五輪 自転車競技の伊豆開催をにらみ世界的に有名なマリオットホテルが伊豆で開業、2020年を目指し訪日外国人観光客の受け入れを強化

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本でも避暑地、都心からすぐに行けるリゾート地として有名な伊豆にマリオットホテルが開業しました。伊豆市は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技の開催地 となっており、マリオット・インターナショナルは訪日外国人観光客の受け入れ強化 を目指しています。


マリオットホテルとはどのようなホテルなのか?

マリオットホテルWEBサイト英語版より

マリオットホテルWEBサイト英語版より

マリオットホテルはマリオット・インターナショナルが運営している高級ホテルです。マリオット・インターナショナルは122を超える国と地域に30ブランド、6,100を超える宿泊施設を擁しており、2016会計年度には170億以上の収益を計上している世界最大のホスピタリティ企業となります。もともとアメリカで生まれた企業で、90年近くに渡り成長を続けてきました。

日本市場においては訪日外国人観光客の増加を追い風に、現時点でも10軒以上の新規出店計画が進んでいます。 森トラストが所有するホテル「ラフォーレ」を森トラストがマリオットとフランチャイズ契約を結ぶことで、今までも中軽井沢(長野県)、南紀白浜(和歌山県)、山中湖(山梨県)の「ラフォーレ」をマリオットホテルに転換してオープンさせてきました。そして今回7月28日に 修善寺(静岡県) 、琵琶湖(滋賀県)にある「ラフォーレ」をマリオットホテルとしてオープンしたというわけです。

マリオット・ホテルが伊豆にオープンした背景

7月28日に伊豆市の「ラフォーレリゾート修善寺」のホテル棟を全面改装した「伊豆マリオットホテル修善寺」がオープンしましたが、その背景には増え続ける訪日外国人数があります。全国的には2020年の東京オリンピック、パラリンピックをめどに様々な開発が進んでいるわけですが、伊豆市の場合は2020年の東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技の開催地 であるという大きな理由があります。

東京都オリンピック・パラリンピックの自転車競技の会場とされているのは全国では東京都江東区の「有明BMXコース」、静岡県伊豆市の「伊豆マウンテンバイクコース」、「伊豆ベロドローム」の3箇所です。もともと伊豆市には1965年6月にオープンした「自転車の国サイクルスポーツセンター」がありますが、今回のオリンピック会場となっている「伊豆ベロドローム」などは屋内型自転車トラック競技施設として2011年にオープンしたものです。

2020年東京オリンピック・パラリンピックの自転車競技会場 伊豆ベロドローム

世界的にも自転車人口、自転車競技のファン人口が多いことなどから 2020年の東京オリンピック、パラリンピックでは多くの訪日外国人観光客が伊豆市を訪れる ことが予想されています。しかし、修禅寺、伊豆エリアには高級旅館は存在するものの、外国人にとって馴染みの深い外資系高級ブランドのホテルがない こともあり、今回マリオット・インターナショナルは「ラフォーレ」をマリオットホテルにリニューアルオープンしたという背景があります。

<関連>

“サイクリングで地方誘客を” 中国経産局の「Cycling×Life

中国経済産業局では、サイクリングをツールとした新たな観光関連産業の創出を目指し、「Cycling × Life Project(サクラプロジェクト)」(以下、サクラプロジェクト)を立ち上げました。先日7月29日、サクラプロジェクトの第一弾の取り組みとして、山口県でアイデアソンを開催されました。近年のインバウンド市場の拡大とともに注目を集めるスポーツツーリズム。その中でもサイクリング(サイクルツーリズム)に注目した本プロジェクトはどのようなものなのでしょうか?サクラプロジェクトの全容とともに...

1300万のインバウンド消費!Mt.富士ヒルクライムに見るスポーツツーリズムとインバウンド効果:前編

先日、6月12日(日)に行われた「富士の国やまなし 第13回Mt.富士ヒルクライム」。同大会は富士スバルラインの料金所手前から五合目までの距離25km、1,270mを駆け登る自転車のヒルクライム(坂登り)レースです。同日6月12日に「富士の国やまなし 第13回Mt.富士ヒルクライム」公式HPに発表されたリザルトをみると、意外と外国人名がチラホラ目につきます。訪日ラボで訪日豪州人観光客のサイクリングの人気についてお伝えしたように、スポーツツーリズムの波がじわじわと広まっています。今回は、「富...

「伊豆マリオットホテル修善寺」の特徴

マリオット・インターナショナルは「ラフォーレ」をマリオットホテルにリニューアルオープンするにあたり、和室中心から洋室中心に部屋を転換。 部屋数を全128室に増室。温泉露天風呂付きなどの部屋を用意するなどしています。1階ロビーやレストランなども一新し、外国人の中にはジムを習慣的に利用するが多い人がいることなどから、宿泊者が24時間利用できるフィットネスセンターも新設しています。

富士や天城連山を望む好ロケーションのホテルであることから、伊豆の森をイメージしたモチーフを随所に施しています。「伊豆マリオットホテル修善寺」は「旧総合リゾートホテル ラフォーレ修善寺」のホテル棟部分であるため、同一敷地内にあるラフォーレリゾート修善寺のテニスコートやゴルフコースを使用することも可能となっています。

2020年には500億以上の市場に!? 世界と比較する日本のインバウンド・ゴルフツーリズム

近年、日本各地で「スポーツツーリズム」が盛り上がりを見せています。この背景には インバウンド市場の急激な成長、インバウンドトレンドの「コト消費」化、さらには地方創生のためのインバウンド地方誘致 などがあると考えられるでしょう。例えば、日本でも最近ブームになったサイクリング。レンタサイクルの普及や日本ならではの風景・自然を楽しめるとして、瀬戸内・しまなみ海道や、先日第一弾の取り組みについてご紹介した中国地方のサクラプロジェクトを始めとして各地でモデルルートを作成、PRを進めています。スポーツ...

また、訪日外国人観光客に「コト消費」の人気が高まっている ことなどもあり、”中伊豆「わさび」満喫ツアー”(わさびをさまざまな切り口から体感し、美味しいわさびを育んだ中伊豆でわさびの収穫やわさび漬け作りを行う)、”修禅寺「坐禅体験」と庭園特別拝観”(1200年超の歴史を刻む修禅寺での座禅体験。そして、普段は一般公開されていない本堂と、大正天皇より東海第一と絶賛された庭園を眺める)などの体験型ツアーも用意されています。

ホテルのインバウンド対策 これらの対策は万全ですか?

マリオット・インターナショナルは2020年をめどに様々なブランドでの新規ホテルの開発を進める

マリオット・インターナショナルは日本では最高級ブランド「ザ・リッツ・カールトン」、高級ブランド「オートグラフコレクション」「マリオット」「ルネッサンス」、中・上級ブランド「コートヤード・バイ・マリオット」の5ブランドを展開しています。今後は11月に「モクシー東京錦糸町ホテル」「モクシー大阪本町」をオープン。2018年には「フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港」をオープン。2020年には「JWマリオットホテル奈良」「ザ・リッツ・カールトン日光」を出店する予定としています。

ホテル・旅館など宿泊施設のインバウンド対策はこちら

<参考> - 伊豆マリオットホテル修禅寺 - オリンピック競技一覧  自転車競技

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料をダウンロードする(無料)

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!