当社子会社EGV社がベトナム初のLCCであるジェットスター・パシフィック航空との航空券販売の代理店契約締結~ベトナムにおける航空会社との契約第二弾~~日本就航および提携を記念し、キャンペーンを実施~

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[株式会社エボラブルアジア]

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅、証券コード:6191、以下当社) の子会社であるEVOLABLE ASIA GLOBAL VIETNAM COMPANY LIMITED(本社:ベトナム ホーチミン、CEO:秋山 匡秀、以下EGV社)は、ベトナム初のLCCであるジェットスター・パシフィック航空(本社:ベトナム ホーチミン、代表:グエン・クオック・フォン、以下ジェットスター・パシフィック航空)との航空券販売の代理店契約を締結いたしました。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

■ジェットスター・パシフィック航空とは

 ジェットスター・パシフィック航空は、ベトナムを拠点とした航空会社です。株式の70%をベトナム航空が保持し、30%の株をカンタスグループ(オーストラリアのカンタス航空)が保有しております。
 1991年にベトナムに投資され、ベトナム最初のLCCとして2008年5月に就航いたしました。現在はベトナム国内・国際線を合わせて36路線就航しております。ベトナム最大の航空会社、ベトナム航空のグループであり、17カ国の都市へ80路線以上を運航するジェットスター航空(オーストラリア、ニュージーランド)、ジェットスター・ジャパン(日本)、ジェットスター・アジア航空(シンガポール)からなるアジアでも有数のLCCである「ジェットスター・グループ」の一員でもあります。
 2008年~2010年にかけてベトナムで最も人気を集めたeコマースwebサイトに選出され、ベトナムで有名なブランド賞なども受賞いたしました。
 2017年6月26日(月)の発表の通り、LCCとして初めて関西(大阪)とベトナムの2都市(ハノイ・ダナン)を結ぶ直行便の運行(4便/週)を9月1日(金)より開始いたします。

■今後の取り組み

 ジェットスター・パシフィック航空が運航するベトナムの国内航空券の取り扱い、および9月1日(金)より新規就航する大阪(関西)とベトナム(ハノイ・ダナン)路線を取り扱いいたします。
 また、ジェットスター・パシフィック航空の日本就航および提携を記念し、キャンペーンを実施いたします。ベトナムのビーチリゾートであるダナンの4つ星ホテルの1泊無料宿泊券を抽選で20名様にプレゼントいたします。
 キャンペーン期間   :2017年7月14日(金)~8月13日(日)
 出発期間   :2017年10月1日(日)~10月31日(火)
 応募資格      :キャンペーン期間中にジェットスター・パシフィック航空の関西⇔ダナン路線の往復航空券を購入し、出発期間が2017年10月1日(日)~10月31日(火)の方
詳細は下記URLをご覧ください。https://overseas.airtrip.jp/special/jetstarpacificairlines

■EGV社の展開

 2016年9月にグローバル展開事業部を新設し、同年11月に当社の100%出資子会社として、EVOLABLE ASIA GLOBAL VIETNAM COMPANY LIMITEDを設立いたしました。2017年6月にはベトナム航空とOTA代理店契約を締結しております。
 日本発海外、海外発海外、海外発日本へのオンライン旅行サービスを展開し、当社がかかげるOne Asiaのビジョン実現のため、EGV社はBeyond Bordersのビジョンをかかげ、拡大するアジアのECマーケットにむけ、オンライン旅行サービスの展開を引き続き実現してまいります。

■業績に与える影響

 平成29年9月期の当社の業績へ与える影響は軽微です。

【ジェットスター・パシフィック航空】

本社  :112 Hong Ha, Ward 12, Tan Binh Dist. Ho Chi Minh City, Vietnam
社名  :ジェットスター・パシフィック航空
代表者 :CEO グエン・クオック・フォン
URL :http://www.jetstar.com/jp/ja/about-us/jetstar-group/jetstar-pacific

【EVOLABLE ASIA GLOBAL VIETNAM COMPANY LIMITED】

本社  :No 09 Dinh Tien Hoang, DaKao ward, district 1, Ho Chi Minh
社名  :EVOLABLE ASIA GLOBAL VIETNAM COMPANY LIMITED
代表者 :CEO 秋山 匡秀
URL :http://vn.evolableasia.com/

【株式会社エボラブルアジア】

本社  :東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー19階
社名  :株式会社エボラブルアジア
代表者 :代表取締役社長 吉村 英毅
資本金 :1,022,636千円(払込資本 1,850,272千円)
URL :http://www.evolableasia.com/

【当社サービスサイト】

総合旅行サービスプラットフォーム AirTrip :https://www.airtrip.jp/
AirTrip海外航空券             :https://overseas.airtrip.jp
総合旅行販売サイト TRIP STAR     :http://japanflight.tripstar.co.jp/
国内航空券予約サイト 空旅.com     :http://www.soratabi.com/
ビジネストラベルマネジメント(BTM)事業  :http://www.evolableasia.com/service/btm.html
ITオフショア開発事業         :http://offshore.evolableasia.com/
【当社IRサイト】    :http://www.evolableasia.com/ir/

<関連>

ANAインバウンド拡大 LCCのPeach(ピーチ)を子会社化:アジア圏でのインバウンド向け航空事業をさらに拡大へ

平成29年(2017年)2月24日、ANAホールディングスが、LCC(格安航空会社)として知られるPeach Aviation(ピーチ・アビエーション)の株式を取得し、子会社化することが発表されました。インバウンド需要の拡大を見越した動きで、2017年~2020年度にかけてPeach Aviation(ピーチ・アビエーション)のさらなる事業拡大を目指すとしています。訪日外国人観光客の大部分を占めるPeach Aviation(ピーチ・アビエーション)の買収は、観光関連業界にどのような影響を...

外国人観光客誘致の地方自治体の戦略とは/岡山に学ぶ成功取組事例

オリンピック誘致決定などから年々、外国人観光客誘致(インバウンド誘致)が重要度をます中、最近では地方にも注目が集まっています。観光庁が2016年11月30日にリリースした宿泊旅行統計調査によると、三大都市圏に宿泊した訪日外国人観光客数は、2015年と比べて約1.4%アップと微増を記録しました。一方、地方部に宿泊した訪日外国人観光客数は、2015年と比べ約7.8%アップとなっており、地方を滞在先として選ぶ訪日外国人観光客が増えていることがわかります。そこでこの記事では、地方部の中でも成功事例...

関西国際空港が大規模なインバウンド対策!ウォークスルー型ショッピングエリア、「スマートセキュリティー」導入

関西国際空港を運営する関西エアポートは平成29年(2017年)1月28日、同空港に改修した第2ターミナルビルをオープンしたことを発表しました。第2ターミナルビルには国内線だけでなく、国際線も発着する予定で、国内の空港としては初となる1,090平方メートルに及ぶ大規模なウォークスルー型免税店舗などが開設されます。関西には大阪、京都といった訪日外国人観光客の人気観光地が集まっており、そのインバウンド需要の大きさなども意識した設計になっていると思われます。どのような設備が導入されているのか、ご紹...

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜


4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか?また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。

このセミナーでは、

  • 新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
  • インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
  • そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない

方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!

詳しくはこちらをご覧ください。

4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに