[前編]新潟県に訪日外国人を誘致したい場合に知っておくべきことまとめ:新潟県を訪れる訪日客の64.2%がスキーシーズンに宿泊

[前編]新潟県に訪日外国人を誘致したい場合に知っておくべきことまとめ:新潟県を訪れる訪日客の64.2%がスキーシーズンに宿泊

訪日外国人観光客に人気の旅行先は、以前であればゴールデンルートに偏っていましたが、最近では 地方にもスポットライトが当たり始めています。

観光庁が2017年6月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、2017年4月に地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、一昨年・去年と比べてそれぞれ10.2%、17.2%と増えており、地方部を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が着実に増えていることがわかります。

そのような状況の中、訪日外国人観光客は、何を目当てに地方を訪れているのでしょうか?日本政策投資銀行では、2017年4月に新潟県に関するインバウンド観光レポート「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」を発表。新潟県を訪れる訪日外国人観光客の実態を紹介しています。本資料をもとに、2回に分けて新潟県におけるインバウンド観光の特徴をご紹介します。

新潟県の訪日客延べ宿泊者数は過去最高の187,000人に しかし全国比では低下

2016年に新潟県に宿泊した延べ訪日外国人観光客数は、187,000人を記録し、過去最高を記録しました。

2015年の新潟県に宿泊した延べ訪日外国人観光客数と比較した場合、2016年の結果は、5.3%増の結果となりますが、全国平均の対前年伸び率は、5.9%増となっており、全国比では若干の低下傾向が見られます。

新潟県の宿泊した訪日客の中でもっとも多いのが台湾人という結果に 東アジアに加え欧米圏でも比較的人気の観光地

2016年に新潟県に宿泊した訪日外国の割合(国籍別):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化
2016年に新潟県に宿泊した訪日外国の割合(国籍別):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化

上記のグラフが示しているように、2016年、新潟県に宿泊した訪日外国人観光客の中で、もっとも多い割合を占めたのが訪日台湾人観光客でした。(43,090人)

2番目に多かったのが訪日中国人観光客(34,500人)、3番目が訪日韓国人観光客(19,230人)となっており、主に東アジアからの訪日外国人観光客に人気の観光地になっている ことが、把握できます。

また、新潟県に宿泊した訪日アメリカ人観光客と訪日オーストラリア人観光客の数は、それぞれ10,670人、8,600人となっており、同地に宿泊したタイやシンガポールなど東南アジア圏出身の訪日外国人観光客の数よりも多い結果になっています。他の地方都市と比較すると、訪日アメリカ人観光客と訪日オーストラリア人観光客が多い傾向にあります。

Favicon訪日ラボ

 

訪日台湾人観光客のインバウンド

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

訪日アメリカ人観光客のインバウンド

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

スキーシーズンに新潟県に宿泊した訪日客は全体の64.2%に:ウィンタースポーツをしにくる訪日客が多い

「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」によると、2015年度に新潟県に宿泊した訪日外国人観光客のうち、64.2%は冬場のスキーシーズン(12月~3月)に併せて、新潟県に宿泊しました。

この数値は、2014年には64.6%、2013年には59.0%となっており、毎年、新潟に訪問する訪日外国人観光客のうち、その多くはスキーなどウィンタースポーツ目当てであるということがわかります。

訪日オーストラリア人観光や訪日アメリカ人観光客など欧米圏からの訪日外国人観光客は、一般的に体験型アクティビティを好みます。

スキーなどを活用したスポーツツーリズムを通じて、冬場のスキーシーズンに多くの訪日外国人観光客を呼び込むことに成功しています。

Favicon訪日ラボ

 

東京五輪に向け、盛り上がりを見せるスポーツツーリズム:観光資源を組み合わせ、独自性のある地域づくり

2010年頃から、観光庁による取り組みがスタートし、近年、注目を集めているスポーツツーリズム。2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向け、さらに盛り上がっていくことが予想されます。今回は、日本におけるスポーツツーリズムの動向、対象となる訪日外国人観光客などをご紹介します。 スポーツツーリズムとは古代オリンピックから存在する歴史の長い旅行形態スポーツ観戦もスポーツツーリズムの一部スポーツツーリズムは、その名の通り、スポーツを観光資源とした旅行のこと。ギ...

