メルカリが「メルチャリ」としてサイクリングシェア事業に参戦? インバウンド市場でも注目を集める自転車シェアリングの可能性とは?

メルカリが「メルチャリ」としてサイクリングシェア事業に参戦? インバウンド市場でも注目を集める自転車シェアリングの可能性とは?

近年、スマートフォンの普及により爆発的に人気を集めている シェアリングエコノミー型サービス。 空いている部屋や物件を旅行者など宿泊場所を探している人に貸し出す Airbnb や、アプリを通じて一般人がタクシードライバーとして利用者を目的地まで送り届けてくれる UBER などがその代表的事例です。

空き時間や使われていないモノを有効活用する為にインターネットを介し、個人間で余剰なモノのやり取りをする シェアリングエコノミー型サービスは、世界中で注目されており、中国では、自転車までもがそのサービスに組み込まれています。

スマートフォンからフリーマーケットを楽しむことができる日本国内の人気サービス「メルカリ」を運営する株式会社メルカリも、自転車のシェアリング事業に参戦するかもしれません。

メルカリがサイクリングシェアに参戦?自転車の貸与に関する商標を提出

特許庁が発行している公開商標公報によると、株式会社メルカリは2017年6月26日、merchari(メルチャリ) と名付けられたサービスに関する商標を提出しました。

詳しくは触れられていませんが、区分の欄を確認すると 9(ダウンロード可能な携帯電話用のプログラムほか),12(自転車ほか),39(自転車の貸与及びこれに関する情報の提供ほか) と記載されており、サイクリングシェアに関するアプリ を開発中であることがおおよそ把握できます。

余っている自転車を個人の間で貸し借りするサイクリングシェア事業を立ち上げる可能性があるメルカリ。この背景には、サイクリングシェアが海外で大流行していることが関係しているかもしれません。

中国ではすでに浸透しているサイクリングシェア:北京では街中が自転車で溢れかえる

サイクリングシェアは、日本国内においては、まだまだ一般人の生活には浸透しきっていないのが現状。しかし、Newsweekの記事によると、お隣中国では、サイクリングシェアはすでに人々の生活に浸透しきっているとのこと。

中国でシェアを広げる自転車シェアリングサービス「Ofo」:photo by N509FZ
中国でシェアを広げる自転車シェアリングサービス「Ofo」:photo by N509FZ

現在、北京や上海など中国国内の大都市を訪れると、オレンジや黄色の自転車が、町中にあふれています。黄色の自転車を提供するのが中国のサイクリングシェアの元祖 「Ofo」、オレンジが 「Mobike」 です。

中国のサイクリングシェアサービスの特徴的な部分は、「サイクルポート(自転車を貸し借りする場所)」が存在しない点です。 アプリ利用者は、アプリ上で自転車の認識番号や鍵となる暗証番号をやり取りするため、どこで乗ってもどこで降りても良いというまさに 「乗り捨て感覚」で、自転車をシェアしています。

このように、自転車を利用したサービスは、世界中で普及しつつありますが、これは 日本国内のインバウンド観光においても言えることです。

日本のインバウンド市場でも「自転車」を活用したサービスは熱い?!

ジャパン・トラベルとドコモ・バイクシェアが共同で訪日客に自転車利用を促進

ドコモ・バイクシェアの提供するレンタル自転車:港区ウェブサイトより引用
ドコモ・バイクシェアの提供するレンタル自転車:港区ウェブサイトより引用

2016年11月30日、NTTドコモの関連会社でサイクリングシェア事業を行っている会社「株式会社ドコモ・バイクシェア」は、訪日外国人観光客に日本の観光情報を提供するメディア「JapanTravel.com」を運営する会社「ジャパン・トラベル株式会社」と業務提携を発表しています。

主な取り組みとして、

  • 観光の新たな交通手段としての自転車利用に関する情報の提供
  • 自転車ツアーサービスの実施

の2つが行われるとのこと。2つ目の取り組みに関しては、訪日外国人観光客向けに、ツアーガイド付きで「旧江戸巡りコース」「公園巡りコース」などの提供し、サイクリングとともに、東京の観光を楽しんでもらいます。

Favicon訪日ラボ

 

訪日観光に新たな移動手段?ドコモ・バイクシェア、ジャパン・トラベルと提携で訪日客に自転車利用促進へ

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

スポーツツーリズムの一環としてもサイクリングツーリズムは人気を集めている

しまなみ海道マップ:SHIMAPより
しまなみ海道マップ:SHIMAPより

また、サイクリングはスポーツツーリズムの一環として組み込まれています。

例えば、瀬戸内の広域観光周遊ルート「瀬戸内しまなみ海道」は、サイクリングを通じて地域の持つ観光資材を訪日外国人観光客に楽しんでもらえるモデルコースです。

2014年にはCNNが「世界で最もすばらしい7大サイクリングコース」のひとつに選定しており、ランスミシュラン社のガイド誌でも1つ星を獲得。 世界的に高く評価されています。

「瀬戸内しまなみ海道」を目的に世界中のサイクリストが瀬戸内しまなみ海道沿いの観光地を訪れており、サイクリストはインバウンド観光にも役立つツールになっています。

Favicon訪日ラボ

 

東京五輪に向け、盛り上がりを見せるスポーツツーリズム:観光資源を組み合わせ、独自性のある地域づくり

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

広域観光周遊ルート「せとうち・海の道」の特徴:サイクリングが楽しめる珍しいモデルコースを設定

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Favicon訪日ラボ

 

スポーツ文化ツーリズムアワード2016大賞受賞 世界的に人気を集める「瀬戸内しまなみ海道」が誕生した理由とは:総額7500億円のサイクリングコース、世界で最もすばらしい7大サイクリングコースにも選定

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

まとめ:自転車のシェアリングはインバウンド市場においても注目されるべき

メルカリがサイクリングシェア型サービスに関する商標を提出したことや、中国でサイクリングシェアが日常生活に浸透していることから、自転車の貸し借りを核としたシェアリングエコノミー型サービスは、世界中で人気になりつつあります。

インバウンド観光においても自転車の活用は、ホットなトピックに なっており、昨年はドコモ・バイクシェアとJapanTravelが業務提携を開始。訪日外国人観光客に自転車の利用を促しています。また、瀬戸内しまなみ海道が世界的に大きな注目を集めており、それを目当てに多くの訪日外国人観光客が、海道沿いの観光地を訪れていることなども踏まえると、自転車の持つ可能性は、日本のインバウンド市場においても無視できないものであるといえるでしょう。

Favicon訪日ラボ

 

進むサイクリングシェアのインバウンド活用 東京・大阪・名古屋・福岡の訪日客向け自転車レンタルサービス5選

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!