観光客。「爆買い」は失速したとの情報も耳に入りますが、観光庁による2016年のインバウンド消費額における内訳を確認してみると、訪日中国人観光客によるインバウンド消費は、ダントツの1位である1兆4,754億円を記録しており、2位が訪日台湾人観光客、4位が訪日香港人観光客であることを加味すると、中国語圏からの...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!