Favicon訪日ラボ

 

交通業界でのスポーツツーリズム促進の動き:京急グループ、ウィンタースポーツ向け新バス路線「羽田空港~白馬線」の運行を開始

年々増え続ける訪日外国人観光客の増加を受け、日本国内の各企業、自治体は訪日外国人観光客誘致の取り組みを行っています。訪日外国人観光客の訪日目的として、「日本食を食べること」「ショッピング」「日本の歴史・伝統文化体験」などが多い傾向にありますが、最近ではスキーや、登山、海水浴などを楽しむために訪日する訪日外国人観光客も増え、スポーツを観光資源とした旅行形態である「スポーツツーリズム」が脚光を浴び始めています。京急グループの羽田京急バス株式会社(以下、羽田京急バス)は、アルピコ交通東京...

Favicon訪日ラボ

 

自治体による訪日豪州人観光客のインバウンド誘致に向けた政策:積極的に情報発信する地域も

訪日豪州人観光客は初来日の人が半数を占めており、民間のみならず政府によるインバウンド需要獲得に向けた政策が必要です。地方自治体も訪日豪州人観光客に照準をしぼった政策を行われています。どのような内容で日本をPRしているのでしょうか。 初めての訪日が多い訪日豪州人観光客初めての訪日の人が半数近くいて、3回以上と言う人が少ないのが訪日豪州人観光客の特徴です。9割以上が個人旅行で来ていて、この初めての人の満足度が高く、また来たいと思っている人が7割を超えているというのも注目すべきところ...

Favicon訪日ラボ

 

交通業界でのスポーツツーリズム促進の動き:京急グループ、ウィンタースポーツ向け新バス路線「羽田空港~白馬線」の運行を開始

年々増え続ける訪日外国人観光客の増加を受け、日本国内の各企業、自治体は訪日外国人観光客誘致の取り組みを行っています。訪日外国人観光客の訪日目的として、「日本食を食べること」「ショッピング」「日本の歴史・伝統文化体験」などが多い傾向にありますが、最近ではスキーや、登山、海水浴などを楽しむために訪日する訪日外国人観光客も増え、スポーツを観光資源とした旅行形態である「スポーツツーリズム」が脚光を浴び始めています。京急グループの羽田京急バス株式会社(以下、羽田京急バス)は、アルピコ交通東京...

新潟県に訪れる訪日客は個人で航空券とホテルを手配する傾向にある→FITが比較的多い

訪日観光客の旅行形態(全国と新潟県の比較):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化
訪日観光客の旅行形態(全国と新潟県の比較):日本政策投資銀行「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」より数値をグラフ化

「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」によると、新潟県を訪れる訪日外国人観光客のうち、52.8%は、航空券とホテルを個別で手配しています。また、45.3%の訪日外国人観光客は、旅行代理店などで発売されている旅行パックプランで新潟県を旅行しています。

航空券とホテルを個別手配するFITが多い という点は特筆するべき部分で、同割合の全国平均である35.2%と比べてもだいぶ大きい数値になっています。全国平均では60.7%の訪日外国人観光客が、観光時に旅行パックを使いますが、新潟県に宿泊した訪日外国人観光客の間では、そこまで大きなウェイトを占めていません。

Favicon訪日ラボ

 

着地型観光とは? 最近インバウンドでも話題 地方誘致の促進なるか

着地型観光とは?着地型観光(着地型観光商品/着地型インバウンド)とは、旅行者の受入地域で開発される観光プログラムのことです。旅行者は、訪問先現地で集合、参加し、解散するような観光形態がとられます。特にインバウンドにおいては、観光立国のための重要課題である地方誘致促進に効果があるとして、注目を集めています。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちらコト消費に対応!インバウンド動画プロ...

