マレーシア市場へ現地の肌感覚でのアプローチが可能 JMKコンサルティングの「BRIDGE STORYZ」とは?

マレーシア市場へ現地の肌感覚でのアプローチが可能 JMKコンサルティングの「BRIDGE STORYZ」とは?

マレーシアという市場に向けて自社製品をPRする時に、どのような企業をパートナーとして選ぶのが正解なのでしょうか?マレーシアは東南アジアにある国ですが、近年日本を訪れる訪日マレーシア人は増加しています。2018年1月〜7月259,300人のマレーシア人が日本を訪れており、その伸び率は10%となっています。

これらのインバウンドにおけるマレーシア市場を狙うにあたって、どのように対応したら良いのかわからない、どうやって誘致したらいいのかわからないといった悩みを抱える企業、地方自治体、宿泊施設、飲食店などに向けてインフルエンサーマーケティングを展開しているJMKコンサルティングの「BRIDGE STORYZ」をご紹介します。

JMKコンサルティングのインバウンドソリューションを資料で詳しくみてみる

インフルエンサー(東南アジア向け)「BRIDGE STORYZ」を資料で詳しくみてみる

訪日マレーシア人向けインバウンドコンサル「BRIDGE STORYZ」を資料で詳しくみてみる

マレーシア市場へのアプローチの難しさ

マレーシアに向けたPRを行う際に難しいのが、マレー系、中華系、インド系という異なるバックグランドを持つ人々が暮らす他民族国家であるため、どのような形でPRを展開するのかの判断が、現地を知らないとしにくいという問題です。

ムスリムのマレー系の人々にとって禁忌である豚肉も、中華系の人々にとっては禁忌ではありませんし、当然インド系の人々と中華系の人々では食文化や風習も異なります。こうした事情をしらないでPRを行っても効果が出ないばかりか、最悪の場合悪印象を与えてしまう可能性もあるのです。

BRIDGE STORYZの強み

BRIDGE STORYZの運営元であるJMK Consultingは2013年にマレーシアにて設立されました。そして現地の肌感覚を理解しているという意味で最大の強みとなるのが、代表の今西氏が日本人の父と中華系マレーシア人の母を持ち、日本、マレーシア両国で生活したことがあるハーフであるということ。

そのため、日本とマレーシア両国の文化、風習を把握し、両側の視点で物事を見ることが可能で、東南アジアでは特に効果的なPR方法であるインフルエンサーを活用し、日本のサービス・商品・施設などのPRを行っています。

総フォロワー数4,500万人以上の東南アジアのインフルエンサーによる拡散力

BRIDGE STORYZでは、数千人のフォロワーを持つマイクロインフルエンサーから百万人近いフォロワーを持つメガインフルエンサーまで、総フォロワー数はなんと4500万人以上

2016年のマレーシア統計局発表のデータによるとマレーシアの人口は約3,200万人。2018年1月時点でのマレーシアのインターネット利用率は人口の79%の約2,500人とされていますので、インフルエンサーのフォロワーがある程度重複していることを考えても、マレーシア市場での圧倒的な拡散力が伺えます。

マレーシアが拠点だからこその強み

マレーシアと日本で育た代表の今西氏自身が、キーとなる複数のインフルエンサーと定期的に交流。インフルエンサー業界や各分野での現状などの情報のアップデートを行っています。

こうしたネットワーキングによってさらに有力なインフルエンサーと繋がりを持つことが可能となり、どのようなインフルエンサーがどのような企業、地方自治体、宿泊施設、飲食店などに最適なのか、しっかりと現状を踏まえて把握した上での綿密なコンサルティングが可能となります。

クライアントによって適切なインフルエンサーを提案し綿密なコンサルティングが可能

クライアントによって適切なインフルエンサーを提案し綿密なコンサルティングが可能

豊富なサービス内容からマレーシア市場へアプローチが可能

インフルエンサーを日本に旅行させることによる体験動画、写真によるPR、商品を実際に使用してもらうことによる商品PR、試食会、美容関連のイベントなどイベント目的に沿ったインフルエンサーのキャスティングによるイベントPR、インフルエンサーの意見などによるコラボ商品、インフルエンサーを活用した市場調査など、マレーシア市場を肌で理解しているからこその様々なメニューがあります。

これから伸びる市場に向けて、現地感覚のある企業を利用したアプローチが効果的

市場規模、訪日外客数を考えても、マレーシアという市場はこれから伸びていく市場と言えます。こうした市場に向けて効果的なアプローチを実施したいと考える場合、やはり一番効果が出やすいのは、「現地の人の感覚、現地の流行り廃りを把握している企業」をパートナーとして選択することでしょう。

JMKコンサルティングのインバウンドソリューションを資料で詳しくみてみる

インフルエンサー(東南アジア向け)「BRIDGE STORYZ」を資料で詳しくみてみる

訪日マレーシア人向けインバウンドコンサル「BRIDGE STORYZ」を資料で詳しくみてみる

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス、訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!