国内に21万人いる留学生がターゲットに!?ホームステイに特化した民泊サイトHomestay.com(ホームステイコム)とは?

国内に21万人いる留学生がターゲットに!?ホームステイに特化した民泊サイトHomestay.com(ホームステイコム)とは?

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。

2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。

Favicon訪日ラボ

 

300万人の訪日客が利用:国内で普及が進む民泊サービスAirbnbの利用実態をわかりやすくご紹介

2016年11月2日、日本政府観光局(JNTO)により、2016年1月から10月までの訪日外国人観光客数が2,000万人を超えたとの報道発表がありました。訪日外国人観光客数が異例のペースで増えている中、国内ではインバウンド向け宿泊施設の不足が問題となっていますが、最近では訪日外国人観光客の間で世界最大の民泊サービスであるAirbnbの普及が日本においても進んでいます。AirbnbJapan株式会社のプレスリリースによると、2016年1月から10月の間にAirbnbを利用した訪日外...

このように世界的規模で見ても大きなマーケットになっている「民泊市場」。日本でも民泊ビジネスが普及の一途をたどっており、中でもAirbnbを通じて民泊運用を行うケースが多々。一方で、お隣の国、中国ではどのような 民泊サービスが人気を集めているのでしょうか?

今回は、少し変わった民泊サイト「Homestay.com(ホームステイコム)」をご紹介します。

Favicon訪日ラボ

 

民泊はAirbnbだけじゃない!ホスト必見の海外で有名な民泊サイトまとめ9選

ホテルや旅館など一般的な宿泊施設を利用するよりも安価であることや、インターネットの普及、シェアリングエコノミー型サービスの流行などを理由に、世界的で旅行時に「民泊サービス」を活用する観光客が増えています。2017年2月15日の米フォーチュン誌によると、民泊サービス最大手であるAirbnbは、2020年までに35億ドル(日本円でおよそ3500億円)の年間売上を達成する見込みとのこと。このように世界的規模で見ても大きなマーケットになっている「民泊」。民泊サービスというと真っ先に思い浮か...

Homestay.com(ホームステイコム)とは?アイルランド・ダブリン発のホームステイに特化した民泊サービス

Homestay.com(ホームステイコム)キャプチャ
Homestay.com(ホームステイコム)キャプチャ

Homestay.com(ホームステイコム)とは、Hostelworld.comの共同設立者 Tom Kennedy氏とDebbie Flynn氏によって、2013年にアイルランド・ダブリンで設立されたホームステイに特化した民泊サイトです。

160か国以上&50,000人以上のホストを登録

Homestay.com(ホームステイコム)は、ヨーロッパを中心に世界160か国以上に展開しており、50,000人以上のホストが登録されています。これまでの利用者は、200,000人以上。サイト自体は、英語・スペイン語・イタリア語・オランダ語・フランス語・中国語の6か国語対応となっています。

Homestay.com(ホームステイコム)の特徴

Homestay.com(ホームステイコム)の特徴その1:学生・インターン生などに向け格安で民泊物件を貸し出し

民泊サイトHomestay.com(ホームステイコム)は、 主に語学学校や大学の交換留学で海外に在住している学生、もしくは海外でインターンを予定する学生に向けの民泊物件を掲載 しています。

そのため、Airbnbなど大手民泊サービスとは違い、 現地の人々との交流にフォーカスした民泊サービス であるため、他サービスと比べ私たちが想像するようないわゆる「ホームステイ」に近い民泊体験ができます。

Homestay.com(ホームステイコム)の特徴その2:宿泊費は平均3,100円/泊と比較的リーズナブルな民泊サイト

また、宿泊費が比較的安いのもHomestay.com(ホームステイコム)の特徴の一つ。平均宿泊費は、平均3,100円/泊となっており、語学学校や各種教育機関を通じてホームページを手配するよりも格安となっています。

外国人留学生は日本国内に約21万人!これからは留学生も民泊ゲストとしてのターゲットに?

独立行政法人 日本学生支援機構が発表した「平成27年度外国人留学生在籍状況調査結果日本国内の外国人留学生」によると、平成27年(2015年)5月1日時点で日本国内の外国人留学生は、約21万人となっています。

平成27年(2015年)5月1日時点で日本国内の外国人留学生:日本学生支援機構より
平成27年(2015年)5月1日時点で日本国内の外国人留学生:日本学生支援機構より

外国人留学生の数は年々増加傾向にあり、特に表中「専修学校(専門課程)」においては 前年比32.3%増 の38,654人、「日本語教育機関」においては、 前年比25.2%増 の56,317人となっています。まだまだ母数はすくないものの、年々着実にその数を増やしており、留学生などをゲストとして迎え入れたい日本国内の民泊ホストは、Homestay.com(ホームステイコム)への民泊物件のリスティングが効果的かもしれません。

まとめ:海外の学生をゲストとして受け入れるならHomestay.com(ホームステイコム)

今回は、2013年にアイルランド・ダブリンで設立されたホームステイに特化した民泊サイトHomestay.com(ホームステイコム)をご紹介してきました。

同民泊サイトはヨーロッパを中心に160か国以上、これまでに200,000人以上に利用されており、主な特徴は、

  • 学生・インターン生などに特化している点

  • 平均3,100円/泊と比較的リーズナブルな宿泊費

の2つです。

外国人留学生の増加から、ホームステイに特化した民泊サイトであるHomestay.com(ホームステイコム)は、民泊事業者にとってこれから注目のサービスになっていくかもしれません。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!