中国人向けモバイル決済サービス「Alipay」・「WeChat Pay」の取扱を開始

中国人向けモバイル決済サービス「Alipay」・「WeChat Pay」の取扱を開始

中部国際空港セントレアでは、近年中国国内で急速に普及が進んでいる中国人向けモバイル決済「Alipay(支付宝)」ならびに「WeChat Pay(微信支付)」について、一部店舗での取扱を開始しました。

[中部国際空港株式会社]

中部国際空港セントレアでは、近年中国国内で急速に普及が進んでいる中国人向けモバイル決済「Alipay(支付宝)」ならびに「WeChat Pay(微信支付)」について、一部店舗での取扱を開始します。   2016年度にセントレアをご利用いただいた中国人旅客は、前年度比112%の103万人(※)となっており、これまでも「WeChat」のシェイク機能を活用した情報提供トライアルなどの取組みを進めてきましたが、このたび、中国人旅客が自国と同様に決済できる環境を整えることで、さらなる利便性の向上を図ります。なお、取扱店舗は、今後順次拡大する予定です。
(※)出典:法務省 出入国管理統計より当社調べ

セントレアでは、近年中国国内で急速に普及が進んでいる中国人向けモバイル決済「Alipay(支付宝)」ならびに「WeChat Pay(微信支付)」について、一部店舗での取扱を開始します。
2016年度にセントレアをご利用いただいた中国人旅客は、前年度比112%の103万人(※)となっており、これまでも「WeChat」のシェイク機能を活用した情報提供トライアルなどの取組みを進めてきましたが、このたび、中国人旅客が自国と同様に決済できる環境を整えることで、さらなる利便性の向上を図ります。なお、取扱店舗は、今後順次拡大する予定です。(※)出典:法務省 出入国管理統計より当社調べ

1.モバイル決済サービスの取扱開始について

■開始日時
2017年7月11日(火)
■開始内容
①「Alipay(支付宝)」
②「WeChat Pay(微信支付)」
お客様のスマートフォン上に表示された「QRコード・バーコード」を、店舗側が用意するタブレット型端末で読み取ることで、決済が完了します。
■導入店舗:以下の計3店舗。9ut
①<国際線出発制限エリア 免税店>「酒・たばこ店」
②<国際線出発制限エリア 免税店>「CENTRAIR PLAZA」
※「CENTRAIR PLAZA」は人気の高い日本のお菓子や雑貨等を揃えた店舗です。
③<旅客ターミナルビル4階>ユニクロ 中部国際空港店

2.ご参考

■Alipayについて
2004年から中国にて開始したEC決済サービス。世界一の決済プラットフォームとして、中国国内では200万社以上、海外13万社以上の加盟店で利用できると言われています。
■WeChat Payについて中国版「LINE」ともいわれ、中国スマホ利用者の9割がインストールしているとも言われる人気のコミュニケーションアプリ「WeChat(微信)」内から利用できる決済サービス。中国国内約30万店で導入されていると言われています。

スマホ画面をかざして決済
スマホ画面をかざして決済
今回導入する2サービス
今回導入する2サービス

Alipay・WeChat Pay決済サービスを見てみる

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

成田1強から変化 インバウンドの玄関口はどこだ!?訪日外国人の入国者数で見る空港・湾港ランキング

インバウンドのおもてなしの玄関口となる空港や湾港。その利用者数は、今まではゴールデンルートの出発点となる成田空港の1強でしたが、その勢力図に変化が見え始めています。今回は、訪日外国人観光客が日本のどこから入国しているのかを調査してまとめました。<関連>[blogcardurl=https://honichi.com/3679][blogcardurl=https://honichi.com/10015]インバウンドに関する調査・データについてより詳しい資料のダウン...

Favicon訪日ラボ

 

Alipay(アリペイ)の導入は訪日中国人集客に不可欠?旭川空港でもAlipay(アリペイ)導入を開始!

2003年から2016年の訪日中国人観光客数推移訪日外国人観光客を集客、もしくは誘致する際に、やはり大きなターゲットになってくるのは訪日中国人観光客。訪日外国人観光客数の中で、もっとも大きな割合を占めるのが訪日中国人観光客であり、右の表を見てみると、訪日中国人観光客数は東日本大震災のあった2011年を除いて、年々大きな伸び率を記録していることが確認できます。こうした背景から、訪日中国人観光客をインバウンド誘致するために、中国で広く普及している電子決済サービス「Alipay(...

Favicon訪日ラボ

 

まさに三国志状態 中国3大決済サービスWeChat Payment、Alipay、銀聯カードの日本でのシェア争い始まる インバウンド対策での導入が続々と

国内で巨大な市場になっている「インバウンド市場」企業・店舗が訪日外国人観光客を集客、もしくは誘致する際に、大きなターゲットになってくるのは「爆買い」とのキーワードでも知られる訪日中国人観光客。「爆買い」は失速したとの情報も耳に入りますが、観光庁による2016年のインバウンド消費額における内訳を確認してみると、訪日中国人観光客によるインバウンド消費は、ダントツの1位である1兆4,754億円を記録しており、2位が訪日台湾人観光客、4位が訪日香港人観光客であることを加味すると、中国語圏からの...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!