日本のインバウンド市場の倍以上の規模!4兆9千億円を稼ぎ出すイタリアのインバウンド観光市場で知っておくべき9つの数字

訪日外国人観光客が 史上最多となる2,400万人 を突破した2016年。2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて 日本のインバウンド観光市場は盛り上がりを見せています。

日本は海外から人気の観光地としてブランドを確立しつつありますが、以前の記事でもご紹介したように UNWTO国連世界観光機関)が発表した世界観光ランキングによると日本は未だに16位にとどまっています。 これから先、さらに多くの訪日外国人観光客を誘致していくうえで、他国のインバウンド観光市場ならびにインバウンド誘致策を学ぶことは必須 であるといえるでしょう。

世界屈指の観光立国イタリアにおけるインバウンド市場はどのようになっているのでしょうか。 World Travel & Tourism Councilや各種データベースをもとにひもといていきます。

2016年の訪日数2,400万人ってそもそもすごいの?世界観光機関が発表した観光ランキング

政府は昨年、これまでの目標値を大幅に引き上げ、2020年に4,000万人のインバウンド誘致 を目指すことを発表しました。急激な訪日外国人観光客の増加により日本国内のインバウンド市場は盛り上がっていますが、そもそも2016年に日本に訪れた外国人観光客数2,400万人という数字は、他国に訪れた外国人観光客数と比較してどの程度のものなのでしょうか。 4,000万人のインバウンド誘致を目指すうえで、海外のインバウンド市場の比較して日本のインバウンド市場がどの程度の規模なのかを把握しておくのは重要な...

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

5,240万人:2016年にイタリアを訪れた外国人観光客の数

イタリアを訪れた外国人観光客の数(2013年~2016年まで):UNWTOより数値をグラフ化

イタリアを訪れた外国人観光客の数(2013年~2016年まで):UNWTOより数値をグラフ化

  上記のグラフは、イタリアを訪れた外国人観光客数を年度別に表したものです。

2016年にイタリアを訪れた外国人観光客の数は、約5,240万人でした。

ここ数年、イタリアに訪れる旅行客は増え続けており、以前の記事でもご紹介したように、今年に入ってもイタリアのインバウンド市場は好調です。イタリアには2017年の1月~6月、前年比+12% の外国人旅行客が訪れました。

今年1月からわずか3ヶ月で2,100万人増加…2017年1〜4月の全世界海外旅行者客数はなんと3.7億人

2020年の4,000万人の訪日外国人誘致を目指し、日本国内ではインバウンド観光市場に注目が集まっています。「外国人旅行客を日本に呼び込む」という観点から、日本国内の企業・自治体はさまざまなインバウンド誘致策に取り組んでいますが、そもそも世界規模での海外旅行市場は、どのようになっているのでしょうか?UNWTO(国連世界観光機関)は、2017年7月14日、2017年1月から4月までの世界における海外旅行市場に関してまとめたレポートを発表 しています。今回は、その模様をお届けします。目次『3億...

ところで世界の観光市場はどうなってるの?→2017年上半期 前年比+6%で約6億人が海外旅行へ

2020年の4,000万人の訪日外国人誘致を目指し、日本国内ではインバウンド観光市場に注目が集まっています。「外国人旅行客を日本に呼び込む」という観点から、日本国内の企業・自治体はさまざまなインバウンド誘致策に取り組んでいますが、世界規模での海外旅行市場は、どのようになっているのでしょうか?UNWTO(国連世界観光機関)は、2017年9月7日、2017年前半期(1月から6月まで)の世界における海外旅行市場に関してまとめたレポートを発表しています。今回は、その模様をお届けします。インバウンド...

7,745万人:2027年にイタリアを訪れると予想される外国人観光客の数

World Travel & Tourism Councilの資料によると、2027年には、1年間で 7,745万人 の外国人観光客がイタリアを訪れるようになるとのこと。

26%:イタリアを訪れた外国人観光客のうち、ドイツ出身の外国人観光客が占める割合

2015年にイタリアを訪れた外国人観光客:国籍別内訳:UNWTO:Tourism Highlights, 2015 Edition より数値を抜粋してグラフ化

2015年にイタリアを訪れた外国人観光客:国籍別内訳:UNWTO:Tourism Highlights, 2015 Edition より数値を抜粋してグラフ化

上記のグラフは、2015年にイタリアを訪れた外国人観光客の国籍別割合に表したものです。

2015年にイタリアを訪れた外国人観光客のうち、最も多かったのはドイツ人で全体の26%を占めています。 同じくヨーロッパにある観光大国スペインでは、上位10か国はイタリアを除いて、すべてヨーロッパでした。しかし、イタリアのインバウンド市場においては、日本やブラジル・中国やオーストラリアなど、ヨーロッパのみに偏らず、さまざまな地域から外国人旅行客に誘致に成功しています。