Favicon訪日ラボ

 

FITの増加から地方空港のインバウンド対策が進む:HIS 仙台空港にインバウンド向け施設開業&政府からも支援

中国や東南アジア諸国などを対象にしたビザの条件緩和や、格安航空会社(LCC)の普及、また円安が進んだことなどを理由に、近年、訪日外国人観光客の数が増え続けています。このような背景を受け、政府は今年、訪日外国人観光客数を2020年に4,000万人とする新たな目標を発表しています。航空路線の拡大やクルーズ船の寄航増加などもあり、2016年度も1月から8月までの期間で、訪日外国人観光客数は初めて1,600万人を超えるなど、訪日外国人観光客数は引き続き好調に伸びています。そんな追い風を受け...

Favicon訪日ラボ

 

FITと企業・団体をマッチング:訪日客向け観光モデルコース情報サイトTaiken Japan - Suggested Itineraries - とは?

今年の訪日外国人観光客数は、10月末で2,000万人を突破し、これからも訪日外国人観光客数は増加が見込まれています。そのため、国内の企業・自治体では「インバウンド誘致」はホットなキーワードとなっています。今回は、インバウンド誘致を検討している企業・自治体と訪日外国人観光客をマッチングするサイトをご紹介します。 TaikenJapanとは?FITと企業・団体をマッチング訪日客に観光コースを紹介「TaikenJapan-SuggestedItineraries...

まとめ:新潟県におけるインバウンド観光の実態:ポイントは「欧米豪圏」「FIT」 「スポーツツーリズム」の3つ

日本政策投資銀行の資料「新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-」から新潟県におけるインバウンド観光の実態をご紹介してきました。今回は第一回目です。

2016年に新潟県に宿泊した延べ訪日外国人観光客数は、187,000人を記録し、過去最高を記録しました。

新潟は、基本的に訪日台湾人観光客、訪日中国人観光客を筆頭とする東アジア出身の人々に人気の観光地になっていますが、全国比で見た場合、訪日オーストラリア観光客や訪日アメリカ人観光客の訪問も多い結果になっています。

理由としては、2015年度に新潟県に宿泊した訪日外国人観光客のうち、64.2%は冬場のスキーシーズン(12月~3月)に併せて、新潟県に宿泊した ことから、スキーを中心としたウィンタースポーツを楽しめるという点が、訪日外国人観光客にとって高ポイントであったことが予測できます。また、比較的 FITが多い 点にも留意するべきでしょう。

Favicon訪日ラボ

 

東北地方の広域観光周遊ルートの特徴:日本海側、太平洋側の豊富な観光資源を活用

訪日外国人観光客による周遊旅行の拡大を目的に、テーマ、ストーリー性を持った形で観光ルートをまとめ、海外へ積極的な発信を行う「広域観光周遊ルート形成促進事業」。日本各地で、それぞれの地域の魅力を活かした個性的なモデルコースが設定されており、想定されるターゲット層、ニーズまで掲げられています。今回は、欧米からアジアまで幅広い客層の獲得を目指す東北地方の広域観光周遊ルートについて見ていきましょう。 日本の奥の院・東北探訪ルート東北地方の広域観光周遊ルートの名称は「日本の奥の院・東...

Favicon訪日ラボ

 

新潟市でも特区民泊スタートへ! 食、自然を活かした「ガストロノミー・ツーリズム」の推進を目指して

大阪、東京、京都など都市圏を中心に導入が進めれれている「特区民泊」。そこに新たに新潟県新潟市が加わる見込みであることが、平成29年4月20日に報じられました。新潟市は本州日本海側では最も人口が多く、唯一の政令指定都市となっています。米どころとして知られる同県の例にもれず、新潟市も自然が豊かな土地柄で、農泊やグリーン・ツーリズムの拠点として特区民泊制度を活用する狙いです。[blogcardurl=https://honichi.com/14572]今回は、他の特区民泊導入地...

<参照> - 日本政策投資銀行:新潟におけるインバウンド推進に向けて-認知度向上を図り、ホンモノ志向客の有利促進を-

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!