4兆9,000億円:イタリアにおける2016年のインバウンド消費額

イタリア国内におけるインバウンド消費額(2011年~2016年まで):World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017 ITALYより Visitor Exportsの数値をグラフ化して円換算(1ユーロ=132円)

イタリア国内におけるインバウンド消費額(2011年~2016年まで):World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017 ITALYより Visitor Exportsの数値をグラフ化して円換算(1ユーロ=132円)

World Travel & Tourism Councilの資料によると、イタリア国内で、外国人観光客が使ったお金をすべて合わせると、4兆9,000億円になります。(1ユーロ=132円)

6兆3,096億円:2027年におけるイタリア国内のインバウンド消費額の予測

また、10年後の2027年におけるイタリア国内のインバウンド消費は、6兆3,096億円まで伸びるとされています。(1ユーロ=132円)これは現在の約1.5倍の規模です。

4.6%:2016年のイタリアのGDPのうち観光産業による収益が占める割合

World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017:ITALY: DIRECT CONTRIBUTION OF TRAVEL & TOURISM TO GDPより数値を抜粋してグラフ化

World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017:ITALY: DIRECT CONTRIBUTION OF TRAVEL & TOURISM TO GDPより数値を抜粋してグラフ化

2016年にイタリア国内の観光業によって産み出されたお金は、同年のイタリアのGDP(国内総生産)の4.6%にあたります。

上記のグラフは、イタリアのGDPのうち観光産業による収益が占める割合を2011年~2016年までグラフ化したものです。2011年からの6年間、 GDPのうち観光産業が占める割合は、年々高くなっています。

1,246,000件:イタリアで観光業によって生み出された雇用数

イタリア国内で観光業によって生み出された雇用の数(2011年~2016年まで):World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017:ITALY: DIRECT CONTRIBUTION OF TRAVEL & TOURISM TO EMPLOYMENTより

イタリア国内で観光業によって生み出された雇用の数(2011年~2016年まで):World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017:ITALY: DIRECT CONTRIBUTION OF TRAVEL & TOURISM TO EMPLOYMENTより

上記のグラフは、イタリア国内で観光業によって生み出された雇用の数を2011年~2016年まで表したものです。2016年にイタリア国内で観光業によって産み出された雇用数は、1,246,000件にのぼります。

インバウンド観光市場が順調なイタリアでは、海外旅行者の増加とともに、先数年にかけてさらに多くの雇用が生まれるとのこと。

5.5%:イタリアの雇用数のうち、観光業に直接かかわるものの割合

イタリア国内の雇用数のうち観光業に直接関わるものの割合(2011年~2016年まで):World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017:ITALY: DIRECT CONTRIBUTION OF TRAVEL & TOURISM TO EMPLOYMENTより

イタリア国内の雇用数のうち観光業に直接関わるものの割合(2011年~2016年まで):World Travel & Tourism Council:TRAVEL & TOURISM ECONOMIC IMPACT 2017:ITALY: DIRECT CONTRIBUTION OF TRAVEL & TOURISM TO EMPLOYMENTより

上記のグラフは、イタリア国内の雇用数のうち観光業に直接関わるものの割合を2011年~2016年まで表したものです。2016年、イタリア人のうち、5.5%の人が観光業にかかわる仕事をしていました。

1,595,000:2027年に観光産業によって生み出される雇用数

また、World Travel & Tourism Councilが発表したデータによると、10年後の2027年には、約1,595,000人 のイタリア人が観光産業にかかわる仕事をするようになるとのこと。

イタリアの人口は6,060万人なので、単純計算で 50人に1人が観光産業にかかわる仕事をする ようになります。

まとめ

今回は、World Travel & Tourism Councilや各種資料をもとに世界屈指の観光立国イタリアにおけるインバウンド市場において知っておくべき数値をご紹介してきました。

2016年にイタリアを訪れた外国人観光客の数は、7,745万人 でした。イタリアを訪れる外国人観光客は、増加傾向にはあり、今年の前半期においても前年比+12%となっています。

しかし、近隣の国に限らず、アジアやヨーロッパなど さまざまな地域からインバウンド誘致に成功している 点や、4兆9,000億円を誇るインバウンド消費額** からも把握できるように、イタリアにとってインバウンド市場はこれからも安定した収益が見込めるマーケットであるといえるでしょう。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

「調査・リサーチ」の資料をDLして詳しく見てみる

「インバウンドデータ」の資料をDLして詳しく見てみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!